シュレッダーをお得に処分するコツを紹介! 買取に出すポイントは?


シュレッダーをお得で処分する方法をご存じですか? まだ使える状態なら、買取に出し、お得に手放すことができます。さまざまな処分方法を把握しておけば、ベストな方法が選択できるでしょう。

そこで本記事では、シュレッダーの処分で押さえておきたいコツなどを解説します。

  1. シュレッダーを自治体で処分する場合
  2. 自治体以外で処分する方法は?
  3. シュレッダーを買取へ出す方法
  4. シュレッダーの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、シュレッダーをお得に処分する方法が分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてくださいね。

1.シュレッダーを自治体で処分する場合

シュレッダーを自治体で処分する場合、どのような方法があるのでしょうか。

1-1.まずはシュレッダーの種類をチェックしよう!

さまざまなシュレッダーがありますが、大きく分けると電動と手動タイプの2種類があります。電動シュレッダーは、紙を入れると自動的にシュレッダーをかけることができるタイプです。電池式またはコンセントにつなげて使用します。手動タイプは、電気を使わずに手でまわしながらシュレッダーをかける種類です。電動式か手動式どちらかによって、自治体での処分方法が異なるので注意してくださいね。

1-2.小型家電リサイクル法の対象になるのは電動式

電動式のシュレッダーは、小型家電リサイクル法の対象品目となります。ゲーム機・スマートフォン・パソコンなど電気や電池で動く製品の中に含まれている貴重な有用資源を再利用するための法律です。小型家電リサイクル法に基づいた方法で処分を促している自治体では、電動式シュレッダーを公共施設や家電量販店などにある小型家電回収ボックスに投かんする形で処分できます。お住まいの地域が小型家電リサイクル処分をしているか、自治体のホームページ等をチェックしてください。

1-3.大きさやタイプによってゴミの分類が違う

シュレッダーを自治体で処分する場合、大きさやタイプによってゴミの分類が異なるので注意が必要です。たとえば、手動式タイプのシュレッダーはそれほど大きくないものが多いので、不燃ゴミに分類されるでしょう。電動式タイプのシュレッダーは、小型家電として回収ボックスに投かんするか、一辺が30cm以上の場合は粗大ゴミに分類されます。また、自治体によってもゴミの分類や処分方法が異なるため、ホームページ等で事前の確認が必要です。

1-4.費用を安く抑えられるけれど、手間と時間がかかる

自治体で処分する大きなメリットは、費用を安く抑えられることです。不燃ゴミの場合は無料、粗大ゴミでも300~500円で処分できる自治体がほとんどでしょう。しかし、粗大ゴミの場合は事前の申し込みが必要になったり、回収指定場所まで運ばなければならなかったりと時間と手間がかかってしまいます。すぐに処分したい方や、ゴミの分類が面倒に感じる方は、ほかの方法で処分したほうがいいでしょう。

1-5.事業で使用したものは産業廃棄物

会社など事業目的で使用したシュレッダーは産業廃棄物扱いとなるため、自治体で処分できません。産業廃棄物の収集運搬を行っている回収業者へ依頼するケースがほとんどです。自治体で処分しても回収してもらえず、放置すると法律違反になりかねないので注意してくださいね。産業廃棄物の処分方法が分からない場合は、自治体の窓口に相談しましょう。

2.自治体以外で処分する方法は?

自治体以外で処分する方法としては、不用品回収業者へ依頼する選択肢があります。ここでは、不用品回収業者へ依頼するコツを解説しましょう。

2-1.不用品回収業者はまとめて処分できる

さまざまな不用品の回収を行っている業者は、シュレッダーだけでなく、要らないものをまとめて処分できるのが大きなメリットです。大量の不用品がある方やすぐに処分したい方は、回収業者へ依頼してください。ほとんどの回収業者では、出張・持ち込み・宅配回収の3つの方法が用意されています。すぐに処分してもらいたいなら持ち込み、大量の不用品があり運搬が困難な場合は出張、自分のペースで処分したいなら宅配回収を選択しましょう。ただし、回収費用・運搬料・送料などがかかるため、見積書を必ず確認してから依頼してください。

2-2.無料回収業者に依頼するのは危険!?

回収業者の中には、「無料で回収します」という謳(うた)い文句で回収し、積み込んだ後で追加料金を請求するという悪質な業者が存在しています。特に、近年は無料回収業者と消費者の間でトラブルが相次いでいるので注意が必要です。「無料だから」と安易に依頼しないようにしてください。もし、どうしても無料回収業者へ依頼したいのであれば、なぜ無料で回収できるのか、その理由を確かめましょう。

2-3.条件によっては下取りも可能

シュレッダーを買い替える場合、条件によっては下取りしてもらえる可能性があります。下取り対象となるのは、電動式タイプがほとんどです。手動式は元値が安く電動式よりも中古需要が低いため、下取りを行っているところはゼロに近いでしょう。電動式タイプでも、すべての業者が下取りを行っているわけではないため、事前の確認が必要です。また、正常に稼働できる・不具合や故障していない・販売月日から経過していないものが下取り対象となります。新しいシュレッダーを購入する方だけ下取り可能ということが多いので、注意してくださいね。

2-4.業者選びのポイント

どの不用品回収業者へ依頼すべきか迷ったときは、以下のポイントに注目して選ぶといいでしょう。悪徳業者と優良業者を見極めるポイントとして、押さえておきたいポイントです。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 回収実績がある
  • 買取も行っている
  • 無料見積もり・無料相談が可能
  • 口コミや評判がいい
  • 高価買取または格安処分を行っている
  • 見積書が細かく記載されている

悪徳業者は、「今なら安く処分できますよ」「サービスするのは今だけ」など、魅力的な言葉で依頼させようとします。すぐに決めるのではなく、複数の業者を比較することも、悪徳業者と優良業者を見極めるポイントになるでしょう。

