腕時計の処分方法は? 自治体回収の手順や買取について詳しくご紹介

腕時計不用品の買取

腕時計を処分するとき、ゴミの分類が分からない・電池と一緒に捨ててもいいのかなど、疑問が出てくることがあるでしょう。腕時計の中には高価なものや希少価値があるものもあり、コレクターもいることから、買取を利用できる可能性があります。不要になった腕時計をお持ちの方は、処分方法と併せて、買取についても覚えておきましょう。

古いものや動かなくなったものなど、不要な腕時計の状態はさまざまです。状態に合う処分方法を選ぶことも大切なポイントとなります。腕時計の処分を検討されている方は、ぜひご一読ください。

1.腕時計は何ゴミに分類される?

腕時計は、何ゴミとして処分すればいいのでしょうか? 自治体のゴミに関するルールを考えていきます。

1-1.不燃ゴミとして分類されることが多い

自治体回収では、腕時計を不燃ゴミとして分類するケースが多くなっています。腕時計は金属などを使っているため、可燃ゴミとして焼却処分することが難しいからです。とはいえ、自治体ごとにルールが異なり、素材別の分類を求められる場合もあるため、事前に分別方法を確認しましょう。

1-2.小型家電としてリサイクル回収している自治体もある

腕時計は、小型家電としてリサイクル対象になる場合があります。内部にある金や銅などのレアメタルを再資源化するためです。自治体で小型家電リサイクルボックスを公共施設や家電量販店などに設置しており、誰でも無料で利用できます。

2.腕時計を自治体処分に出す方法

既述したとおり、自治体で腕時計を処分する場合、不燃ゴミもしくは小型家電として回収されます。自治体処分に出すときの手順などを覚えておきましょう。

2-1.不燃ゴミは指定日に出す

不燃ゴミは、自治体指定のゴミ袋に入れて出してください。回収日は、週1回程度あります。自治体によっては、素材別に分類しなければならない場合もあるでしょう。ガラス・プラスチック・金属・皮革など、必要に応じて素材別に分けてください。プラスチックはプラスチックゴミ、皮革は可燃ゴミなどルールに従って正しく出すことが大切です。

2-2.小型家電リサイクルボックスに投入する

自治体が設置する小型家電リサイクルボックスは、腕時計などを手軽に処分できる方法です。腕時計をリサイクルボックスの設置場所まで持参し、投入口から入れてください。金属資源のリサイクルを目的に回収しているため、古いものや動かなくなったものでも回収対象となります。無料で利用できるのがメリットですが、設置場所が近くにない場合は面倒に感じるでしょう。

2-3.電池は取り外して腕時計とは別に処分する

電池は、腕時計とは分けて処分しなければなりません。腕時計から取り外し、リサイクルに出しましょう。電池のリサイクルは、量販店や公共施設などに設置された電池回収ボックスに投入するだけでできます。

タイトルとURLをコピーしました