輸入家具の買取に成功したい人必見! 高く売るにはどうしたらいいの?


輸入家具

  • 引っ越しで家具を買い替えることになった
  • 部屋の雰囲気を変えたいので今の家具を処分することを考えている
  • 古くなった家具を新しくしたい

家具の買い替えを考える理由は人それぞれですが、まだ使える家具や高級輸入家具、デザイナーズ家具だと、捨ててしまうにはもったいないですよね。
特に輸入家具は高く売れるケースも多いので、ぜひ廃棄以外の方法を考えてもらいたいものです。
今回は、輸入家具を売りたいと考えている人のために、買取に関する情報をまとめてみたいと思います。
どのような輸入家具が高く売れるのか、買取してもらうためにはどのような方法があるのか、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 輸入家具を売る方法
  2. どのような家具が高価買取対象となるのか
  3. 高く売るコツ
  4. どのような買取方法があるのか
  5. 業者選びの注意点

1.輸入家具を売る方法

不要になった輸入家具を売るためには、どのような方法があるのでしょうか。
自分にとって一番ベストな方法を選んでください。

オークションで売る

自分が希望する金額で売れる方法として、ネットオークションがあります。
希少価値の高い輸入家具の中には店頭で手に入らないものも多いので、オークションを利用して手に入れようとする人も少なくありません。
ただし、売り手がつかなければ不要品をいつまでも手元に置いておかなければなりませんし、「相手との取引や発送の手配が面倒」というデメリットはあります。

リサイクルショップに持ち込む

もっとも手軽ですぐに不要品を処分できるのが、リサイクルショップを利用するという方法です。
売りたい輸入家具を自分でリサイクルショップに持ち込めば、その場で買い取ってもらえてすぐに現金化することが可能です。
自分で持ち込めないような大型の家具の場合は、リサイクルショップの出張サービスを利用しましょう。

不用品買取業者を利用する

リサイクルショップに持ち込んだ場合、商品の状態によっては買取が不可能になることもあります。
再び家に持ち帰る手間を考えれば、不用品買取業者に依頼したほうがよい場合もあるでしょう。
日時を指定しておけば自宅まで家具を取りに来てもらえるので、非常に利便性の高い売り方です。
普通だとなかなか買い手のつかないような状態の良くない家具でも引き取ってもらえる可能性が高いため、確実に処分したいなら買取業者を利用するのが一番です。

2.どのような家具が高価買取対象となるのか

輸入家具の中でも、高価買取してもらえるものとそうでないものがあります。
どのような家具が高価買取の対象になるのかご紹介しましょう。

大型家具

輸入家具の中でもタンスや食器棚、ソファなどの大型のものは高価買取してもらえる可能性が高くなります。
これらの大型家具は輸入ものを購入しようとしても値段が高くて「なかなか手が出せない」という理由から、中古で探そうとする人が多いものです。
需要が高ければそれだけ高価買取する業者も増えますので、まずは見積もりを出してもらうことをおすすめします。

人気のカラーやタイプのもの

人気のカラーや希少価値の高い輸入家具は高価買取の対象になります。
輸入家具はただでさえ一般の家具よりも高値がつきやすいので、自分が売ろうとしている家具が人気のカラーやタイプのものであるか、希少価値の高いものであるかをまず知ることが大切です。
そのためにも、いくつかの買取業者やリサイクルショップに無料査定を依頼して、比較してみることが大切です。
売ろうとしている家具の相場を知ることから始めましょう。

3.高く売るコツ

輸入家具を高く売るには、いくつかコツがあります。
これを知っているか知らないかで、買取金額が大きく変わってきますよ。

新品に近い状態にしておく

当然のことですが、誰もが中古家具を購入するときはきれいな状態のものを選びます。
拭いたり磨いたりして汚れを落としておくこと、隠せるキズは隠しておくことで、より新品の状態に近づけておくようにしましょう。
買取業者やリサイクルショップでは、買取した後に商品をクリーニングしたりメンテナンスしてきれいな状態にしますので、この手間が省ける分、買取価格はかなりアップするはずです。

複数まとめて売る

買取業者やリサイクルショップでは1点からでも買取をおこなっていますが、複数まとめて買い取る方が効率がよいため、買取金額が高くなる傾向にあります。
他にも売りたい家具がないか、家の中をもう一度チェックしてみましょう。

早めに決断する

購入してからの期間が短ければ短いほど、商品の状態は良くなります。
当然、早い時期に売ればそれだけ買取価格も高くなる、ということです。
売るか売らないか悩んでいるうちに買取価格はどんどん下がってきてしまいますので、処分を検討したらなるべく早いうちに売りに出すことをおすすめします。

4.どのような買取方法があるのか

業者やリサイクルショップに輸入家具を買い取ってもらう場合、どのような買取方法があるのかご紹介します。
自分にとってベストな方法を選びましょう。

店頭持込

売ってすぐに現金化したいなら、店頭持ち込みが最も効率的です。
売りたい家具を自分でお店に持ち込めば、その場で査定してもらい、現金で買取してもらえます。
ただし、あらかじめメールや電話で無料査定をしてもらえる業者を選ぶことが、トラブルを回避するポイントになるでしょう。

出張買取

自分でお店に持ち込むのが困難な場合や大型の家具の場合は、出張買取を利用するのがおすすめです。
指定した日時に買取専門のスタッフが自宅まで家具を取りに来てくれますので、手間をかけずに家具を処分できます。

宅配買取

スタッフを自宅に入れることに抵抗を感じる場合は、宅配買取という手段もあります。
あらかじめメールで無料査定を依頼しておき、金額に納得したら商品を宅配で送り、後日買取金額が口座に振り込まれる、という流れです。
「すぐに現金化できない」「宅配を手配する手間が面倒」というデメリットはありますが、安心して家具を買取に出せるでしょう。

5.業者選びの注意点

輸入家具の買取を依頼する際は、どんな業者を利用するか、その選び方も重要なポイントになります。
業者を選ぶ際の注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。

作業が丁寧な業者を選ぶ

出張買取や宅配買取を利用する際に、商品を乱暴に扱ってキズをつけてしまうような業者を選んではいけません。
実際に業者とのそういったトラブルはよく発生しますので、丁寧な作業をする業者を選ぶようにしましょう。
丁寧な仕事をする業者であるかどうかは、問い合わせたときの対応などを見れば分かるものです。

輸入家具の買取を専門に行っている業者を選ぶ

せっかく高価な輸入家具を売ろうとしても、その家具の価値がわからない業者に依頼してしまうと査定金額が低くなる可能性があります。
輸入家具の買取を専門に行っている業者なら専門の鑑定士が正確に査定してくれますので、「輸入家具の買取強化」などという宣伝を行っている業者を選ぶのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • 輸入家具を売る方法
  • どのような家具が高価買取対象となるのか
  • 高く売るコツ
  • どのような買取方法があるのか
  • 業者選びの注意点

不要になった輸入家具を売りたいと考えたときに、知っておくべき情報をまとめてみました。
ぜひこの記事を参考にして、大切に使ってきた輸入家具を少しでもお得に売ってください。