壁掛けエアコン・窓用エアコンの買取【埼玉県】出張買取・取り外し回収・処分が同時にできる!

エアコンの買取エアコンの買取

エアコン・クーラーの出張買取・回収・処分はリサイクルショップ-埼玉出張買取コールセンターにお任せ下さい!

他店より高価買取・格安回収で毎月100件以上の実績!他店で断られた物でも買取・回収可能!

エアコンの出張買取窓エアコンの回収・処分ならリサイクルショップの埼玉出張買取コールセンターへ。取り付いたままのエアコンやクーラーでも心配ご無用。エアコンの取り外し作業から買い取りを行っております。

ダイキン、パナソニック、三菱、東芝、日立、シャープ、富士通などのメーカーと、品番と製造年式、状態、そして室内機・室外機が建物のどこに設置してあるか?を事前に確認してご連絡ください。

当店は埼玉県さいたま市を中心に、毎月100件以上の出張買取・エアコン回収を行っています。店舗販売だけでなくインターネット販売業者間取引海外輸出ネットオークションなど、独自の幅広い販売・処分ルートを持っており、リユース効率をアップしています。他のリサイクルショップで断られた業務用エアコンの処分や窓用エアコンスポットエアコンの引き取りもお任せください。

他店では有料になってしまう古いエアコン、壊れたクーラーでも無料回収できる可能性があります。いらない不要なエアコンのことなら何でもお気軽にご相談ください。まずは無料お見積りをご利用ください。

エアコンの買い替え時期はいつ?

エアコンの買い替え時期

いざという時の準備と知識が必要

エアコンのような大型家電高額家電は、頻繁に買い替える方は殆どいないと思います。
実際に壊れたり調子が悪くなったりしてから買い替える方が殆どだと思います。
ただ、エアコンは他の家電と違って取り付け工事が必要になる電化製品ですので、壊れたからといって直ぐに自分で簡単に取り換えられるものではありません。

真夏の一番暑い時期に故障してしまうと、新しいエアコンが来るまで地獄のような日々を過ごさなければなりません。
特にこの真夏の時期はエアコンがフル稼働するため機械が故障する割合も増え、エアコン業者さんの繁忙期とも重なり、取り付けに来るまで1週間以上待たなければならないことも普通に起こります。それまでは寝苦しい夜も扇風機でなんとか凌ぐしかありません。
冬場は夏と違ってエアコンを使わない家庭もまだ多く、故障しても石油ストーブやファンヒーター、コタツ、床暖房など代わりになる物がまだあるので何とかなるかもしれません。

上記のような目に合わないためにも、エアコンが古くなってきたら急に壊れてパニックになってしまう前に、買い換えの準備やいざという時の心構えを持っていた方が良いと思います。
「我が家のエアコン、けっこう古いけど大丈夫?」と思っても、エアコンは家電の中でも高額商品なので工事費まで含めるとかなりの出費になってしまうので、壊れる前に買い替えるというのは金銭面でもなかなかハードルの高い事だと思います。
ただ、いざという時のために、エアコンを購入する資金10万円位は必ず生活費とは別に用意しておいた方が良いと思います。

では、エアコンはいつ買い替えるべきなのか?悩んでしまわないように買い替え時期の目安とエアコンの寿命について分かる範囲で紹介していきます。

エアコンの製造年数は初めに確認しておく

エアコンの製造年式

日本メーカーの電化製品には、必ず商品自体に作られた時の製造年数が記載されています。
エアコンは通常、室内機の吹き出し口の下辺りに型番や冷房能力(kw)などと共に記載されている事が多いですが、古いエアコンなどは室外機の側面に貼ってある型番シールに記載されている場合もあります。

製造年数から10年以上経っていたら、使用頻度にかかわらず買い換えの準備を始めた方が良いと思います。
エアコンが故障したとき修理に必要な性能部品のメーカーによる最低保有期間は10年と定められています。この期間内に故障した場合はメーカーに部品がまだ保管されているので修理が可能な場合が多いですが、製造から10年という期間が過ぎるとメーカー側の部品供給や修理対応ができなくなるため、故障した場合は買い替えしなければならなくなる場合が多いです。

長期保証が付いているか確認する

エアコンの長期保証

また、最近ではメーカーによる通常の1年保証だけではなく、家電量販店などによる販売店独自の長期保証(5年、10年など)をつける店舗が増えてきています。
こちらは製造年とはちょっと違って購入日からその長期保証期間内であれば故障しても保証が効きますので、期間内であれば壊れてしまっても無償で修理してもらえる可能性が高いです。

エアコンの保証範囲は基本的には、室内機、室外機などの本体の部品や消耗品が故障した時に限られる場合が多く、工事により取り付けた接続配管からの冷媒ガス漏れや配管の劣化が原因の故障などは対象外となる可能性が高いので、前もって販売店に保証範囲の確認をしておく事をお勧めします。

そのため長期保証が付いているエアコンはその期間内であればまだ買い替えを考える必要はなく、保証期間が終わった頃に買い換えを考え始めるのが良いでしょう。

15年以上前のエアコンをお使いの方は買い替えを?

