遺品をもらうときの注意点は? トラブルを防ぐためのポイントを解説!


「親族から遺品をもらうことになっているが、どんな注意点があるのだろう」「遺品をもらうときによくあるトラブルを知りたい」とお考えではありませんか? せっかく遺品をもらっても、後日トラブルになるのでは困りますよね。思わぬトラブルを避けるためにも、まずは、遺品をもらうときにどんな点に注意するべきか知っておくことが必要です。

そこで今回は、遺品をもらうときの注意点について詳しく解説します。

  1. 遺品でもらうものにはどんなものがある?
  2. 遺品をもらうときに注意が必要なものは?
  3. 遺品をもらうときに起こりやすいトラブル
  4. 遺品をもらうときにトラブルを避ける方法
  5. 遺品をもらうときの注意点に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品をもらうときのポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.遺品でもらうものにはどんなものがある?

最初に、遺品としてもらうものでよくあるものについて見ていきましょう。

1-1.貴金属類

遺品として貴金属類をもらうことが多く見られます。貴金属類は、一定の価値があるだけでなく、保管に適しているという点でも遺品として最適だからです。女性の場合は指輪やネックレスといったアクセサリー類、男性の場合は腕時計などをもらうのが一般的でしょう。貴金属類は、売却しやすいことからも人気が高い遺品といえます。

1-2.洋服・着物

故人の洋服や着物を遺品としてもらう人も多いでしょう。特に上質で傷みが少ないものが遺品として選ばれます。ただし、故人が高齢の場合、若い人が遺品としてもらうと趣味が合わないことが多いのがデメリットです。また、着物をもらっても着る機会がなく、結局タンスにしまったままになる例も見られます。

1-3.骨とう品

絵画や掛け軸・絵皿などの骨とう品を遺品としてもらうこともあるでしょう。特に、故人がコレクターだった場合は、価値が高いとされるものをもらう可能性があります。ただし、高価なものとしてもらい受けたものの、鑑定に出した結果、粗悪品と分かることもあるので注意してください。

1-4.有名ブランド品

有名ブランド品も、遺品としてもらうことが多いでしょう。特に、知名度が高いブランド品は人気です。バッグや財布などの実用性が高くて状態が良いものは、争奪戦になることもあるでしょう。有名ブランド品は、古くてもアンティークものとしての評価が高いものがあり、思わぬ高値で売却できる可能性もあります。

1-5.故人の愛用品

金銭価値が高くなくても、故人の愛用品を遺品としてもらうこともあります。たとえば、万年筆やメガネなど、故人が日常的に愛用していた品を遺品として欲しがる人もいるでしょう。親族以外でも、故人と親しい間い柄だった人に渡す場合にも向きます。遺品を目にするだけで故人を思い出すことができるので、本当の意味でよい供養になるでしょう。

2.遺品をもらうときに注意が必要なものは?

遺品をもらうとき、特に注意すべきものを詳しくご紹介します。

2-1.金銭価値が高いもの

金銭価値が高いものを遺品としてもらうときには、注意が必要です。貴金属類や高級ブランド品・骨とう品などで金銭価値が高いものをもらった後で売却する場合は譲渡所得となり、課税対象になることがあります。具体的には、売却して得た利益が30万円以上になるケースです。確定申告をきちんと行い、納税してください。確定申告せずに放置すると、発覚時に脱税容疑がかけられてしまいます。

2-2.法律違反となるもの

遺品としてもらいたくても、法律違反になるものは受け取ることができません。たとえば、日本刀・軍用拳銃などはいわゆる銃刀法違反になる恐れがあります。法律を知らずに遺品として受け取っても、罪に問われることがあるので注意しましょう。そのほかにも、法律違反になるか心配なものがあるときは、なるべく早く警察に相談してください。

2-3.故人が孤独死した場合

故人が孤独死した場合に遺品をもらう場合は、消毒や洗浄が済んでいるか注意する必要があります。たとえば、洋服や着物などを遺品としてもらった場合、見えない部分が体液などで汚れている可能性もあるでしょう。そのほかの遺品も、きちんと消毒・洗浄してあるか、確認してから受け取ってください。

3.遺品をもらうときに起こりやすいトラブル

遺品をもらうときに起こりやすいトラブルにはどんなものがあるか、具体的にご紹介します。

3-1.特定の遺品に人気が集中する

親族の間で特定の遺品に人気が集中してしまい、話がまとまらないことがあります。資産価値が高いものや使い勝手がよいものは、多くの人が欲しがるものです。話がまとまらないときは、故人に近い立場の人を優先して選んでもらうとよいでしょう。故人の子どもたちや配偶者を優先し、次に兄弟姉妹や孫、といった順番で決めてもらうと大きなトラブルにならずに済みます。

