衣類乾燥機の処分方法は? 楽に捨てるポイントを詳しくチェック!


「不要になった衣類乾燥機を処分したいけど、どんな方法があるのだろう」とお考えなら、この記事が役に立ちます。故障や買い替えなどで不要になった衣類乾燥機を処分したくても、粗大ゴミとして出せるのか、そのほかの方法で処分すべきかなどよく分かりませんよね。それに、なるべく楽に捨てる方法があれば知りたいことでしょう。

そこで今回は、衣類乾燥機の処分について詳しく解説します。

  1. 衣類乾燥機を粗大ゴミで出せない理由
  2. 衣類乾燥機の処分方法は?
  3. まだ使える衣類乾燥機は買取に出せる
  4. 衣類乾燥機の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、衣類乾燥機を簡単に処分する方法がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.衣類乾燥機を粗大ゴミで出せない理由

最初に、衣類乾燥機を粗大ゴミで出せない理由を見ていきましょう。

1-1.家電リサイクル法の対象品目に指定されている

衣類乾燥機を粗大ゴミで出せない理由は、家電リサイクル法の対象品目に指定されているからです。家電リサイクル法とは、対象品目に含まれる資源を有効活用することなどを目的とした法律になります。家電リサイクル法の対象品目はメーカーが責任を持ってリサイクルすることになっていることから、自治体では処分してもらえないのです。

1-2.衣類乾燥機能付きの家電は粗大ゴミなどに出せる

以下のような衣類乾燥機能付きの家電は、家電リサイクル法の対象品目外となるため、粗大ゴミなどに出すことが可能です。

  • 衣類乾燥機能付き布団乾燥機
  • 衣類乾燥機能付きハンガーかけ
  • 衣類乾燥機能付き換気扇
  • 衣類乾燥機能付き除湿器
  • 衣類乾燥機能付きハンガー

なお、自治体によって粗大ゴミ・不燃ゴミなどゴミの区分が異なるほか、回収ルールもまちまちです。詳しくは、自治体のゴミ回収ルールを参考にしてください。

1-3.事業用衣類乾燥機は産業廃棄物扱いになる

事業用衣類乾燥機は産業廃棄物扱いになり、家電リサイクル法の対象品目外になります。ただし、自治体に粗大ゴミとして出すこともできません。そのため、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に処分を依頼することが必要です。なお、産業廃棄物収集運搬許可を未取得の業者に処分を依頼すると、廃棄物処理法違反と見なされることがあります。悪質と判断された場合、罰金刑が科せられることもあるので注意しましょう。なお、当リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでも事業用衣類乾燥機の処分をお受けしています。お気軽にお申し付けください。

2.衣類乾燥機の処分方法は?

衣類乾燥機の主な処分方法を詳しく見ていきましょう。

2-1.家電リサイクル法に沿って処分する

不要になった衣類乾燥機を家電リサイクル法に沿って処分する場合、販売店に回収を依頼する方法と自分で自治体の指定引取場所に持ち込む方法の2つがあります。

2-1-1.販売店に回収を依頼する

家電リサイクル法に沿って衣類乾燥機を処分する方法の一つに、料金販売店回収方式があります。料金販売店回収方式とは、販売店に家電リサイクル料金と運搬費用を支払って回収してもらう方法です。具体的な手順は、以下を参考にしてください。

  1. 販売店の店頭で衣類乾燥機の家電リサイクル料金と運搬費用を支払う
  2. 販売店から家電リサイクル券の控えを受け取る
  3. 指定日時に運搬業者がやってきて衣類乾燥機を回収する
  4. 運搬業者が衣類乾燥機をメーカーの再生工場に搬入する

なお、衣類乾燥機の家電リサイクル料金はメーカーによって1台2,530~3,300円です。詳しくは、一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センターの家電リサイクル券システムリサイクル料金一覧表をご覧ください。衣類乾燥機の運搬費用は1台1,500~3,000円程度が一般的です。

2-1-2.自分で自治体の指定引取場所に持ち込む

家電リサイクル法に沿って衣類乾燥機を処分する場合、郵便局で家電リサイクル料金を支払い、自分で自治体の指定引取場所に持ち込むことも可能です。詳しい流れは、以下をご覧ください。

  1. 郵便局で衣類乾燥機の家電リサイクル料金を支払い、家電リサイクル券の控えを受け取る
  2. 自治体の指定引取場所に自分で衣類乾燥機を持ち込む
  3. 指定引取場所の指示に従い、家電リサイクル券の控えを添えて衣類乾燥機を引き渡す

なお、衣類乾燥機は大きさ・重量共にあるものが多いため、軽トラックなどを自分で手配でき、運搬を手伝ってくれる人がいる場合におすすめです。また、自治体によって衣類乾燥機を持ち込める指定引取場所が限定されていたり、事前予約が必要になったりすることもあります。

2-2.知人や福祉施設に譲る

知人や福祉施設に譲ることも考えてみましょう。特に、福祉施設では毎日大量の洗濯ものが出るため、衣類乾燥機を喜んで使ってもらえる可能性があります。まずは、心当たりのある知人や福祉施設に聞いてみてください。譲り先が見つかれば、まだ使える衣類乾燥機を有効活用してもらえます。なお、福祉施設に譲る場合は、譲る側が配送手段を手配し、配送費用も自己負担することが一般的です。

2-3.不用品回収業者に処分を依頼する

不要になった衣類乾燥機は、不用品回収業者に処分を依頼することも可能です。不用品回収業者では、回収後の衣類乾燥機を適切な方法で再販・再資源化しており、有効活用しています。また、都合のよい日時と場所で回収してもらえる、そのほかの不用品の買取や引取も同時に依頼できるなど多くのメリットがあるのも特徴です。なお、当リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでも、不要になった衣類乾燥機の処分をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

3.まだ使える衣類乾燥機は買取に出せる

まだ十分に使えてキレイな衣類乾燥機は、買取に出すことも考えてみましょう。

3-1.買取してもらえる衣類乾燥機の条件は?

