事務机をお得に処分する方法は? 自治体以外の処分方法も詳しく紹介


事務机は何ゴミに分類されるのか、どのように処分すべきなのか具体的にご存じの方は少ないでしょう。事業目的で使用したものを処分する場合は、一般的な家庭ゴミとしてではなく産業廃棄物扱いとなります。産業廃棄物とみなされたものは、異なる方法での処分が義務づけられているので注意しなければなりません。

そこで本記事では、事務机を上手に処分する方法を解説します。

  1. 事務机を自治体の処分に出す方法
  2. 自治体以外の処分方法は?
  3. 事務机を買取に出す方法とポイント
  4. 事務机の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、事務机の処分方法だけでなく買取のポイントも分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.事務机を自治体の処分に出す方法

事務机を自治体で処分する場合、一体何ゴミになるのでしょうか。自治体で処分する方法とポイント・注意点について解説します。

1-1.デスク(机・テーブル)の場合は「粗大ゴミ」で捨てる

基本的に、机やテーブルなどのデスクはほとんどの自治体で粗大ゴミ扱いとなります。デスクは一辺が30cm以上超えるものとなるため、燃えるゴミとして捨てる大きさではなく、粗大ゴミ扱いになるのです。粗大ゴミとして処分する場合は、粗大ゴミ処理券をスーパーやコンビニなどで購入する必要があります。そのシールをデスクに貼りつけてから回収指定場所まで持ち運ぶのが一般的な流れです。けれども、事業目的で使用した目的は家庭から出る一般のゴミとは異なるため、処分方法自体が変わります。

1-2.オフィスから出たゴミは産業廃棄物扱い

事業目的で使用したもの・オフィスから出たゴミの多くは、一般廃棄物ではなく産業廃棄物扱いとなるので注意が必要です。産業廃棄物は、基本的に自治体回収で処分できません。産業廃棄物を自治体回収で処分すると、法律違反として罰金が科せられることになります。処分した後にトラブルになるケースが多いため、きちんと正しい方法で処分しなければなりません。自治体が認可した業者に回収を依頼するか、産業廃棄物の回収を行っている回収業者に依頼する方法で処分することになるでしょう。

1-3.まだ使える状態は処分ではなく買取へ

「まだ使えるのに捨てるのがもったいない」と思う方は、処分ではなく買取に出すことをおすすめします。事務机などの事務用品は買い取ってもらえないイメージがあるかもしれませんが、産業廃棄物を中心に買取を行っているところもあるのです。買い取ってもらうことができれば、処分費用を最小限に抑えることができるので一石二鳥と言えるでしょう。新品に近い状態の事務用品は、想像以上の値で買い取ってもらえる可能性もあります。

2.自治体以外の処分方法は?

事務机を自治体以外の方法で処分するポイントを解説します。

2-1.欲しがっている知人や友人へ譲る

周囲に事務机を欲しがっている知人や友人がいないか尋ねるのも方法の1つです。すぐに見つからないかもしれませんが、新しいオフィスに移転したり、店舗を構えたりする際に再利用してもらえることもあります。また、事務机を作業台にしたり、子どもの勉強机として活用したりすることも可能です。幅広い用途に使えるからこそ、欲しがっている人がいるかもしれません。欲しがっている人のもとで使ってもらうことができれば、楽な気持ちで手放せることができ、処分費用もかからないので一石二鳥と言えるでしょう。また、SNSを通じて呼びかけることもできます。

2-2.不用品回収業者にまとめて依頼する

事務机のほかに処分したいものがあれば、まとめて回収が依頼できる不要品回収業者を利用しましょう。回収業者の中には、買取を行っているところもあります。買取と処分が同時に利用できれば、買取不可になってもそのまま回収してもらえるので手間と時間がかかりません。よりスピーディーに要らないものが処分できるでしょう。また、まとめて処分することで費用がお得になるケースもあります。依頼前に見積書を細部まで確認することが大切です。