3-2.遺品を勝手に持ち出す人がいる

遺品を勝手に持ち出す人がいるのも、よくあるトラブルです。親族一同が集まった席で遺品をもらおうとしても、いつの間にか遺品を持ち出されてしまうので困ります。遺品を勝手に持ち出す人がいると、公平性を保つことができません。本来なら自分がもらうはずの遺品を持ち出されてしまうこともあるので、他人ごとともいえないでしょう。

3-3.故人との口約束があると言い張る人がいる

遺品をもらうことについて、故人との口約束があると言い張る人がいるのもよくあるパターンです。故人と生前に約束したとし、特定の遺品をもらう権利は自分にあると主張します。しかし、遺言書やエンディングノートに遺品を渡すことについて記載がなければ、証明は難しいでしょう。言った・言わないのレベルなので、話がこじれやすいケースです。

3-4.まったく知らない人から遺品を欲しいと言われる

まったく知らない人から遺品を欲しいと言われることもあります、遺品は、親族や故人と生前親しいことが分かっている人に分配されるのが基本です。しかし、故人と生前交友があったか確認できない人がいきなり現れると、遺族としても困ってしまいます。本当に親しかった人なら遺品を分けてもよいのですが、中にはなりすましも多いので十分に注意することが必要です。

3-5.遺品を無理やり押し付けられた

遺品を無理やり押し付けられてトラブルに発展することもあるので、気を付けましょう。最近では、近い親族でも遺品を欲しがらない人も増えています。主な理由は、もらっても使わない、趣味に合わないなどです。特に、使用感のあるものは、使うのも気が引けるほか、買取に出すこともできずに困ってしまいます。しかし、遺品の受け取りを拒否すると遺族との間にわだかまりが残ることもあるので注意してください。

4.遺品をもらうときにトラブルを避ける方法

遺品をもらうときにトラブルを避ける方法を詳しく見ていきましょう。

4-1.主な遺品をリスト化しておく

主な遺品をリスト化しておくと、便利です。遺品を分配することを決めたら、なるべく早くリスト化しておきましょう。どんな遺品があるのか分かりやすく、持ち去られたり紛失したりしたときに分かりやすくなります。また、実際に遺品を分配するときにも効率よく進めることができるのでおすすめです。

4-2.親族がそろったタイミングで分配する

遺品の分配は、親族がそろったタイミングで行いましょう。自分だけ呼ばれなかった、という人が出ないように気を付けてください。特に、口うるさい人が欠席していると、後からいろいろと不満が出やすくなります。公平を保つためにも、法事の後などで遺品を分配すべき人がそろったタイミングで行うほうがよいでしょう。

4-3.親族一同の了承を得る

遺品をもらうときにトラブルを避けるには、親族一同の了承を得ることをおすすめします。親族一同の了承を得ておけば、後で文句を言われることもありません。ポイントは、文書で残しておくことです。たとえば、どんな遺品を誰に分配したかリスト化し、すべての人にサインをもらっておくよいでしょう。

5.遺品をもらうときの注意点に関するよくある質問

最後に、遺品をもらうときの注意点に関する質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.親族が遺品をもらうのは義務?

A.いいえ。遺品をもらうのは義務ではないので、受け取りを拒否しても構いません。ただし、遺族の間で感情的なトラブルが起きやすいので注意しましょう。

Q.もらった遺品が気に入らなかったら処分してもよい?

A.構いません。遺品をもらっても、ずっと持ち続ける義務はないからです。故人を思い出し、感謝の言葉を発してから処分するとよいでしょう。

Q.遺品をもらうことができるのはいつまで?

A.特に決まりはありません。49日法要が終わったタイミングで遺品をもらう人が多いものの、遺族が了承すればいつでももらうことができます。

Q.相続放棄をする場合は遺品ももらえない?

A.はい。相続放棄をする場合は、基本的に遺品をもらうこともできません。ただし、故人の写真など金銭価値がないものを、思い出の品として受け取ることは可能です。

Q.遺品整理はどんな業者に依頼すべきか?

A.以下を参考にして選ぶと間違いありません。

  • 遺品整理の実績が豊富にある
  • 回収後の遺品はできるだけ再資源化して有効活用している
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 遺品の買取も行っている
  • スタッフが礼儀正しくて親切
  • 顧客からの評判がよい
  • 古物商など業務に必要な許可を取得済み

なお、当リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでも、遺品整理を数多くお受けしてご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

今回は、遺品をもらうときの注意点について詳しく解説しました。遺品の中には、金銭価値の高いものや法律違反になるものもあるので、もらうときに注意が必要です。なお、遺品をもらうときにトラブルを避けるには、主な遺品をリストアップしておく、親族がそろった場所でもらうなど、いくつかのポイントがあります。遺品をもらう際は、この記事を参考にして後々までわだかまりが残らないように気を付けましょう。