さいたま市で自転車を処分する方法は? 処分前の注意点や買取方法も


「さいたま市で自転車を処分するにはどうすればいいのか」「処分前にすべきことはあるのか?」など、自転車の処分で悩んでいる方は多いでしょう。自転車の処分方法はお住まいの地域によって変わることもあるので注意しなければなりません。本記事では、さいたま市で自転車を処分する方法や注意点・買取に出すコツなどを解説します。

  1. さいたま市で自転車は何ゴミになるのか?
  2. 自治体の粗大ゴミ回収で処分する方法
  3. 不用品回収業者に依頼する方法
  4. まだ使える自転車は買取に出せるのか?
  5. 自転車の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、自転車をさいたま市で処分する方法などが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.さいたま市で自転車は何ゴミになるのか?

最初に、さいたま市で自転車は何ゴミになるのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.自転車は粗大ゴミ

さいたま市の場合、自転車は粗大ゴミ扱いとなります。自治体によって粗大ゴミの定義は異なりますが、さいたま市では家庭から出るゴミのうち一辺の長さまたは直径が90cm以上2m未満のゴミが粗大ゴミです。自転車はその大きさに当てはまるため、粗大ゴミでの処分となります。粗大ゴミに分類されるものは、通常利用している収集所では回収してもらえないものです。事前の申し込みが必要になったり、回収場所が決まっていたりするので十分に注意してください。きちんと処分方法とルールを確認してから、自転車を捨てましょう。

1-2.処分前に防犯登録の抹消手続きが必要

自転車を処分する前に、必ず防犯登録の抹消手続きを済ませておかなければなりません。特に、欲しがっている人に譲ったり、リサイクルされてほかの人へ渡ったりする場合は、防犯登録の抹消手続きが必要です。粗大ゴミとして出す場合も収集前に盗まれる可能性があるため、手続きを怠ってはいけません。なお、防犯登録の抹消手続きは、都道府県によって詳細が異なります。埼玉県の自転車防犯協会ホームページを確認してから手続きを行いましょう。

2.自治体の粗大ゴミ回収で処分する方法

ここでは、自治体の粗大ゴミ回収で処分する方法を解説します。

2-1.戸別収集の場合

一般的な粗大ゴミの処分方法としては、戸別収集があります。戸別収集は、回収指定場所に粗大ゴミを持ち運び回収してもらう方法です。主な流れは以下のとおりとなります。

  1. 粗大ゴミの高さ・横幅・奥行きを測る
  2. 粗大ゴミ受付センター(電話番号:048-840-5300)に電話して申し込みをする
  3. さいたま市粗大ゴミ処理手数料納付券(シール)を近くのコンビニまたはスーパーなどで購入する
  4. 粗大ゴミの分かりやすいところに納付券を貼る
  5. 指定日当日に回収指定場所へ持っていく

なお、粗大ゴミ受付センターでの受付時間は月曜から金曜日の8時30分~17時まで可能です。当日のキャンセルは受け付けていないのでキャンセルをしたい場合は、3営業日前までに連絡をしてください。申込時には、ゴミの種類とサイズ・個数・電話番号・氏名・住所を伝えることになります。

2-2.直接持ち込むことも可能

さいたま市の場合、粗大ゴミを含めた不用品を直接処理施設へ持ち込むこともできます。戸別収集と同じで持ち込みは予約制となっているので事前の申し込みが必要です。主な流れは以下を参考にしてください。

  1. ゴミ持ち込み予約コールセンター(電話番号:050-3033-8229)に電話して申し込みをする
  2. 市内にある4つのゴミ処理施設に粗大ゴミを持ち込む
  3. 必要な処理手数料を現金で支払う

戸別収集よりも比較的手短に手続きを済ませることができるでしょう。ゴミ持ち込み予約コールセンターの受付時間は月曜から金曜日の8時半~17時までとなっています。なお、さいたま市のゴミ処理施設は以下の4箇所です。

  • 西部環境センター(西区宝来52-1):電話番号 048-623-4100
  • 東部環境センター(見沼区膝子626-1):電話番号 048-684-3802
  • クリーンセンター大崎(緑区大崎317):電話番号 048-878-0989
  • 桜環境センター(桜区新開4-2-1):電話番号 048-710-6010

3.不用品回収業者に依頼する方法

ここでは、不用品回収業者に自転車の処分を依頼する方法を解説します。

3-1.大量の不用品でもすぐに処分できる

不用品回収業者の多くは、さまざまな不用品の回収を行っています。たとえ、自転車以外にも処分したいものがたくさんあったとしても、すぐに回収してもらえるのが大きな魅力といえるでしょう。大量の不用品を処分する場合、自治体回収として捨てると自分たちで分類したり運んだりしなければなりません。けれども、不用品回収業者に依頼すれば、ゴミを分別する必要もなければ運ぶ手間もかからないのです。自転車を運ぶのは結構困難な作業になるため、自治体で処分するのが不安な方は回収業者に依頼することをおすすめします。

3-2.自治体で処分できないものも回収してもらえる

不用品回収業者に依頼するメリットは、自治体で処分できないものでも回収してもらえることです。自転車は自治体で処分できますが、家電リサイクル法の対象品目となっているテレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機は自治体回収ができません。自転車以外にも家電リサイクル法の対象品目を処分したい場合、なかなか思うようにいかないのが現状です。そんなときこそ、不用品回収業者への依頼をおすすめします。さまざまなジャンルの不用品を扱っているため、家電リサイクル法の対象品目でも回収が可能です。自治体で処分できないものも回収できるのは、不用品回収業者の大きな魅力といえるでしょう。

3-3.見積書の内容は要チェック!

不用品回収業者に依頼すると高額な費用がかかるのでは……と不安になっている方が多いでしょう。あくまで目安となりますが、不用品1点あたり約3,000~5,000円が回収費用となります。ただし、ソファーやテーブルといった大型家具や家電はもっとかかる可能性もあるので要注意です。念のため、正式に回収を依頼する前に見積書の内容をしっかりと確認しておきましょう。どの不用品にいくらの回収費用がかかるのか、細部まで確認することが大切です。また、追加費用が発生するケースもチェックしておきたいポイントとなります。

3-4.回収業者選びのポイント

どの不用品回収業者に依頼すればいいのか分からない……と悩んでいる方は、以下のポイントを踏まえた上で複数の業者を比較することをおすすめします。複数の業者を比較することで、回収費用の目安が分かりますし、業者ごとの特徴も理解できるでしょう。それでは、業者選びのポイントをチェックしていきたいと思います。

  • 古物商や産業廃棄物収集運搬の許可を取得しているか
  • 不用品の回収だけでなく買取も行っているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 口コミや評判がいいか
  • 格安回収と高価買取が期待できるか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか

不用品回収と買取を行っている埼玉出張買取コールセンターでは、無料相談と無料見積もりを受け付けています。自転車の処分でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

4.まだ使える自転車は買取に出せるのか?

ここでは、自転車を買い取りに出す方法とポイントを解説します。

4-1.まだ使える自転車は買い取ってもらえる

まだ乗ることができるのに捨てるのはもったいない……と悩んでいる方は、買取も検討してみてはいかがでしょうか。一般的に、まだ正常に使うことができる自転車であれば、買い取ってもらえる可能性があります。査定を依頼する前に、問題なく走ることができるのか・ブレーキがきちんと利くかどうかなど、自転車の状態をチェックしてください。

4-2.ロードバイクやマウンテンバイクは高価買取が期待できる

どんな自転車が高く売れるのか気になっていると思いますが、高価買取が期待できるのはロードバイクやマウンテンバイクなどです。最近は、自転車がブームになっていることもあり、元値が高いロードバイク系は中古市場でも需要があります。中古市場でも需要がある自転車は、高価買取が期待できるので買取実績のある業者に査定を依頼するといいでしょう。逆に、数千円で購入できるママチャリなどは、買い取ってもらえないか、査定額が大幅に低くなる可能性があります。

