もう寿命?電気ポットの買い替えを時を知る3つのポイント

電気ポット取扱品目

スイッチを押せば温かいお湯が出てくる電気ポットは、秋や冬などの寒い季節には大変重宝します。お湯を沸かす作業は意外と面倒で、特に高齢者の場合にはヤケドや消し忘れが気がかりです。家庭以外でも会社の給湯室や飲食店でも活躍する電気ポットですが、電化製品なので使い続けていればやがて寿命がやってきます。壊れた電化製品を使い続けることは危険なことですね。

そこで今回は、電気ポットの寿命が近いと思われる故障内容や買い替えどきのポイント、処分方法についてご紹介します。

1.電気ポットの寿命は?

1-1.部品の寿命

電気ポットはお湯を内部に入れており、外側に漏らさないようにしている部品がパッキンです。このパッキンの寿命が1~2年といわれており、これを過ぎると水漏れの心配がでてきます。 もちろん交換することで安全に使用することが可能ですが、できない場合は使用を中止するほうがいいでしょう。実は、メーカー側が部品を保管しておくのは生産が終了してから5年間と決まっているます。そのため、生産終了から5年以上経過している電気ポットは使用できる状態でもそろそろ買い替えに向けた準備が必要です。

1-2.ほかの家電よりも壊れやすいわけ

電気ポットの部品保管期間は5年ですが、冷蔵庫では9年、同じ水を使う洗濯機でも6年と電気ポットよりも保管期間に余裕をもたせています。このことからメーカー側でも電気ポットは壊れやすい家電と認識していることが伺えるでしょう。そのわけは、「蒸気」にあります。お湯を沸かすと蒸気が出ますが、これらの粒子は細かく電子部品内にも入り込んで水に戻りダメージを与えるのです。また、熱を出し続けるためほかの家電よりも機械に負担がかかりやすい構造ということもあり、結果的にお湯を沸かせば沸かすほど寿命に近づくということになります。

1-3.寿命を延ばすには?

こまめなお手入れをすれば、清潔・安全に長期間使うことが可能です。外部は固く絞ったフキンでふき、内部は定期的にクエン酸で洗浄することで異臭や給湯パイプの詰まりを抑制します。時折フタをはずし、水分を切るなど休息を与えるのも有効です。また、電子パネルにお湯や水がかからないように気をつけることも重要といえます。

ほかの家電よりやや短めなんですね。

はい。数年おきに買い替えが必要なケースもあります。

2.寿命が近くなると現れる症状

2-1.お湯が出ない

お湯が出なくなる原因はモーターの不具合と、給湯ポンプの詰まり、パッキンの劣化が考えられます。ガーガーと音がしてお湯が出ない場合は、ミネラル分が付着してポンプの羽が回転できていないと考えられるので、クエン酸洗浄を試してみましょう。数回試して改善されない場合は修理や、買い替えの検討が必要になります。

2-2.お湯が沸かない

沸騰しないのであれば、まずコンセントを抜いて30分ほど待ちましょう。それでも改善されない場合は修理か買い替えを検討することになります。お湯が沸かないということは、ヒーターの断線やマイコンの誤作動などが原因と考えられるため、修理も高額になり可能性があることを念頭において検討しましょう。

お湯が出ない、お湯が沸かないといった症状が出るんですね。

はい。すぐに故障が分かりますね。

タイトルとURLをコピーしました