オフィス家具を処分する方法は? 簡単&安く捨てるコツを教えます!


オフィス家具を処分する方法をお探しではありませんか? オフィスの移転や買い替えなどにより不要になったオフィス家具を処分しようとしても、どこにどんな方法で依頼できるか分かりづらいですよね。それに、なるべく簡単で安く処分できるに越したことはないでしょう。

そこで今回は、オフィス家具の処分について詳しく解説します。

  1. オフィス家具は産業廃棄物になる
  2. オフィス家具を処分する方法
  3. オフィス家具を安く処分するポイント
  4. オフィス家具を処分するときの注意点
  5. オフィス家具の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、オフィス家具を簡単に安く処分するコツがよく分かります。オフィス家具の処分を考えている人は、記事を読んでみてください。

1.オフィス家具は産業廃棄物になる

最初に、オフィス家具が産業廃棄物になることについて見ていきましょう。

1-1.オフィス家具が産業廃棄物になる理由

オフィス家具は、産業廃棄物になります。オフィス家具が産業廃棄物として扱われるのは、事業活動に使用したと見なされるからです。また、大量に使用している、内容が多岐にわたるなどの理由から、一般廃棄物とは分けて処分するほうが合理的だという理由もあります。いずれにしても、オフィス家具を一般廃棄物として自治体回収に粗大ゴミとして出すことはできません。

1-2.オフィス家具を一般廃棄物として処分した場合は?

万が一、オフィス家具を一般廃棄物として処分した場合は、廃棄物処理法違反と見なされ、罰金刑が科せられることがあるので注意してください。また、企業としての社会的な信用を失い、経営に悪影響を与えることもあります。オフィス家具を処分するときは、この記事の「4-3.産業廃棄物集運搬許可を取得済みの業者に依頼する」を参考にし、正しい方法で処分しましょう。

2.オフィス家具を処分する方法

オフィス家具を処分する方法について、詳しく見ていきましょう。

2-1.販売店の下取り・回収サービスを利用する

オフィス家具を買い替える場合は、販売店の下取りや回収サービスを利用できる場合があります。まずは、新規購入を検討している業者に連絡し、利用できるか確認してみるとよいでしょう。下取りや回収サービスを利用できれば、買い替えと同時に不要になったオフィス家具を処分できて便利です。なお、下取りおよび回収サービス単体では利用できないことがあります。

2-2.買取に出す

不要になったオフィス家具でも、まだ十分に使えるものは買取に出すことを検討してみましょう。買取してもらうことができれば、まだ使えるオフィス家具を廃棄処分せずに済み、有効活用してもらうことができます。また、買取代金が手に入るのもメリットです。オフィス家具の買取は、以下のようなところに依頼することができます。

  • オフィス家具買取専門業者
  • リサイクルショップ
  • 不用品回収業者

そのほか、ネットオークションやフリマアプリに出品して売ることも可能です。ただし、数量が多い場合は、手続きが面倒なのがデメリットになります。また、タイミングによってはなかなか落札されないこともあるので、急ぎで売りたい場合はそのほかの方法で買取に出したほうがよいでしょう。

2-3.不用品回収業者に処分を依頼する

不要になったオフィス家具は、不用品回収業者に処分を依頼すると何かと便利です。たとえば、以下のようなメリットがあります。

  • 処分にかかる労力や時間を大幅に節約できる
  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 状態のよいものは買取してもらえることがある
  • そのほかの不用品の処分や買取も同時に依頼できる

3.オフィス家具を安く処分するポイント

オフィス家具をできるだけ安く処分するには、どんなポイントを押さえておくとよいのでしょうか。

3-1.なるべくまとめて処分する

オフィス家具は、なるべくまとめて処分することをおすすめします。まとめて処分することで、それぞれ処分するよりお得な料金になることが多いからです。業者によっては、処分する物量によってお得なパック料金を適用できることもあるので、確認してみるとよいでしょう。

3-2.処分費用の安い方法を選ぶ

処分費用の安い方法を選ぶことも、一つの方法です。買い替えを伴う場合は、販売店の下取りや回収サービスが最も安くなることもあるでしょう。また、大量に処分する場合は、不用品回収業者が一番安くなることもあります。オフィス家具を処分する状況に応じ、最も安くなる方法を探してみてください。

3-3.処分費用の安い業者に依頼する

処分費用の安い業者に依頼することで、オフィス家具の処分費用を抑えることが可能です。同じような依頼でも、業者によって費用が随分異なります。一概に安い業者がよいとはいえませんが、なるべくリーズナブルな費用で処分できる業者を選ぶとよいでしょう。たとえば、信頼できると判断した業者2~3社に見積もりを依頼して比較してみるのもよい方法です。