2-3.SNSで譲渡先を見つけるのも方法の1つ

前述したように、TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSを通じて、事務机の譲渡先を見つけるのも自治体以外で考えられる処分方法の1つです。ただし、事務机は大きめのサイズが多いため、譲渡先が見つかったとしても自分でこん包し送らなければならないというデメリットがあります。直接やってきてくれる相手なら良いですが、個人情報の流出につながるため、何かとトラブルになりやすい問題もあるのです。SNSを利用して譲渡先を見つける際は、その点のリスクをしっかりと把握しておきましょう。

2-4.リサイクルショップや買取店に査定を依頼する

オフィスの引っ越しなどで要らないものを処分する際、まだ使えるものはリサイクルショップや買取店などに査定を依頼しましょう。買取はできるだけ処分費用を抑えたい方におすすめの方法です。買い取ってもらうことができれば、処分費用の節約につながるだけでなく、環境保全にも役立つことができます。ただし、すべての事務用品が買取対象になるわけではありません。中には、買取不可になるものもあるため、事前に情報を入手することが大切です。

3.事務机を買取に出す方法とポイント

ここでは、事務机を買取に出す方法とポイントを解説します。

3-1.事務用品を扱っているリサイクルショップ等に依頼しよう

事務机などの事務用品を買取に出す場合は、なるべく事務用品を中心に買取を行っている業者に依頼してください。事務用品を中心に扱っている店舗や業者ほど、中古市場において何が必要とされているのか需要があるのか詳しく把握しています。そのため、より適切な価格で買い取ってもらうことができるのです。需要がある事務用品ほど、高価買取が期待できるでしょう。また、法人向けに買取を行っているかも要チェックポイントです。出張買取ショップの埼玉出張買取リサイクルショップでは、個人向けだけでなく法人向けの買取を行っています。ぜひ1度無料査定をご利用ください。

3-2.買取業者選びのポイントをチェック!

ほかにも、買取業者を選ぶ際に押さえておきたいポイントがあります。事務用品などの産業廃棄物の買取を行っているのはもちろんのこと、古物商の許可証を取得しているか必ずチェックしてください。基本的に、古物商の許可を取得していなければ買取サービスを行うことはできません。また、産業廃棄物収集運搬許可を取得しているかも要チェック項目です。産業廃棄物収集運搬許可を取得していない業者は、悪徳業者の可能性があるので注意してください。そのほか、押さえておきたいポイントは以下のとおりです。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料見積もりや無料相談を行っているか
  • 買取対象の品目が幅広いか
  • 口コミや評判がいいか
  • 不用品回収や処分も行っているか

3-3.買取対象となる事務机の特徴と人気メーカー

基本的に、買取対象となる事務机は、正常に使用できるものです。ガタガタしていたり、壊れて使えなかったりするものは、買取不可になる可能性が高いので買取以外の方法で処分するしかありません。また、激しく汚れている状態も買い手が見つからないため、ほとんどの業者で買い取ってもらえない傾向があります。また、たとえ正常に使える状態でも大量生産されているモデルは、需要が低く買取不可になることがあるでしょう。逆に、買い取ってもらえる可能性が高い人気メーカーは以下のとおりです。

  • コクヨ
  • ハーマンミラー
  • オカムラ
  • 井上金庫
  • イトーキなど

3-4.事務机を高く売る3つのポイント

できるだけ事務机を高く売りたいなら、押さえておきたい3つのポイントがあります。

1つ目は、事務用品をまとめて売ることです。1点ずつ査定を依頼するよりもまとめて依頼したほうが人件費をかけず買取作業を行うことができます。そのため、買取額が通常よりも高くなる可能性が高いのです。オフィス用品を売る場合はまとめたほうがいいでしょう。

