汚部屋で火事が起こりやすい理由は? よくある被害と予防方法を解説!


最近、汚部屋での火事が大きな問題になっています。汚部屋は、足を踏み入れる場所がないほどゴミや不用品であふれている状態です。単に歩くのも困難なだけでなく、さまざまな理由により、火事になりやすいといえます。汚部屋の火事を防ぐには、どんな理由で火事になりやすいか、どんな被害が起こるかを知り、予防することが必要不可欠です。

そこで今回は、汚部屋の火事について詳しく解説します。

  1. 汚部屋が火事になりやすい理由
  2. 汚部屋の火事によって起こる被害
  3. 汚部屋の火事を防ぐ方法は?
  4. 汚部屋の火事に関するよくある質問

この記事を読むことで、汚部屋が家事になる被害や予防法などがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.汚部屋が火事になりやすい理由

最初に、汚部屋が火事になりやすい理由について見ていきましょう。

1-1.タバコやコンロの火が引火しやすい

汚部屋が火事になりやすい理由の一つに、タバコやコンロの火が引火しやすいことが挙げられます。汚部屋にしてしまう人は、キッチンも食器や調理器具・食材で埋め尽くされていることが多いからです。すると、コンロを使ったとき、何らかの拍子に近くのものへ引火してしまうことがあります。また、タバコの吸い殻をきちんと消していないと、散らかったものに引火することもあるでしょう。

1-2.ものが多くて延焼しやすい

ものが多くて延焼しやすいことも、汚部屋が火事になりやすい理由といえます。出火しても、周囲にものがなければ、延焼しづらくすぐに消火することが可能です。しかし、周囲にものがあふれていると、すぐに延焼して手が付けられない状態になります。いったん延焼してしまえば、消火活動が追い付かず、すべてのものを燃やしてしまうこともあるでしょう。

1-3.消火活動が遅れやすい

汚部屋は、消火活動が遅れやすいのも大きな問題です。多くのものがある部屋は、移動するだけでも困難であり、出火元を特定できてもなかなかたどり着くことができないことがあります。そのため、消火活動が遅れてしまい、燃え広がってしまうことが多いのです。本来なら、すぐに消火できる程度のものでも大きな被害につながりやすいのは、深刻な問題といえます。

1-4.トラッキング現象が起こりやすい

トラッキング現象が起こりやすいのも、汚部屋で火事になる原因といえます。トラッキング現象とは、コンセントとプラグのすき間にたまったホコリにより、発火する現象のことです。特に、タコ足配線をしていたりホコリが多い部屋だったりする場合に多発します。トラッキング現象は、いつ起こるか予測しづらいものです。たとえば、留守中や就寝中に起きたトラッキング現象により火事につながることもあります。

1-5.放火のターゲットになりやすい

汚部屋は、放火のターゲットになりやすいものです。特に、屋外にまでものがあふれているような場合は、不審者に目を付けられやすいので注意してください。また、不審者でなくても、通行人がタバコをポイ捨てし、火事になるケースもあります。いずれにしても、汚部屋であることは、思わぬ火事をもたらしてしまうことが多いのです。

2.汚部屋の火事によって起こる被害

汚部屋が家事になるとどんな被害が発生するか、具体的に見ていきましょう。

2-1.家財や住居を失う

汚部屋が家事になると、家財や住居を失うことがあります。汚部屋で火事が起きると、延焼しやすいなどの理由により、ほぼ全焼してしまうこともあるでしょう。全焼を避けることができても、家財の多くを失うことに違いはありません。また、火事になった家はそのまま住み続けるのが困難なため、住居を失う可能性もあります。

2-2.近所に延焼する

汚部屋が火事になると、近所に延焼して被害が拡大することがあります。特に、マンションなどの集合住宅や住宅密集地の住宅では、火事が起こると一気に延焼しやすいので注意が必要です。近所に延焼すれば、消火活動がな困難を極め、被害が拡大し続けることもあるでしょう。汚部屋の火事には、十分に注意する必要があります。

2-3.賠償責任が発生する

汚部屋が家事になった場合、賠償責任が発生することがあります。たとえば、賃貸物件に住んでいる場合や近所に延焼してしまった場合などです。火災保険に加入していれば、ある程度カバーすることができます。しかし、火事がひどかった場合などは、火災保険でカバーできる金額を超えてしまうこともあるでしょう。また、火災保険に加入していない場合は、全額自己負担での賠償となるため多額の負債が発生してしまいます。

2-4.信用を失う

汚部屋で火事が起これば、信用を失うことになります。賃貸物件を汚部屋にし、さらに火事を起こしたとなれば、次の物件を借りづらくなる可能性もあるでしょう。特に、不動産会社を仲介して契約している場合は、同じ不動産会社からの評価が悪くなり、物件を紹介してもらえなくなることがあります。また、近所にも、だらしない人、信用できない人といった印象を与えるため、ボヤ程度で収まった場合でも引き続き住みづらくなるでしょう。

3.汚部屋の火事を防ぐ方法は?

