電子レンジの寿命が近いと起きるサインは? 処分方法と併せてご紹介

電子レンジ取扱品目

電子レンジに寿命が近づくと、さまざまな不具合が生じます。寿命を迎えた電子レンジは、処分を検討しなければなりません。とはいえ、電子レンジの寿命が近づくとどんな症状が出てくるのか、寿命を延ばすためにできることはないのかなど、分からない点も多くあります。電子レンジの寿命について知っておけば、買い替えや処分時期を考える際の参考になるでしょう。

そこで、本記事では、電子レンジの寿命が近づくと起きるサインや寿命を延ばすためのポイントなどをご紹介します。

電子レンジは、普段の使い方を意識するだけでも、寿命を延ばすことができます。少しでも長く使えるよう、寿命を延ばすポイントをしっかり覚えておきましょう。

1.電子レンジの寿命はどのくらい?

まず、電子レンジの寿命について考えていきます。

1-1.マグネトロンの寿命と関連している

電子レンジの寿命は、マグネトロンの寿命と関連しています。マグネトロンは、電子レンジを動かすための重要な部品です。マグネトロンの寿命が2000時間程度であることから、電子レンジの寿命も10年が目安とされています。

1-2.マグネトロン以外の部品に不具合が生じるケースもある

マグネトロン以外の部品に不具合が生じ、電子レンジが寿命を迎えるケースもあります。近年は、電子レンジが高機能になり、さまざまな部品が搭載されているため、摩耗や劣化によって不具合が生じやすくなっているのです。

2.電子レンジの寿命が近いと起きる症状

電子レンジの寿命が近づくと、どんな症状が起きるのでしょうか?

2-1.温まらない

電子レンジの寿命が近づくと、食品が温まらないという症状が出やすいでしょう。主に、マグネトロンの寿命によって起きる症状です。加熱ムラがある場合も、寿命が近いと考えておきましょう。

2-2.電源が入らない

電源が入らない場合は、電子基板などに劣化や摩耗が生じ、寿命が近づいている可能性があります。電源コンセントやブレーカーなどに問題がない場合は、寿命が近いサインだと考えておきましょう。

2-3.異音

電子レンジの寿命が近づくと、冷却ファンの劣化によって異音が起きる場合があります。ただし、異音は、ターンテーブルのずれなどでも起きる場合があるため、点検して異常が見つからないようであれば、寿命が近いサインだと考えておきましょう。

3.電子レンジの寿命を延ばすには?

電子レンジは、使い方しだいで寿命を延ばすことができます。寿命を延ばすための具体的な対策を考えていきましょう。

3-1.こまめに掃除をする

電子レンジの寿命を延ばすためには、こまめに掃除をすることが大切です。汚れや油分が残った状態が続くと、マイクロ波の照射によって発火などのリスクが高まります。発火などが起きると、火災に発展する恐れもあるので注意しなければなりません。

3-2.誤った使い方をしない

誤った使い方をしないことも、電子レンジの寿命を延ばすコツです。たとえば、何も入れずに動かしてしまう空焚(からだ)きなどをすると、電子レンジの劣化が進んでしまいます。正しい使い方を意識し、少しでも長く使えるようにしましょう。

3-3.長時間の使用

長時間の使用は、電子レンジを傷める原因です。過熱状態が続き、電子レンジに大きな負荷がかかります。特に、液体を温める際は注意が必要です。適切な時間の使用に留(とど)めて起きましょう。

タイトルとURLをコピーしました