電気ケトルの処分方法とそれぞれのポイントを解説! お得な方法は?

電気ケトル取扱品目

すぐにお湯を沸かすことができる電気ケトルは、1人暮らしはもちろん、大家族の家庭でも活躍する家電製品の1つです。要らなくなった電気ケトルは処分を考えますが、中古需要が高い製品なので売れるものもあります。買い取ってもらうことができれば、処分費用がかからずお得に処分できるでしょう。ただし、壊れている電気ケトルは、売却以外の方法で処分しなければなりません。本記事では、電気ケトルの処分方法と買い取ってもらうコツを解説します。

この記事を読むことで、電気ケトルの処分方法と買い取ってもらうコツが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.電気ケトルの処分方法

まずは、電気ケトルの主な処分方法とそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。

1-1.正しい方法で処分してくれる自治体回収

1番に思い浮かぶ方法といえば、自治体で処分することです。各自治体でゴミの分類や処分方法は異なりますが、ほとんどの自治体で電気ケトルは不燃ゴミとして扱われています。ただし、大阪市のようにステンレスの電気ケトルが普通ゴミになっているところもあるので、事前に自治体のホームページ等で確認しておきましょう。電気ケトルが一辺30cm以上を超える場合は粗大ゴミに分類されるところもあります。大きめの電気ケトルを使用している際は、一辺の長さを測ってから処分してくださいね。自治体が処分してくれるという安心が持てる点が、大きなメリットでしょう。

1-2.小型家電リサイクル法の対象になっている場合

電気ケトルを小型家電リサイクル法の対象にし、法律に準じて処分方法を決めている自治体があります。小型家電リサイクル法に基づいている場合は、公共施設や家電量販店などにある小型家電回収ボックスに投函(とうかん)してください。投函できないサイズの場合は、自治体に相談しましょう。小型家電リサイクル法に指定されているものは自治体のゴミとして処分できません。謝って処分すると不法投棄とみなされ罰金が科されることもあるので注意してくださいね。

1-3.できるだけ費用を抑えたい方におすすめ

普通のゴミまたは不燃ゴミの場合は、処分に費用がかかりません。指定袋に入れて処分するだけなので、気楽に捨てることができます。粗大ゴミになったとしても、500円以内で処分できる自治体がほとんどです。電気ケトルの処分にお金をかけたくない方にとっては、魅力的な処分方法といえるでしょう。

1-4.すぐに処分できないデメリットも

無料または低費用で処分できる自治体回収ですが、回収日が決まっているのですぐに処分できないというデメリットがあります。特に、不燃ゴミや粗大ゴミの場合は、2週間~1か月に1回など、回収の頻度が少ないので急を要する場合は不向きでしょう。また、粗大ゴミに分類されると、事前の申し込みが必要になるケースもあります。回収指定場所まで運ばなければならないため、忙しい人やすぐに処分したい方にとっては、困難な処分方法かもしれません。

1-5.不用品回収業者に依頼する

すぐに処分したい・不用品をまとめて回収してもらいたいという方は、不用品回収業者へ依頼するといいでしょう。不用品回収業者は、ほとんどの不用品をまとめて回収しています。わざわざ自分たちで運搬しなくても、自宅にやってきて出張回収をしてくれるので手間と時間がかかりません。しかし、処分費用がかかるため、事前に見積書を確認する必要があります。

1-6.無料回収業者に要注意!

不用品回収業者の中には、無料で回収を行なっている無料回収業者があります。「無料で回収してくれるのはラッキー」と思われがちですが、近年、無料回収業者との間でトラブルが続出しているので注意が必要です。たとえば、回収後に追加料金を請求したり、回収後に不法投棄されたりなど、さまざまなトラブルが起きています。電話で営業してくる業者や突然訪問してくるような業者には、依頼しないほうがいいでしょう。確かな処分方法を支払い、きちんとした手順で処分してもらったほうが安心して捨てることができます。

2.電気ケトルの買取事情と条件

すべての電気ケトルがゴミになるわけではなく、正常に稼動できるものなら買取に出すことができます。ここでは、電気ケトルの買取事情と条件をチェックしていきましょう。

2-1.生活日用品の電気ケトルは中古需要が高い

コーヒーや紅茶など温かい飲み物を今すぐに飲みたいときなど、電気ケトルはちょっとしたシーンで大活躍する生活日用品の1つです。そのため、中古でも需要が高く、人気製品ほど高く買い取られる傾向があります。まだ使える状態なのに、そのまま処分するのはもったいないことです。故障や不具合が起きていない状態なら、ゴミではなく中古品として売却することをおすすめします。

2-2.買取金額の相場は1,000円~

電気ケトルの状態や製造メーカー・販売年月・使用年数などによって異なりますが、買取金額の相場は1,000円~になるケースがほとんどです。たとえば、電気ケトルで有名なメーカー・T-FAL(ティファール)の場合、買取額は500~1,500円が目安になるでしょう。型が落ちるほど中古需要が下がるため、買取額も低くなります。電気ケトルの新製品は次から次へと登場しているので、使わなくなったらすぐに売るのが1番でしょう。

2-3.買取の条件は正常に稼動できるか

査定で1番重要視されるのは、正常に稼動できるかです。故障や不具合が起きていない電気ケトルはすぐに再販売でき、買い手もつきやすい傾向があります。逆に、故障・不具合が起きている場合は、買取不可になるケースがほとんどです。ただし、正常に稼動したとしても製造年月から5年以上が経過している電気ケトルは買取が難しいでしょう。なぜなら、補修用部品保管期間がほとんどのメーカーで5年と決めているからです。

2-4.高価買取が期待できるのは5年以内の有名メーカー

電気ケトルにもさまざまな種類がありますが、中でも高価買取が期待できるのは、製造年月から5年以内の有名メーカーです。T-FAL(ティファール)をはじめ、バルミューダ・デロンギ・タイガー魔法瓶・ラッセルホブス・ハリオ・レコルトなどがあります。バルミューダやハリオといった洗練されたオシャレなデザインは人気が高いので、ほかの種類よりも高く買い取られる可能性が高いでしょう。元値が高い種類ほど、高く売れる傾向があります。売却前に、製造メーカーや種類・容量・機能などもチェックしておいてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました