オイルヒーターの処分は意外に簡単?処分方法を徹底解説


オイルヒーターは部屋全体をじんわり暖めることができ、火を使わない安全な暖房器具として普及しています。しかし、故障したり、古くなったりしたときの処分方法が分からなくて、そのままになっている家庭もあることでしょう。

ここでは、具体的な処分方法を紹介しています。

  1. オイルヒーターの処分方法7種
  2. オイルヒーターの仕組み
  3. オイルヒーターの手入れ方法
  4. オイルヒーターの寿命
  5. オイルヒーターの故障
  6. オイルヒーターの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、オイルヒーターの主な処分方法や手入れのポイントなども分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.オイルヒーターの処分方法7種

オイルヒーターを処分するときは、いくつか方法があります。それぞれの方法についてご紹介していきましょう。

1-1.自治体の粗大ごみで処分

自治体によっては、オイルヒーターは粗大ごみとして引き取ってくれる場合があります。お住まいの自治体ホームページなどで確認してみてください。粗大ごみの出し方は自治体によって違います。最も多い例を紹介しましょう。

  • 粗大ごみ受付に連絡をする。その方法は直接役所に行く・電話をかける・インターネットで申し込むなど
  • 粗大ごみシールを購入する。購入先は、指定店舗・コンビニエンスストア・郵便局など
  • 粗大ごみシールをオイルヒーターに貼り付ける
  • 指定日に所定の場所にオイルヒーターを出しておく

処分に必要な料金は300~1,000円程度で、粗大ごみシール購入代金になります。引取処分は申し込み後1~3週間程度かかることがあるので、引っ越しのタイミングでオイルヒーターを処分する場合は、早めの申し込みが必要でしょう。

1-2.メーカーの回収システム

不要になったオイルヒーターを回収しているメーカーがあります。回収システムがあるかどうかは直接メーカーに問い合わせしてください。ちなみに、デロンギは再資源化システムがあります。不要になったデロンギのオイルヒーターやエスプレッソマシンなどは、自分で梱包してサービスセンターに送ることで、処分が可能です。再資源化そのものは無料ですが、梱包や送料は自己負担ですので注意してください。

1-3.不用品業者に回収してもらう

自治体の粗大ごみは回収日が決められていますし、メーカー回収では梱包や送料が自己負担となり、回収をしていないメーカーもあります。そこで、おすすめしたいのが不用品回収業者です。不用品回収業者の場合は、料金はかかってしまいますが、自宅まで回収に来てくれます。梱包の必要もない場合がほとんどで手間をかけずに処分することができるでしょう。また、不用品回収業者に依頼する際にはいくつか注意があるので、下記を参考にしてください。

1-3-1.優良な不用品回収業者を探す

不用品回収業者に依頼した際は、トラブルに巻き込まれないことが大切です。これまでどのようなトラブルがあったのかを紹介します。

  • 無料と書いてあったのに

オイルヒーター回収無料と表記のある業者に依頼をしたけれど、後で高額請求があったケース。

  • 処分されずに捨てられていた

自宅に現れた不用品回収業者に依頼したけれど、道端に不法投棄されていた。不法投棄は持ち主の責任なので、結果的に再び自宅に持ち帰る羽目になったケース。

このようなトラブルに遭わないために、いくつか確認をすることが必要です。

1-3-2.会社の評判や経歴を確認する

不用品回収業者を見つけたとき、ホームページや口コミなどを確認してみましょう。長年経営している、良い口コミがあり信頼ができるかを自分の目で確かめてください。

  • 安い料金には注意しましょう

悪徳業者は、安い見積もりで宣伝しています。客寄せのために、ホームページや問い合わせでは、料金がとても安いことを強調しているのです。しかし、実際回収後に追加料金を請求してくることがあります。依頼の前に、追加料金などがないかをしっかりと確認が必要でしょう。

  • 信用できる一括査定サイトの利用

自宅の近くに不用品回収業者がいない、どうやって探せばよいか分からない方は、不用品回収業者の一括見積・比較サイトを利用するといいでしょう。ここでは、無料査定をしてくれますし、他社との比較もできます。また、オイルヒーターだけではなく、他の不用品回収も可能な場合が多いので、家中の不用品の片付けをしたいときにはとても便利です。