3.シュレッダーを買取へ出す方法

まだ、シュレッダーが使える状態であれば、処分ではなく買取へ出すことができます。では、どうすれば買い取ってもらえるのでしょうか。

3-1.正常に起動すれば買取してもらえる

基本的に、正常に使用できれば、買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。もちろん、状態がいいほうが買取の可能性は高まりますが、多少傷や汚れがついていても、シュレッダーとしての機能に問題なければ大丈夫です。ただし、手動式の場合は、状態がよくても買い取ってもらえない可能性があります。中古市場で需要が高い電動式のほうが、買取には有利になるでしょう。査定へ出す前は、シュレッダーの正常に作動するかチェックしてください。

3-2.買取相場は数百円~数千円

元値が高く正常に動作する電動シュレッダーは、1,000~5,000円が買取相場になるでしょう。高価買取が期待できるのは、業務用シュレッダーです。業務用シュレッダーの多くはサイズが大きく、中古需要が高いので、中には1万円程度の査定額がつくこともあります。買取額がいくらになるのか知りたい方は、無料見積もりを依頼してください。また、買取相場を知りたい場合は、買取業者やネットオークションなどをチェックするといいでしょう。売りたいシュレッダーと同じ種類を探し、いくらで売れるのか調べてみてください。

3-3.買取に出す方法は主に3つ

主な買取に出す方法は、リサイクルショップ・買取専門店・ネットオークションの3つです。それぞれのメリット・デメリットについてチェックしておきましょう。

3-3-1.とにかく売りたいなら「リサイクルショップ」

リサイクルショップは幅広いジャンルの商品を扱っているため、多少の傷や汚れがあっても買い取ってもらえる可能性があります。査定額は低くても買い取ってもらいたいなら、リサイクルショップがおすすめです。高額査定の可能性が高い買取専門店で買い取ってもらえなかった際には、近場のリサイクルショップを利用してみてはいかがでしょうか。リサイクルショップの中には、高価買取を積極的に行っているところもあれば、不用品回収をしているところもあります。

3-3-2.業務用や製造年が新しいものは「買取専門店」

買取専門店は、中古市場に詳しく買取の知識が豊富なので、価値があるものと判断されれば高価買取が期待できます。中古需要が高めの業務用や高機能なものなら、買取専門店に依頼してみるといいでしょう。ただし、買取不可になった場合は、ほかの方法で処分する手間と時間がかかるのがデメリットです。

3-3-3.落札者に左右される「ネットオークション」

ネットオークションやフリマサイトを使って売りに出すのも方法の1つです。実際に、手動式から電動式・業務用まで幅広いシュレッダーが出品されています。やはり、高額な落札額がつくのは業務用で、手動式になると数百円~1,000円が相場でしょう。ネットオークションは落札者によって左右されるため、すぐに売れるか・希望どおりの落札額がつくかどうかは分かりません。

4.シュレッダーの処分に関してよくある質問

シュレッダーの処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.粗大ゴミとして出す手順は?

A.事前の申し込みが必要なところは、ホームページ等で申し込みを済ませます。料金は地元のスーパーやコンビニ等で粗大ゴミ処理券を購入する方法が一般的です。地域指定の粗大ゴミセンターに連絡して戸別回収をしてもらうか・自分でセンターに持ち運ぶかどちらかの方法で処分します。処分費用を抑えたい方は、自分でセンターに持ち込むといいでしょう。

Q.自治体で処分する前にやったほうがいいことは?

A.必ず、コード(電池)をシュレッダー本体から外し、本体の中に紙のゴミが残っていないか確認してください。小型家電回収ボックスに入れる前も、内部のゴミを確認し、コードを取りはずしておきます。コンセントのコードは金属ゴミか不燃ゴミとして処分しましょう。電池は取りはずし、規定の分別で処分しなければなりません。

Q.中古市場で需要がある人気メーカーは?

A.業務用のシュレッダーとして人気がある明光商会・ナカバヤシ・コクヨ・フェローズ・アイリスオーヤマなどがあります。業務用と家庭用シュレッダーのどちらも幅広く扱っているナカバヤシは、5年以上前に製造されたものでも高額買取してもらえるでしょう。特に、76Lものゴミ箱を有する大型タイプは数万円の査定実績があります。

Q.高額買取のポイントは?

A.取扱説明書やコードなどの付属品を一緒にそろえて査定に出すことです。付属品の有無だけで査定額が大きく変わる可能性があります。なるべく、モデルが古くならないうちに売るのもポイントです。また、型番と年式を調べておくと、だいたいの買取額が分かるため、スピーディーでしょう。事前にキレイにしたり、事務用品をまとめて処分したりする方法もあります。

Q.買取と処分が同時に利用できるリサイクルショップは?

A.リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターです。不用品の出張買取だけでなく、処分やゴミの回収なども行っています。産業廃棄物の収集運搬も可能です。また、オフィス家具・事務用品の買取も積極的に行っています。オフィスの移転などでシュレッダーを処分する際は、ほかの事務用品もまとめて処分可能です。無料相談や無料見積もりを受けつけているので、ぜひ1度ご相談ください。

まとめ

シュレッダーは自治体回収・リサイクルショップ等での買取という形で処分できます。自治体で処分する場合は、不燃ゴミ・粗大ゴミまたは小型家電として回収ボックスに投かんすることになるでしょう。処分方法やゴミの分類は自治体によって異なるため、事前の確認が必要です。ただし、状態がよく、シュレッダーとして正常に作動するなら、買取という選択肢もあります。リサイクルショップの中には、買取と処分が同時にできるところもあるので、ぜひチェックしてください。