古いのエアコンと最近のエアコンを比べると、エネルギー効率や性能がかなり向上しています。
15年前のエアコンと最新のエアコンの電気代はどのくらい違うのでしょうか?
パナソニックのエアコンの同じシリーズ(同グレード)のカタログ値を比べて目安の年間電気代を計算してみました。

【算出基準(環境)】

外気温度:東京をモデルとしています。
室内設定温度:冷房時27℃/暖房時20℃
期間:冷房期間(5月23日~10月4日)
   暖房期間(11月8日~4月16日)
使用時間:6:00~24:00の18時間
住宅:JISC9612による平均的な木造住宅(南向き)
部屋の広さ:機種に見合った部屋の広さ
パナソニックのサイト「よくあるご質問」1年間の電気代の計算方法より

6畳向け(2.2kW)タイプ:主に子供部屋や寝室

  • ナショナル Xシリーズ 2008年モデル CS-X228A 年間電気代:20,040円
  • パナソニック エオリア 2023年モデル CS-X223D 年間電気代:17,820円
  • 年間電気代の差は 2,220円

14畳向け(4.0kW)タイプ:主にリビングやダイニング

  • ナショナル Xシリーズ 2008年モデル CS-X408A2 年間電気代:40,080円
  • パナソニック エオリア 2023年モデル CS-X403D2 年間電気代:31,980円
  • 年間電気代の差は 8,100円

パナソニックのカタログ記載の「期間消費電力量」から電気代を換算したものです。
電力料金は例として1kWhあたり30円として算出したあくまで目安値です。

結果

6畳用では年間電気代は2,000円位しか変わりませんでしたが、14畳用では8,000円以上変わりました。
小部屋用のモデルよりも消費電力の大きいリビング用などの大型モデルの方が差が大きくなるのは当たり前の事ですが、どのモデルでもかなり省エネ化されていて、買い替えるだけで電気代を節約できる事が分かりました。

戸建てなどで6畳用3台、14畳用1台のエアコンが付いていると仮定すると、年間電気代は合計で14,760円も変わってしまいます。使用状況にもよりますが、たとえ壊れてなく調子良く動いていたとしても、15年以上経ったエアコンは買い替えを検討した方が良いかもしれません。

1年間の電気代は「期間消費電力量(kWh)×1kWhあたりの電気料金単価(円/kWh)」で計算できます。「期間消費電力量」とは、1年を通じてエアコンを使用した場合に消費する電力量の目安です。

エアコンを高く売るコツや高価買取のポイントは?

エアコンを高く売るための知識

エアコンを高く売る

売る時期は関係するの?

エアコンや暖房器具のような季節家電は1年間を通して平均的に売れる物ではなく、売れる時期がかなり偏っている電化製品です。エアコンは冬場よりも夏場に需要が増える商品です。
中古のエアコンを売る場合、リサイクルショップが夏に急激に販売量が増える事をみこして買取を強化している5月~7月頃に売りに出すのが一番良いと思います。需要があまりない春や秋と比べると買取額は2倍以上違ってくる場合もあります。

メーカーや機種は関係するの?

エアコン以外の家電も含めて、「家電メーカー」は高価買取できるかどうかの大事なポイントの一つになります。壁掛け用のルームエアコンであれば、老舗の日本メーカーであるダイキン、三菱電機、パナソニック、東芝、日立、富士通、シャープあたりの商品でしたら間違いないと思います。
日本メーカーでも三菱重工やコロナ、比較的新しいメーカーのアイリスオーヤマあたりは、上記のメーカーと比べると若干査定額は下がってしまうと思います。

現在は特に、ダイキン(DAIKIN)『うるさらXシリーズ』、東芝(TOSHIBA)『大清快 DXシリーズ』、パナソニック(Panasonic)『Eolia(エオリア)シリーズ』、三菱電機(MITSUBISHI)『霧ヶ峰シリーズ』、富士通ゼネラル『nocriaX(ノクリア)シリーズ』、日立(HITACHI)『白くまくん Xシリーズ』、シャープ(SHARP)『プラズマクラスター・シリーズ』が人気です。

窓用エアコンでは、コロナ、トヨトミ、ハイアール(こちらは中国メーカー)が人気の3メーカーになります。
スポットエアコンは使い方によって、スイデン、トラスコ中山、ブラザー、アイリスオーヤマ、ユアサプライムス、ヤマゼン、トヨトミ、ハイセンスなど色々なメーカーがあります。

窓用エアコン

高く売れる基準

エアコンの買取査定に一番関係するものは、製造年式と容量(能力)です。
基本的には同じ容量のエアコンでしたら年式の新しい方が査定が高くなります。年式的には製造から5年以内の物が高く売れる可能性が高いです。
また、同じ年式のエアコンでしたら容量の大きい方が査定が高くなります。つまり、同じ製造年式のダイキンのエアコンでも、6畳用のものよりリビングなどの広い部屋(14~20畳用)で使うエアコンの方がかなり高く買い取ってもらえるという事です。
少々古いエアコンでも大容量のタイプでしたら買い取ってもらえる確率は高くなりますので、処分してしまう前に出張買取専門業者などに一度査定してもらいましょう。

お客様の声

当日の急な作業にも親切丁寧に対応していただきました。
会社の都合で急に主人が単身赴任から帰って来ることに。いらない不用品がたくさん出てしまい困っていましたがお電話したらすぐに来ていただき、処分費用から買取分を値…続きを読む
安心しておまかせせできました
最後まで親切に対応してもらいありがとうございました。葬儀後すぐに仕事に戻らなくてはならず、離れたところに暮らしていたため父の遺品整理ができないと困っていまし…続きを読む
自分たちでやってもなかなか進まなかったのに・・・。
新築を建てることになったのですが、古い家財道具や昔から溜め込んでしまった大量の不用品が。困った困った・・・。自分達で片付けてもなかなか進まず、どうすることも…続きを読む
その他のお客様の声もぜひご覧ください。

サービス対応地域

埼玉県全域
さいたま市(大宮区・南区・浦和区・中央区・見沼区・北区・岩槻区・西区・緑区・桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市蕨市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市入間市深谷市飯能市日高市白岡市・伊奈町・宮代町・杉戸町・川島町・吉見町・松伏町

詳細はサービス対応エリアページへ

タイトルとURLをコピーしました