1-4.下取り・下取り

下取りは新しいオイルヒーターを購入する際に利用できます。古いオイルヒーターを引き取ってもらえますし、たいてい料金はかかりません。ただ、今回は新規購入の計画がないという場合、販売店に引き取りだけをしてもらえるかも聞いてみると良いでしょう。その際には料金がかかる可能性もありますが、回収してくれる場合があります。

1-5.ネットオークションやフリーマーケットサイトで売却

処分したいオイルヒーターが比較的新しい・人気メーカーのもの・状態が良いものであれば、ネットオークションやフリーマーケットサイトで売れる可能性があります。梱包や配送の手間がかかりますが、処分してもらうだけの不用品回収と大きく違う点でしょう。必ず売れると保証はありませんが、他のネットオークションの商品を確認して、オイルヒーターの需要がある、似たような商品が売却されているのなら、この方法を選ぶのもアリです。高価なオイルヒーターほど売れる可能性が高いでしょう。

1-6.買取専門業者に依頼する

オイルヒーターなどを中心に買取を行っている業者が存在しています。不用品回収業者との違いは、オイルヒーターそのものをリユース品として扱ってくれる点です。どんなオイルヒーターが買い取ってもらえるかを見てみましょう。

  • デロンギなど人気オイルヒーターは高い需要がある
  • 比較的新しい製品
  • 故障などがなく、きれいな状態

オイルヒーターといえばデロンギが有名ですが、ベルソスやユーレックスも人気があり、買い取ってもらえる可能性が高めです。また、5年以上経っているかどうかがオイルヒーターの買取基準となるため、古いモデルは査定が難しくなるでしょう。

1-7.ネット掲示板を利用する

ネット掲示板などでは、無料で不用品を譲ることができます。直接のやり取りですし、無料取引になりますので、トラブルは少ないでしょう。対象は地元であり、配送の手間などは交渉しだいになりますが、欲しい人に譲渡できる処分方法になります。ネット掲示板を利用する際には、少しでも印象を良くするため、きれいにすることは当然です。もし故障している場合は、たとえ無料であっても譲渡に出さないほうがいいでしょう。譲渡先とトラブルになってしまう可能性があるからです。まだ使ってそれほど期間が経っていない・壊れていないのであれば、処分方法として選択肢の中に入れるといいでしょう。

2.オイルヒーターの仕組み

オイルヒーターの仕組みは、電熱器を利用して、管を通る難燃性オイルをあたためてフィン(放熱板)で熱を発する構造です。冷たい空気の部屋で放熱板があたためられると、温度差によって空気の対流が生まれます。その過程で、冷たい空気がじんわり暖まるというわけです。放熱板から輻射熱が生まれることも心地良いあたたかさを感じられる理由の1つといえるでしょう。

3.オイルヒーターの手入れ方法

オイルヒーターの手入れはとても簡単です。電化製品ですから、水に弱いので、水をかけてジャブジャブ洗うことはできません。基本的には、ホコリを取ることが重要です。定期的に掃除機を使ったり、固く絞った雑巾で拭いたりする掃除が最適でしょう。清潔な状態を保つことで長持ちします。

4.オイルヒーターの寿命

オイルヒーターの平均寿命は、約10年といわれています。ただ、あくまで目安であり、ほとんどのオイルヒーターには具体的な年数の表記がありません。デロンギの公式サイトには「使用環境や頻度等によって異なるため、耐用年数は定められていません」と記載されているほどです。そのため、環境や頻度によっては10年以上使い続けられることもあります。ただし、故障したり不具合が起きたりすることもあるので、どのような故障が発生するのか次の項目でチェックしておきましょう。

5.オイルヒーターの故障

オイルヒーターの故障の原因を見てみましょう。

  • 電源コードの断線

電化製品なので、電源コードにトラブルがあると、電気が流れないという根本的な原因が考えられます。主な現象は電源を付けてもすぐ切れる・オイルヒーターの向きを変えただけで電源が切れることがあれば、電源コードの断線が原因でしょう。コンセント付近のホコリが多いことによる、電源コードトラブルも考えられます。この場合は、故障とはいえません。