2つ目は、査定前に掃除してキレイにすることです。見た目がキレイなものと汚いもの、どちらのほうが高く売れるかは一目瞭然でしょう。なるべくキレイにしたほうが印象が良いため、高く売れる可能性もあるのです。

そして、3つ目は複数の業者を比較して、最も買取額が高い業者を選ぶポイントとなります。早く処分したいからと1社だけにしぼるのはもったいないことです。複数の業者に査定を依頼することで、優良業者と悪徳業者を見極めやすくもなります。

3-5.事務机は出張買取がおすすめ

事務机を買取に出す場合は、出張買取がおすすめです。主な買取方法には、宅配・出張・持ち込みの3つがあります。事務机は大きめのサイズがほとんどなので、自分たちで持ち運ぶのは困難でしょう。搬出と運搬にかかる費用を節約するために運ぶ方がいますが、大ケガをする恐れがあるので無理は禁物です。また、オフィス用品はまとめて処分することが多いため、一気に査定が依頼できる出張買取をおすすめします。

4.事務机の処分に関してよくある質問

事務机の処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.事務用品が高く売れる時期はあるのか?

A.新学期や新生活が始まる前の3~4月ごろに需要が高まる傾向があります。この時期は新しい企業ができたり、オフィスを移転したりすることが多くなるため、その機会に事務用品を買い替えるケースが増えるのです。できるだけ費用を抑えたい企業にとっては、中古のオフィス用品でもなるべく良い状態のものを安くそろえたい気持ちがあります。状態がいい事務用品ほど需要が高まるため、納得できる値段で売れる可能性があるでしょう。

Q.無料回収業者に依頼するのは危険?

A.年々、無料回収業者とのトラブルが相次いでいるので安易に利用しないほうがいいでしょう。たとえば、「無料回収と言われたのに後で高額な金額を請求された」「不法投棄されていた」といったトラブルになる可能性が高いのです。特に、街中をトラックでまわり回収を行っている業者は、実店舗がないケースが多いと言えるでしょう。たとえ、産業廃棄物の回収を行っていたとしても利用しないようにしてください。

Q.ネットオークションやフリマアプリでも売れる?

A.実際に、事務机などのオフィス用品を出品している方を見かけますが、個人ではなく法人が出品元になっているケースが多いようです。法人名を出すことができれば、ネットオークションやフリマサイトを利用するのも方法の1つでしょう。全国から買い手を見つけられるメリットがありますが、落札者にこん包して送らなければならないという手間と時間がかかるのがデメリットです。

Q.買取業者とよくあるトラブルは?

A.安く買い取られた・キャンセル料を請求された・宅配買取で送料を請求されたなどというトラブルが増えています。不正を働く買取業者は、中古市場において需要がある事務用品をできるだけ安く買い取り、高額で販売するという手口でもうけているのです。業者選びのポイントをしっかりと押さえた上で、複数の業者に査定を依頼しましょう。

Q.古いオフィス用品が高く売れる理由は?

A.これから事務所を開設しようとしている個人事業主やフリーランスに需要が高まっているからです。ベンチャー企業などから購入されるケースも増えているため、古いオフィス用品でも在庫確保のために買取を行っているところがあります。また、ノマドワーカーや出張中のサラリーマン・短期間の事務所開設用として使用するケースも増えているのです。仕事の仕方が多様化されているからこそ、古いオフィス用品でも需要が高まり、積極的に買い取っているところが増えています。今こそオフィス用品を売る絶好の機会かもしれません。

まとめ

事務机を事業目的で使用した場合、産業廃棄物扱いとなるので自治体で処分することができません。産業廃棄物を処分する際は、自治体が認可した業者に依頼したり、産業廃棄物収集運搬許可を取得した回収業者にお願いしたりする方法などがあります。自治体で捨てられないからと不法投棄するのは絶対にNGです。また、再利用できる状態なら、買い取ってもらうこともできるでしょう。買取可能であれば、処分費用がかからないのでお得に手放すことができます。