4-3.買取専門店やリサイクルショップに依頼する

主な買取先としては、買取専門店やリサイクルショップがあります。できるだけ高く売りたい方は、自転車の買取を中心に行っている専門店に依頼するといいでしょう。買取専門店は中古市場の需要を把握しているため、価値が高い自転車は高く売れる可能性があります。逆に、価値があまりないものは買い取ってもらえない可能性が高いので、買取品目の多いリサイクルショップに依頼するといいでしょう。

4-4.買取サービスを行っている回収業者に依頼する

買取サービスを行っている不用品回収業者に依頼する方法もあります。不用品の回収と買取を同時に行っている回収業者に依頼すれば、たとえ買取不可になったとしても回収してもらえるので安心です。また、自転車以外にも大量の不用品を処分する場合、買い取ってもらえるものが出てくる可能性もあります。買い取ってもらえるものが多いほど、処分費用を抑えることができるでしょう。

5.自転車の処分に関してよくある質問

自転車の処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.防犯登録の抹消手続きに必要なものは?

A.自転車本体のほか、身分証明書と防犯登録カードが必要となります。ただし、防犯登録カードに関しては、防犯登録をする際にもらえるものなので中には失くしてしまっている方が多いかもしれません。その場合は、自転車を所有していることが証明できる書類を用意してください。たとえば、購入時の領収書や自転車本体の保証書などが当てはまります。

Q.直接ゴミ処理施設へ持ち込む際の注意点は?

A.定休日が日曜日、年始(1月1日~1月3日)は受付をしていないので気をつけてください。また、持ち込み時間も8時30分~正午、13時~16時30分までと決まっています。土曜日は8時30分から正午までだけなので、ゴミを直接持ち込む際にも注意が必要です。さらに、直接処理施設へ持ち込む場合、キログラム数によって処分費用が異なるでしょう。詳細は、さいたま市のホームページで確認してください。

Q.分解すれば不燃ゴミとして捨てられるのではないか?

A.自転車を自分で分解すれば、確かに粗大ゴミではなく不燃ゴミとして処分できます。けれども、自転車を分解するのはとても難しく、危険性も伴うのでおすすめしません。無理に分解してしまうと、ケガをする恐れもあります。処分費用を抑えたいからと無理をせずに、自分にとって安全に処分できる方法を選んでくださいね。

Q.自転車を高く売るコツは?

A.なるべく自転車を高く売りたい方は、査定を依頼する前に掃除しましょう。見た目がきれいになるだけでも印象がよくなりますし、査定額がアップする可能性もあります。また、保証書や取扱説明書など、購入時についてきたものも一式そろえることが大切なポイントです。また、カスタマイズしてあると査定額が低くなってしまうこともあります。なるべく、購入時の状態のままで売却することが高価買取の大切なポイントです。

Q.無料回収業者に依頼するのは危険か?

A.無料回収業者は悪徳業者の可能性が高いので気をつけてください。無料といっているのにもかかわらず、回収後に費用を請求してきたり、回収したものを不法投棄したりする可能性があります。無料回収業者に依頼するよりも、きちんと適切な料金で処分してくれる業者のほうが安心です。

まとめ

さいたま市で自転車を処分する場合、粗大ゴミの扱いとなります。自治体回収で処分する方法は、戸別収集とゴミ処理施設へ直接持ち運ぶ方法の2つです。それぞれ手順が異なるため、自治体のホームページでチェックしておきましょう。自治体以外の方法としては、不用品回収業者に依頼する方法もあります。中には、買取サービスを行っているところがあるので、自転車を買い取ってもらえる可能性があるかもしれません。一度、査定を依頼してみてはいかがでしょうか。