  • 基盤の故障

異音がする・異臭がする場合は、基盤の故障が関係しているといえるでしょう。電気は確かに入っているけれど、十分にあたたまらないときは、故障だけではなく、寿命の可能性もあります。また、オイルが漏れて故障の原因になっている場合もあるでしょう。いずれも素人では修理が不可能なので、販売店やメーカーに問い合わせをしてください。または、買い換えを検討したほうがいいでしょう。

6.オイルヒーターの処分に関してよくある質問

オイルヒーターの処分に関してよくある質問を5つピックアップしました。

Q.自治体で処分しようとしたとき、オイルを抜いてほしいと言われたがどうすればいいのか?

A.オイルの抜き方に高度な技術は必要ありませんが、いくつか注意点があります。大まかな手順は下記を参考にしてください。

  1. コンセントを最低1日以上は抜いて放置し放電させる
  2. 外側にあるキャスターやカバーを固定しているビスを外す。簡単に外せないときには、ペンチを使う
  3. 内部の電装部品を外す
  4. 蓋の部分にドリルで穴を開けて、オイルを出す。完全に抜け切ってしまうまで丸1日かかるので要注意

上記の方法でもオイルを抜くことができない場合もあります。処分に関して分からなかったり、オイルが抜けなかったりした場合は自治体に相談してみましょう。

Q.小型家電リサイクル法には該当するのか?

A.小型家電リサイクル法は2013年から実施し、電化製品から貴重な貴金属を回収するために制定された法律です。現在、対象になるのは、デジタルカメラ・ゲーム機・パソコンなどで、オイルヒーターは資源価値が高い貴金属を使っていないので対象外になっています。ただし、例外として、オイルヒーターの電気コードは小型家電リサイクル法の対象になる場合があるでしょう。各自治体によって取り扱いが違うので、事前に問い合わせをしてください。

Q.回収をしてくれるメーカーはどこですか?

A.現在、自社で不要なオイルヒーターを回収してくれるメーカーは3社あります。

  • デロンギ

再資源化システムを実施していて、オイルヒーターを始め、自社製品の回収を推進しています。事前申し込みは不要で、オイルヒーターを梱包し、サービスセンターに郵送しますが、箱に「再資源化」と明記してください。送料の負担だけで大丈夫です。

  • フィリップス

リコールセンターでオイルヒーターの回収を受け付けています。実際の内容は、電話で指示されるのでメモしておきましょう。

  • ユーレックス

サービスセンターに問い合わせしてください。そこで、具体的な回収方法を指示されます。処分には費用が必要です。

Q.オイルヒーターを買い取ってもらえるためのコツはありますか?

A.オイルヒーターの人気メーカーは「デロンギ」、「ユーレックス」、「アイリスオーヤマ」、「山善」です。査定に出す前に、メーカーを確認しておきましょう。また、新しくきれいな製品ほど高く買い取ってもらえます。反対に、以下の項目に当てはまるオイルヒーターは買取が難しくなるケースがあるので要注意です。

  • 製造から5年以上経過している
  • 故障している

このような状態では人気メーカーだとしても買い取ってもらえない可能性が高いでしょう。また、人気がないメーカーでも新品同様であれば、買い取ってもらえる可能性が高いです。付属品や説明書・箱などがそろっていることも買取では大きなポイントになります。

Q.古いオイルヒーターを使うデメリットは?

A.故障の可能性が高くなることです。また、古いオイルヒーターほど電気の消費量が多くなり、電気代がかかってしまうデメリットもあります。使いづらくなったり、新しい機能が欲しくなったりした際にも買い換えを検討したほうがいいでしょう。

まとめ

オイルヒーターの処分方法を紹介してきましたがいかがでしたか? 自治体回収・不用品回収業者・買取などさまざまな方法があります。それぞれの処分方法にはメリット・デメリットがあるので、しっかりと把握し最適な方法を選んでください。また、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは不用品の回収と買取を行っています。オイルヒーターの処分でお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。