不要になった衣類乾燥機でも、以下のような条件を満たすものは買取してもらえる可能性があります。

  • 人気メーカー品(パナソニック・日立・東芝・リンナイなど)
  • 年式が新しい
  • 使用感が少ない
  • 不具合や故障がない
  • 目立つ汚れ・傷・破損・ひどい臭いがない
  • 購入時の付属品がそろっている
  • 高性能・高機能品

なお、査定基準は業者によって異なるため、ある業者では高額査定が出ても、ほかの業者では想定以下の金額を提示されることもあります。

3-2.衣類乾燥機を買取に出す方法

衣類乾燥機を買取に出す方法にはどんなものがあるか詳しく解説します。

3-2-1.中古家電買取専門業者に売る

中古家電買取専門業者では、不要になった衣類乾燥機を買取しています。買取を希望するときは、業者の査定を受けましょう。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼してください。主なメリットは、衣類乾燥機の専門知識が豊富で取り扱いメーカーや機種が幅広い、状態のよいものは高額査定を出しやすいことなどです。都合のよい日時と場所で回収してもらえるケースが多いのもよい点でしょう。ただし、買取専門なので、買取不可の場合は引取処分も依頼できないことなどがデメリットといえます。

3-2-2.リサイクルショップに売る

リサイクルショップでも、不要になった衣類乾燥機を買取しています。買取を希望するときは、リサイクルショップの店頭に持ち込むなどの方法で査定を受けましょう。提示金額に納得できる場合は、そのまま衣類乾燥機を引き渡して代金を受け取ってください。なお、リサイクルショップは店頭持ち込みだけに対応しているところも多く、自分の車などを用意できないと持ち込みが大変です。また、リサイクルショップも買取主体となるため、買取不可の場合は引取処分も依頼できないことが多いでしょう。

3-2-3.不用品回収業者に買取してもらう

不用品回収業者でも、不要になった衣類乾燥機を買取してもらうことができます。買取を希望するときは、業者の査定を受けてみましょう。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼してください。不用品回収業者では、衣類乾燥機以外の不用品も同時に買取してもらえるほか、万が一買取不可になってもそのまま引取処分を依頼できて便利です。ただし、引取処分の場合は1回数千円程度~の回収費用がかかることがあるので事前に確認しておきましょう。

3-2-4.ネットオークションやフリマアプリに出品する

ネットオークションやフリマアプリに出品し、不要になった衣類乾燥機を売ることもできます。タイミングによっては高額落札もあるでしょう。自分が売りたい価格で出品できるのもメリットです。衣類乾燥機は大きさ・重量共にあるため、こん包や配送が大変なことから、直接引取可能なことを落札条件にしておくことをおすすめします。なお、ネットオークションやフリマアプリは個人間取り引きとなるため、クレームや支払い遅延が発生した場合は自分で対応することが基本です。また、出品後はこまめなチェックとやり取りが必要になるほか、落札まで少なくとも数日以上かかるため、急ぎで買取してもらう必要がないときに利用する方法といえるでしょう。

4.衣類乾燥機の処分に関するよくある質問

最後に、衣類乾燥機の処分に関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.衣類乾燥機の寿命は何年?

A.8~10年程度です。寿命が近づいた衣類乾燥機は、以下のような症状が出てきます。

  • 乾燥に時間がかかる
  • 乾き方にムラがある
  • 一部の機能が使えない
  • 突然停止することがある
  • 使用中に異音や異臭がする
  • 操作を何も受け付けなくなることがある

Q.衣類乾燥機を買い替えれば処分費用が無料になる?

A.販売店によっては、新規購入費用から衣類乾燥機の処分費用分を値引きするキャンペーンを行うこともあります。そのため、場合によっては衣類乾燥機の処分費用が実質無料となるケースもあるでしょう。ただし、処分費用が無料になるだけで、家電リサイクル法に沿った手続きが必要になるケースも多くあります。

Q.衣類乾燥機を処分する当日まで使用してもよい?

A.おすすめしません。中でも買取に出す場合は、汚れをクリーニングする時間がなくなってしまい、査定金額に響きやすいからです。また、取り外しの手間を考えても、なるべく処分する前日までに使用を終えてください。

Q.無名メーカーの衣類乾燥機は買取対象にならない?

A.業者によります。まずは、業者に査定を依頼してみてください。

Q.衣類乾燥機をできるだけ高く買取してもらうコツは?

A.以下を参考にしてください。

  • 汚れをキレイにクリーニングしておく
  • 購入時の付属品をそろえておく
  • 不要になった時点ですぐ買取に出す
  • 衣類乾燥機の買取を強化している業者に依頼する

まとめ

今回は、衣類乾燥機の処分について詳しく解説しました。衣類乾燥機は家電リサイクル法の対象品目になるため、自治体に粗大ゴミとして出すことができません。不要になった衣類乾燥機は、家電リサイクル法に沿って処分する、知人や福祉施設に譲る、不用品回収業者に依頼するなどの方法で処分できます。また、買い替えで不要になった衣類乾燥機でも、まだ状態のよいものは買取に出すことも検討してみてください。一番おすすめは、不用品回収業者に処分を依頼する方法です。都合のよい日時と場所で回収してもらえる、引取処分と買取を同時に依頼できるなど多くのメリットがあります。