扇風機の正しい捨て方は? 処分方法と注意点をチェック!


夏場に大活躍する「扇風機」。ずいぶんと長い間使い続けいる扇風機を新しいものに買い替えようと思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、要らなくなった扇風機の捨て方について説明します。扇風機は粗大ゴミになるのか、それとも違うゴミになるのか疑問に思っている人もぜひチェックしてください。適切な処分方法を知り、気持ちよく捨てましょう。

  1. 扇風機の処分方法について
  2. 処分・買取の手順について
  3. 処分する際の注意点

1.扇風機の処分方法について

扇風機はどのようにして処分すればよいのでしょうか。捨て方で困っている人も多いでしょう。扇風機の正しい捨て方を3つ紹介するのでぜひチェックしてください。その方法の中から自分にとって1番よい方法を選ぶとよいですよ。

1-1.不用品回収業者に依頼する

扇風機を処分したい場合、不用品回収業者を利用する方法があります。不用品回収業者ではほとんどのところが扇風機の回収をしてくれるでしょう。まだ使えそうだなと判断すればそのまま買い取ってくれるところもあります。また、不用品回収業者は連絡をするとすぐに駆けつけてくれるので「すぐに処分したい」「今日中に片付けたい」人にはオススメです。わざわざお店に運ぶ必要もないので手間も省けるでしょう。

たまに街中をまわっている不用品回収業者もありますが「無料」と主張している業者には気をつけてください。「無料」という言葉で人を引き寄せ、後で回収費用がかかるとお金を徴収する悪質業者がほとんどです。不用品回収業者に依頼する場合は追加料金がかからないかどうか、お金はどのくらいかかるのかきちんと確認した上で利用しましょう。

1-2.自治体のゴミとして捨てる

扇風機は自治体のゴミとして捨てることも可能です。しかし、自治体によってゴミの種類が異なるので注意しなければなりません。調べてみるとほとんどの自治体では「粗大ゴミ」に分類されていることがわかりました。扇風機を粗大ゴミで出す際には自治体のルールに従って出す必要があります。粗大ゴミのシールを地元のコンビニや商店・スーパーで購入し、扇風機に貼り付けます。そして家の前に出すか、または指定された場所まで運ばなければなりません。どうしても指定場所に運べない場合は自治体に連絡すれば引き取りにきてくれるところもあります。その際には引き取りにお金はかかるのか確認してくださいね。

シール購入にお金はかかりますが、数百円なので安心してください。自分が住んでいるところはどのようなゴミの種類、ルールになっているのかホームページや役所・役場に連絡して確認しましょう。

1-3.「売る」方法もある

まだ使える扇風機なら処分するのではなく「売る」方法も選択できます。売れるものをそのまま処分するのは非常にもったいないです。再び活用してもらえるなら売った方が効率的ですし、お金も得られます。比較的新しい扇風機なら買取価格も高くつくでしょう。扇風機を売る場合はリサイクルショップや家電買取専門店を利用してください。どのくらいの買取価格がつくのか一度査定に出しましょう。売れるかどうかわからない扇風機でも査定に出すことをオススメします。

たとえ買取店やリサイクルショップで売れなかったとしても「オークションへの出品」も可能です。買取価格は下がってしまいますが、買い手さえ見つかれば売れるでしょう。このように「捨てる」方法だけでなく「売る」方法も選択肢の中に入れておくとよいですよ。

扇風機はゴミとして自治体に回収してもらえるんですね。
はい。引っ越し前など時間がないときは不用品回収業者を利用してもいいでしょう。

2.処分・買取の手順について

2-1.捨てる場合の手順

扇風機を捨てる場合の手順について説明します。捨てる場合「不用品回収業者」と「粗大ゴミ」のどちらかを選択することになるでしょう。不用品回収業者を利用する際は「無料見積もり」を必ず利用してください。無料見積もりでは回収にいくらかかるのか目安の費用が把握できます。無料見積もりで複数の業者をチェックし、その中からできるだけ安く済むところが選べるでしょう。

業者が決まれば回収の申し込みをします。業者によっては時間さえ空いていればすぐに回収しにやってきてくれることもあるので問い合わせで即日対応可能かどうか確認してください。後は家にやってきて回収してもらえば完了です。一方「粗大ゴミ」として捨てる場合、自治体によってルールが異なるのでホームページ等を確認しましょう。正しい捨て方でないと回収してもらませんし、不法投棄になるので注意してくださいね。

2-2.買い取ってもらう場合の手順

扇風機を売る場合の手順について説明します。まず最初に扇風機を買い取ってもらうお店に査定を依頼してください。査定は基本的に無料なので気軽に依頼できるでしょう。買取方法は主に「店頭買取」「出張買取」「宅配買取」の3つを用意しています。直接お店に行ける人は「店頭買取」が利用できますが、近くにお店がなかったり、家から出られない人は「出張買取」または「宅配買取」のどちらかになるでしょう。

出張買取はお店によって対応エリアが決められているので注意してください。自分が住んでいる地域は対応エリアかどうかホームページ等で確認しておくとよいでしょう。「宅配買取」はホームページから申し込みをすれば宅配キットが自宅に届きます。空いている時間を利用して扇風機をお店に送りましょう。査定結果はメールか電話できます。このように買取方法によって手順が変わるので事前に確認してくださいね。

扇風機は売却も可能なんですね。
はい。新しくて使用感が少なく、元値が高いものほど査定額が高くなりやすいでしょう。

3.処分する際の注意点

3-1.扇風機の大きさに要注意

自治体のゴミとして捨てる場合、扇風機の“大きさ”によってゴミの種類が変わるケースがあります。扇風機の大きさもメーカーや種類によってさまざまですし、どのくらいの大きさが粗大ゴミになるのか自治体によっても異なるでしょう。ホームページで自治体が「粗大ゴミ」として定めている扇風機の大きさを必ず確認してください。大きさによっては粗大ゴミではなく「不燃ゴミ」に分類されることもあるので要注意です。

自分で扇風機を図り、微妙な大きさの場合は自治体に問い合わせてみましょう。自分で判断せずに自治体の指示を仰ぐことが大切です。

3-2.悪質業者に要注意

扇風機の買取・処分を行っている業者の中には「悪質業者」が存在しています。近年、悪質業者とのトラブルが多発しているので注意しなければなりません。見積書には書かれていなかった料金を請求された、回収された扇風機が不法投棄されていたなどトラブルには気をつけてください。悪質業者を見極めるためにも「見積書」が正しいかどうか「丁寧に対応してくれるかどうか」、また口コミや評判をチェックしましょう。

悪質業者には何かしらインターネットで悪い評判が書かれているものです。利用しようと思っている業者の名前をインターネットで検索し、口コミや評判がどのような内容になっているのか確認してください。面倒だからと何も調べないまま依頼すると後で大変なことになってしまいます。

不用品回収業者の中には悪徳業者もいるんですね。
はい。見積もりを出さない業者や回収料を言わずにいきなり回収作業を始めようとする業者は利用しないほうがいいですね。

まとめ

扇風機の処分方法について説明してきました。きちんと基礎知識を把握しておけば悪質業者にだまされることはありません。スムーズに扇風機を処分するためにも正しい処分方法と注意点を知りましょう。

  • 不用品回収業者に依頼する
  • 自治体のゴミとして捨てる
  • 売る方法もある
  • ルールを守って捨てる
  • 自分の都合に合わせて買取方法を選ぶ
  • 扇風機の大きさに注意する
  • 口コミや評判をチェックする

以上のポイントを踏まえながら扇風機を上手に処分してください。