3-4.できるだけ買取してもらう

オフィス家具を安く処分するには、できるだけ買取してもらうことも大切です。オフィス家具の中には、まだ十分に使えるものも多く含まれています。オフィス家具以外にも、業務用家電などを買取してもらうことができれば、オフィス家具の処分費用と相殺して安くすることが可能です。意外なものが買取になることもあるので、まずは、信頼できる業者に相談してみてください。

3-5.業者のキャンペーンを利用する

業者によっては、不定期にキャンペーンを行い、不用品を普段より安く処分できることがあります。たとえば、引っ越しシーズンや企業の決算月などに、特別キャンペーンで普段より10%程度処分費用が安くなるなどです。タイミングが合えばお得にオフィス家具を処分できるので、気になる業者がキャンペーンを行っていないか確認してみるとよいでしょう。

4.オフィス家具を処分するときの注意点

オフィス家具を処分するとき場合、どんな点に注意すべきか具体的に見ていきましょう。

4-1.中身を入れたまま処分しない

オフィス家具を処分するときは、中身を入れたままにしないよう気を付けてください。場合によっては、企業機密や個人情報の流出につながることがあります。特に、事務用机やキャビネットなどは、中身を入れたまま処分してしまいがちなので注意しましょう。引き出しなどはすべて外し、奥に書類などが残っていないかかチェックすることも大切です。

4-2.管理シールなどをはがしておく

管理シールなどをはがしておくことも、忘れずに行いましょう。管理シールなどを貼ったまま処分した場合、思わぬ情報流出につながることがあります。オフィス家具は企業の資産であり、管理しやすいよう。企業ごとのルールに従って管理ステッカーが貼られていることが多いでしょう。後ろ側や裏側など、目立たない場所に貼ってあることがあるので、隅々までチェックしてみてください。

4-3.産業廃棄物集運搬許可を取得済みの業者に依頼する

不要になったオフィス家具は、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に処分を依頼してください。産業廃棄物の処分は、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼することが基本です。オフィス家具の処分を業者に依頼する場合は、業者のホームページなどに産業廃棄物収集運搬許可の許可番号が記載されていることを確認してからにしましょう。なお、当リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターも、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みですので、安心してオフィス家具の処分をご依頼いただけます。ぜひ、ご検討ください。

4-4.なるべく年度末の処分を避ける

オフィス家具を処分するときは、なるべく年度末に処分するのは避けましょう。年度末に急ぎで処分しようとしても、産業廃棄物として処分する場合は、数日以上手続きにかかることがあります。すると、年度末に企業の資産としてカウントすべきか、業者に所有権が移ったと判断すべきか分かりにくいことがあるので注意してください。不要になったオフィス家具を年度末に資産として計上したくない場合は、早めに処分してしまいましょう。

5.オフィス家具の処分に関するよくある質問

最後に、オフィス家具の処分に関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.オフィス家具は何年ごとに入れ替えるべきか?

A.特に決まりはありません。経年などの理由により傷みが目立ってきたり、不具合が見られたりするようになったら、早めに入れ替えを検討してください。

Q.オフィス家具の処分を日曜日に依頼することはできる?

A.業者の営業日・営業時間内であれば、日曜日に依頼することも可能です。また、日曜日が業者の休日である場合も、オプション料金の上乗せにより依頼できることもあるので確認してみてください。

Q.ローンの支払いが残っているオフィス家具も買取してもらえる?

A.買取してもらうことは可能です。ただし、買取してもらった後も、ローンの支払い義務は引き続き残るので注意してください。

Q.オフィス家具を高く売るためのコツは?

A.以下を参考にしてください。

  • 汚れをキレイにクリーニングしておく
  • 購入時の付属品をそろえておく
  • なるべくまとめて買取に出す
  • 不要になった時点ですぐ買取に出す
  • オフィス家具の買取を強化している業者に売る

Q.オフィス家具の処分はどんな業者に依頼すべきか?

A.以下のようなポイントに当てはまる業者なら安心して依頼できるでしょう。

  • オフィス家具の処分実績が豊富にある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 可能なものは買取もしている
  • 回収後の不用品を適切な方法で再販・再資源化している
  • 顧客からの評判がよい
  • スタッフの対応が親切で感じがよい
  • 古物商許可や産業廃棄物収集運搬許可を取得済み

なお、当リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでも、不要になったオフィス家具の処分を多数お受けしており、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にご相談ください。

まとめ

今回は、オフィス家具の処分について詳しく解説しました。オフィス家具は産業廃棄物扱いになるため、自治体回収に粗大ゴミとして出すことができません。不要になったオフィス家具を処分するには、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼してください。なお、まだ十分に使うことができるものは、買取してもらえる場合があります。たとえば、不用品回収業者では、オフィス家具の処分と買取の両方を依頼できるだけでなく、都合のよい日時と場所で回収してもらえるなど、多くのメリットがありおすすめです。この記事を参考にして、信頼できる業者によく相談してみてください。