部屋のごちゃごちゃを何とかしたい! 片付けの方法とコツを知ろう!

部屋の片付け不用品の回収

「部屋がすぐにごちゃごちゃになるのを何とかしたい!」「上手に整理整頓できるようになりたい」など、部屋の悩みはつきないものです。整理をしてもすぐにごちゃごちゃになる方は、正しい収納方法を実践していない可能性があります。スッキリさせるポイントを把握しておけば、誰でも部屋をキレイに保ち続けることができるでしょう。

本記事では、ごちゃごちゃな部屋をスッキリさせる実践方法とポイントを解説します。

この記事を読むことで、ごちゃごちゃになっている部屋をキレイに片付け、スッキリさせることができます。悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

1.部屋がごちゃごちゃになる原因は?

まずは、部屋がごちゃごちゃになるものと、原因を把握することが大切です。原因が分かれば、散らかりにくい部屋作りができるでしょう。

1-1.ごちゃごちゃになりやすいものは?

ごちゃごちゃになりやすいものは、次から次へと増え続けるものです。代表的なものといえば、文具・衣類・キッチン道具・子ども用のおもちゃなどがあります。特に、衣類は気軽に購入しやすく、いつの間にか増え続け、収納スペースに入りきれなくなるでしょう。また、すぐに脱ぎ捨てたり、床にものを置いたりする傾向があります。そして、小さいものが多い文具類も、デスクまわりやテーブルの上に散らかりがちです。

1-2.収納ができていない

部屋がごちゃごちゃになる原因のほとんどは、収納ができていないことです。収納は、「中に入れてしまっておくこと」という意味があります。あなたはものを使った後、すぐに片付けているでしょうか? 「時間がないから」「置き場所がないから」という理由で放置すると、部屋がごちゃごちゃになりがちです。「使ったものはすぐに片付ける」という意識を強く持って生活してください。

1-3.まとまりがない

ものの置き場所が決まっていないと、種類ごとにまとめることができず、すぐに散らかってしまいます。部屋がごちゃごちゃになる人は、ものの置き場所が決まっていない共通点があるのです。置き場所が定かでないと部屋がごちゃごちゃになるだけでなく、探すのに時間と手間がかかってしまいます。リモコン・書籍・CD・衣類など、種類によって置き場所を決めておきましょう。

1-4.ものが多すぎる

現在の収納スペースやものの量を改めて見てください。部屋がごちゃごちゃになる原因は収納スペースにものを押し込みすぎていることです。そうすると、新しいものを収納する余裕がなく、部屋が散らかってしまいます。ものを押し込みすぎているのは、ものが多すぎるのも原因です。要らないものはどんどん捨てていかなければなりません。

ものが多すぎるのが主な原因なんですね。

はい。片づけてもすぐに散らかると悩んでいる人は、収納スペースに対してものが多すぎるケースがほとんどです。

2.ごちゃごちゃな部屋をスッキリさせるポイント

では、ごちゃごちゃになった部屋を、どのようにスッキリさせることができるのでしょうか。重要なポイントをいくつか紹介します。

2-1.色数を減らす

部屋を見渡してみると、いろいろな色を使っていませんか? 色数が多いほど部屋の中がごちゃごちゃに見えてしまいます。そのため、テーマカラーを1つだけ決めて、天井・床・大型家具をそのカラーと同じ系統のカラーでそろえてください。できれば、白・グレー・ベージュなど薄い色がおすすめです。これらの薄い色はスッキリとした印象を与えることができます。ノートパソコン・電子辞書・置き時計など細かいものも、できるだけ統一したほうがスッキリするでしょう。

2-2.入れものの形を統一させる

ファイルボックス・収納ケース・衣装箱など、入れものの形を統一させてください。たとえば、収納ボックスを四角形に統一するなど、収納グッズなど入れものの形を統一することで、スッキリとした部屋に生まれ変わります。統一感を出すために、思いきって収納グッズを買い替えるのも選択肢の1つです。

2-3.平面をキレイに片付ける

机・ダイニングテーブル・タンス・冷蔵庫・洗濯機・下駄箱の上など、平面になっているところがあります。その平面にものが置いてあると目に入り、ごちゃごちゃとした印象を受けるでしょう。つまり、平面をキレイに保ち続けることで、部屋がスッキリするというわけです。ソファーの上に読み終わった雑誌や脱ぎ捨てた衣類が置いていないでしょうか。目に入る場所にものを置いていない状態が、スッキリとした理想の部屋に近づく第一歩です。

2-4.最も目障りなものを取りのぞく

部屋の中を見渡して、最も目立っている目障りなものを見つけてください。たとえば、部屋の角に置いてあるバッグやアイロン台、たたもうと思ってそのまま積み重ねている洗濯物、大きな収納ケースなどです。最も目障りなものを片づけるだけでも、スッキリとした部屋になります。要らないものなら処分し、どこか別の場所に移動すると良いでしょう。

2-5.文字・ロゴなどを隠す

部屋の中に、文字・ロゴなどが記載されたものを置きっぱなしにしていないでしょうか。たとえば、商品の包装シールははがし、壁に貼るもので文字があるもの(カレンダーやメモなど)を取りのぞきます。文字・ロゴは細かいので、目に見えるところにたくさんの文字やロゴがあると部屋がごちゃごちゃした印象を受けるのです。できれば、文字とロゴを隠し、情報量を最小限にしてください。

一番簡単にできそうなのは、平面をキレイに片付けることですね。

はい。そのためには、不要なものを処分する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました