部屋のごちゃごちゃを何とかしたい! 片付けの方法とコツを知ろう!


「部屋がすぐにごちゃごちゃになるのを何とかしたい!」「上手に整理整頓できるようになりたい」など、部屋の悩みはつきないものです。整理をしてもすぐにごちゃごちゃになる方は、正しい収納方法を実践していない可能性があります。スッキリさせるポイントを把握しておけば、誰でも部屋をキレイに保ち続けることができるでしょう。本記事では、ごちゃごちゃの部屋をスッキリさせる実践方法とポイントを解説します。

  1. 部屋がごちゃごちゃになる原因は?
  2. ごちゃごちゃの部屋をスッキリさせるポイント
  3. ごちゃごちゃの部屋をスッキリさせる実践方法
  4. ごちゃごちゃの部屋に関してよくある質問

この記事を読むことで、ごちゃごちゃになっている部屋をキレイに片付け、スッキリさせることができます。悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

1.部屋がごちゃごちゃになる原因は?

まずは、部屋がごちゃごちゃになるものと、原因を把握することが大切です。原因が分かれば、散らかりにくい部屋作りができるでしょう。

1-1.ごちゃごちゃになりやすいものは?

ごちゃごちゃになりやすいものは、次から次へと増え続けるものです。代表的なものといえば、文具・衣類・キッチン道具・子ども用のおもちゃなどがあります。特に、衣類は気軽に購入しやすく、いつの間にか増え続け、収納スペースに入りきれなくなるでしょう。また、すぐに脱ぎ捨てたり、床にものを置いたりする傾向があります。そして、小さいものが多い文具類も、デスクまわりやテーブルの上に散らかりがちです。

1-2.収納ができていない

部屋がごちゃごちゃになる原因のほとんどは、収納ができていないことです。収納は、「中に入れてしまっておくこと」という意味があります。あなたはものを使った後、すぐに片付けているでしょうか? 「時間がないから」「置き場所がないから」という理由で放置すると、部屋がごちゃごちゃになりがちです。「使ったものはすぐに片付ける」という意識を強く持って生活してください。

1-3.まとまりがない

ものの置き場所が決まっていないと、種類ごとにまとめることができず、すぐに散らかってしまいます。部屋がごちゃごちゃになる人は、ものの置き場所が決まっていない共通点があるのです。置き場所が定かでないと部屋がごちゃごちゃになるだけでなく、探すのに時間と手間がかかってしまいます。リモコン・書籍・CD・衣類など、種類によって置き場所を決めておきましょう。

1-4.ものが多すぎる

現在の収納スペースやものの量を改めて見てください。部屋がごちゃごちゃになる原因は収納スペースにものを押し込みすぎていることです。そうすると、新しいものを収納する余裕がなく、部屋が散らかってしまいます。ものを押し込みすぎているのは、ものが多すぎるのも原因です。要らないものはどんどん捨てていかなければなりません。

2.ごちゃごちゃの部屋をスッキリさせるポイント

では、ごちゃごちゃになった部屋を、どのようにスッキリさせることができるのでしょうか。重要なポイントをいくつか紹介します。

2-1.色数を減らす

部屋を見渡してみると、いろいろな色を使っていませんか? 色数が多いほど部屋の中がごちゃごちゃに見えてしまいます。そのため、テーマカラーを1つだけ決めて、天井・床・大型家具をそのカラーと同じ系統のカラーでそろえてください。できれば、白・グレー・ベージュなど薄い色がおすすめです。これらの薄い色はスッキリとした印象を与えることができます。ノートパソコン・電子辞書・置き時計など細かいものも、できるだけ統一したほうがスッキリするでしょう。

2-2.入れものの形を統一させる

ファイルボックス・収納ケース・衣装箱など、入れものの形を統一させてください。たとえば、収納ボックスを四角形に統一するなど、収納グッズなど入れものの形を統一することで、スッキリとした部屋に生まれ変わります。統一感を出すために、思いきって収納グッズを買い替えるのも選択肢の1つです。