汚部屋の火事を防ぐにはどんな方法があるか、詳しく見ていきましょう。

3-1.汚部屋を片付ける

まずは、汚部屋を片付けるのが一番です。汚部屋を片付けることで、火事の原因を排除できます。しかし、大量のものを処分するのは、とても大変な作業です。そもそも、汚部屋にしてしまう人が、自分だけの力で片付けることはほぼ不可能といえるでしょう。そのため、汚部屋の片付けは、専門の業者に依頼することがおすすめです。なお、当リサイクルショップ埼玉出張買取センターでも、汚部屋の片付けをお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

3-2.住人に声をかけて片付けを促す

近所の家が汚部屋になっている場合は、住人に声をかけて片付けを促すようにしましょう。汚部屋に住んでいる人の中には、汚部屋にしている自覚がないケースもあります。近所の人に指摘されれば、片付けようと動いてくれる可能性もあるでしょう。なお、汚部屋の住人が高齢・病気などの理由で片付けができない場合などは、可能な範囲で手伝ってあげることも必要です。

3-3.自治体に指導を入れてもらう

近所の人から片付けを促してもなかなか腰を上げてくれない、片付けの提案や協力をたびたび拒否されるといった場合は、自治体に指導を入れてもらうのもよい方法です。まずは、自治体の担当窓口に連絡し、事情を説明して汚部屋の住人に指導してもらいましょう。行政が動けば、さすがに片付ける人が多いものです。なお、その後も汚部屋が改善されない場合は、自治体が強制的にゴミや不用品を片付けることもあります。

4.汚部屋の火事に関するよくある質問

最後に、汚部屋の火事に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.消火器を置いてあれば汚部屋の火事を初期消火できるのでは?

A.汚部屋では、消火器が大量のものに埋まってしまい、いざというときに使えないことがよくあります。そのため、消火器を置いてあっても、初期消火できないこともあるでしょう。

Q.マンションの借り主が汚部屋にしてしまった場合は退去してもらえる?

A.単に汚部屋にしただけでは、難しいでしょう。しかし、汚部屋にすることで近所から臭いや害虫の繁殖などでクレームが出た場合などは、退去を促すことは十分に可能です。

Q.汚部屋になりやすい人の特徴は?

A.以下のような特徴が当てはまる人は、汚部屋になりやすいでしょう。

  • 掃除や片付けが苦手
  • ものを捨てるのに罪悪感が強い
  • 買いものが好き
  • 無料サンプルやお得感に弱い
  • 大きなストレスがある
  • 仕事などで片付ける時間がない
  • 片付いていない部屋にいても平気
  • 体力がなくて疲れやすい
  • やる気が続かない
  • 体に不自由があってゴミや不用品を処分するのが大変
  • 高齢者
  • 一人暮らし
  • 部屋を訪れる親族や知人がいない

Q.汚部屋の片付けはどんな業者に依頼すべきか?

A.以下のポイントを満たした業者に依頼すると、安心です。

  • 汚部屋の片付け実績が豊富にある
  • 丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評がある
  • 回収後の不用品を適切な方法で再資源化・再販している
  • 現場視察と見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 可能なものは買取もしている
  • 希望の日時と場所で作業してもらえる
  • スタッフが親切で顧客からの評判もよい
  • 万が一の場合に備えて損害賠償保険に加入している
  • 業務に必要な資格を取得済み

なお、当リサイクルショップ埼玉出張買取センターでも汚部屋の片付け実績が豊富にあり、大変ご好評をいただいています。まずは、お気軽にご相談ください。

Q.汚部屋の片付けを業者に依頼した場合、クレジットカード払いが利用できる?

A.業者によります。業者のホームページを確認するか、直接問い合わせてみるとよいでしょう。

まとめ

今回は、汚部屋の火事について詳しく解説しました。汚部屋はさまざまな原因で火事になりやすいため、注意が必要です。汚部屋が家事になると、場合によっては賠償責任が発生するほか、近隣に延焼してしまったり信用を失ってしまったりなど、よいことは何もありません。まずは、汚部屋を脱出することが大切です。なお、汚部屋の片付けは、時間と労力が相当かかるため、プロの業者に依頼することをおすすめします。この記事を参考にして汚部屋の片付けで評判のよい業者を選び、一刻も早く相談してみてください。