2-3.平面をキレイに片付ける

机・ダイニングテーブル・タンス・冷蔵庫・洗濯機・下駄箱の上など、平面になっているところがあります。その平面にものが置いてあると目に入り、ごちゃごちゃとした印象を受けるでしょう。つまり、平面をキレイに保ち続けることで、部屋がスッキリするというわけです。ソファーの上に読み終わった雑誌や脱ぎ捨てた衣類が置いていないでしょうか。目に入る場所にものを置いていない状態が、スッキリとした理想の部屋に近づく第一歩です。

2-4.最も目障りなものを取りのぞく

部屋の中を見渡して、最も目立っている目障りなものを見つけてください。たとえば、部屋の角に置いてあるバッグやアイロン台、たたもうと思ってそのまま積み重ねている洗濯物、大きな収納ケースなどです。最も目障りなものを片づけるだけでも、スッキリとした部屋になります。要らないものなら処分し、どこか別の場所に移動すると良いでしょう。

2-5.文字・ロゴなどを隠す

部屋の中に、文字・ロゴなどが記載されたものを置きっぱなしにしていないでしょうか。たとえば、商品の包装シールははがし、壁に貼るもので文字があるもの(カレンダーやメモなど)を取りのぞきます。文字・ロゴは細かいので、目に見えるところにたくさんの文字やロゴがあると部屋がごちゃごちゃした印象を受けるのです。できれば、文字とロゴを隠し、情報量を最小限にしてください。

3.ごちゃごちゃの部屋をスッキリさせる実践方法

ポイントを押さえた上で、次はごちゃごちゃの部屋をスッキリさせる実践方法を紹介します。

3-1.すき間(デッドスペース)を活用する

部屋のあちこちに、デッドスペースと呼ばれる「すき間」が存在しています。たとえば、キッチンや洗面所のデッドスペースに壁かけボックスを設置することで、洗剤・キッチン道具・調味料などを置くことが可能です。家具と家具の間も立派なスペースになったり、突っ張り棒を使用すれば何かをひっかけたりできるでしょう。まずは、どこにどんなすき間があるのか部屋をチェックしてください。そして、そこに何を置くのか決め、収納アイテムを上手に活(い)かすのがポイントです。

3-2.かごを使用する

ナチュラルな手編みのかごは、丈夫で機能性にも優れており、素材の温かさがナチュラル感を出すベストアイテムです。新聞・雑誌などをリビングで読むことが多い方は、それらが入るかごをソファーの近くに置きましょう。フタ付きのかごなら、見た目もスッキリし、新聞や雑誌が散らかることもありません。また、すぐに散らかりがちなテレビまわりも、山積みになったCDやDVDをかごに収納するだけでキレイに整理整頓ができます。その場所に適したサイズのかごを見つけて、ぜひ実践してみてください。

3-3.目隠しをする

ティッシュ・ラップ・キッチンペーパーなどは毎日頻繁に使うものなので、すぐに出して使えるところに置いておきたいですよね。しかし、カラフルなパッケージデザインは生活感が丸出しになるだけでなく、ごちゃごちゃとした印象を受けてしまいます。そこで、ぜひ実践してほしいのが「目隠し」です。たとえば、ラップに木目調の落ち着いたリメイクシートを貼ったり、ティッシュにはカバーでデザインを隠したりする方法があります。目立つものを上手に目隠しする方法は、誰でも簡単にできる方法なのでおすすめです。

3-4.とりあえず入れものを作る

どうしても忙しくて時間がない・片付けるのが面倒という方は、とりあえず散らかっているものを片づけられる「ボックス」を用意してください。できれば、外側から中身が見えない「フタ付き」がおすすめです。とりあえず入れものを作ることで、散らかっているものを1か所にまとめることができます。後は時間が空いたときなどに、入っているものを片付けたり整理したりするだけで良いのです。一度、部屋がスッキリとした状態になれば、片付けの意欲も自然と湧き出てくるでしょう。

3-5.家具のレイアウトを変える

部屋をスッキリさせるために、家具のレイアウトを変えるのも方法の1つです。家具のレイアウトを変更する際は、床面を多く見せることがポイントとなります。たとえば、散らかった部屋を片づけたときに床が見えるとスッキリするでしょう。同じように家具をレイアウトするだけで、床を広く見せられるはずです。たとえば、テレビ台・キャビネット・ソファーなどの家具があちこちに置かれている配置がバラバラの状態は、部屋全体にまとまりがありません。逆に、大型家具の方向を壁にまとめて配置すると、床がまとまって見えるのでスッキリします。

3-6.よく使う場所の近くに収納場所を作る

家具のレイアウトに工夫をしても、部屋の中が散らかっていては意味がありません。そこで、よく使う場所の近くに収納場所を設けてみてください。使ったものを収納する場所がないからこそ、すぐに部屋の中が散らかってしまいます。たとえば、リビングでよく使うリモコン等を収納するボックスを置きましょう。そうすれば、使用後にすぐ1箇所にまとめることができます。

4.ごちゃごちゃの部屋に関してよくある質問

ごちゃごちゃの部屋に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.片付けてもすぐにリバウンドする人の特徴は?

A.家の中にものを持ち込み続ける傾向があります。たとえ、多くのものを断捨離したとしても、次から次へと家の中にものを持ち込み続けたら、片付けは永遠に終わりません。つい新しいものを購入してしまう人は、部屋を片付けながらすぐに購入しない習慣を身につけましょう。「本当に自分にとって必要なのか?」と考える時間が必要です。

Q.まずは何をしたら良いのか?

A.何をすべきか分からない人は、最初に「要らないもの」と「要るもの」に分けてください。部屋がごちゃごちゃしがちな人は、使わないものを保管する傾向があります。そのため、過去1年間で使ったことがないものは処分してください。1年間使っていないものは、今後も使う可能性がかなり低いものです。どうしても悩むなら、一時的な保管ボックスを利用しましょう。後で、自分にとって本当に必要なものか、時間をかけて考えることができます。

Q.雑貨・文具類のまとめ方が知りたい

A.すぐに散らかりがちな小物関連は、ポーチや手帳型ケースなどを活用してまとめておきましょう。100円均一ショップでは、シンプルな外観と使いやすさが備わっている収納グッズが手に入ります。種類ごとにまとめておけば、いざ使うときもすぐに取り出すことができるでしょう。また、時計やピアス・ネックレスのアクセサリー類は、ウッドピンチ・フレームなどインテリアとして飾る収納方法もあります。

Q.ごちゃごちゃした部屋から脱出するやり方は?

A.何度もリバウンドしてしまう方は、メモ張などに断捨離の計画やアイデアを書き記しておきましょう。断捨離ノートを1冊作って記録に残してください。ノートには、これから捨てたいもの・捨てられそうなもの・片付けたいところ・いつも汚れている場所などを書き込みましょう。メモを取ることで頭の整理ができ、断捨離をしているという達成感も味わうことができます。

Q.大量の不用品を処分する方法は?

A.自分で処分するよりも、不用品回収業者への依頼がおすすめです。まとめて不用品を処分することで費用が安くなる業者や、買取を行っているところもあります。買取が利用できれば、使えるものや価値あるものを売ることができ、費用削減につながるでしょう。「リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター」では、無料相談・無料見積もりを受けつけています。気軽にお問い合わせください。

まとめ

いかがでしたか? 部屋がごちゃごちゃで整理整頓ができていない状態は、精神的にも不安定になりがちです。部屋をキレイにし快適になれば、ストレスも減り心もスッキリします。まずは、部屋の中にあるものから「要らないもの」と「要るもの」に分けることが大切です。そして、要らないものを処分してください。自分にとって必要最低限のものだけにすれば、整理整頓もしやすくなります。ごちゃごちゃした部屋でもポイントをしっかり押さえることでキレイに片付けられるようになるでしょう。