骨董品を買取に出したい人必見! 買取相場や買取業者の選び方も紹介


「骨董品を買取に出したいがどのくらい価値があるのか?」とお考えではありませんか? 骨董品の置き場所に困って処分を検討することもあると思います。しかし、中には価値の高い骨董品も存在している可能性があるため、処分する前に査定を依頼してみるのがおすすめです。

この記事では、骨董品を買取に出す方法について詳しくご紹介しましょう。

  1. 骨董品とは?
  2. 価値がある骨董品の見分け方
  3. 骨董品の買取相場をチェック
  4. 骨董品の買取業者を選ぶポイント つ
  5. 骨董品を買取に出す際の注意点
  6. 骨董品の買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、骨董品の種類や買取に出すときやるべきことなどが分かるはずです。

1.骨董品とは?

まずは、骨董品について詳しく解説します。

1-1.100年以上前の工芸品や美術品

100年以上前に製造された工芸品や美術品のことを「骨董品」と定義しています。ただし、「100年以上前」というその定義には不明確な点も多く、日本では数十年前に作られたものも含めて骨董品と呼ぶのが一般的です。特に、戦前に作られたものは高く評価されることが多くなっています。

1-2.具体的な種類は?

骨董品といえば絵画や陶器・掛け軸などをイメージする人が多いと思います。そのほか、茶道具や食器・花びん・刀剣なども骨董品です。古いものは処分する前にその価値を確認してみるとよいでしょう。

2.価値がある骨董品の見分け方

価値のある骨董品を見分けるポイントをご紹介しましょう。

2-1.著名な作家の作品か

著名な作家の作品は高い価値があります。特に、江戸~明治時代の名工が作った作品は知名度が高く、高額買取が期待できるでしょう。作家物は今でいうブランド物と同じ意味があるため、作家の知名度が査定に大きく影響します。

2-2.希少性があるか

希少性がある骨董品ほど価値は高くなります。流通していた数が少ないほど、手に入りにくいためです。古ければ古いほど希少性の高い骨董品が多いため、いつの時代に生産されたものなのか調べてみるとよいでしょう。

2-3.価値のある素材を使用しているか

使用している素材も、骨董品の価値に関係してきます。たとえば、象牙や翡翠・金銀製品で作られた骨董品は価値が高いといわれているのです。部分的に高級な素材が使われている場合でも評価されます。

3.骨董品の買取相場をチェック

骨董品の買取相場について種類ごとにまとめました。

3-1.絵画

絵画の買取相場は20,000円前後といわれています。有名な画家の作品であればジャンルを問わず高額買取が期待できるでしょう。作家が無名の場合や修復した跡があるものなどは高価買取の対象にはなりません。

3-2.陶磁器

陶磁器は有名作家のものが多いので30,000~50,000円前後の高値がつきやすいのが特徴です。しかし、流通量が多いため希少性の低いものは5,000円程度の買取価格になることもあります。

3-3.茶道具

茶道具の買取相場は1,000~40,000円前後です。単品だと買取金額は安めですが、さまざまな種類の茶道具がそろっていると高額買取が期待できるでしょう。

4.骨董品の買取業者を選ぶポイント3つ

骨董品を買取に出すにあたって、買取業者選びのポイントを知っておくとよいでしょう。

4-1.骨董品の買取実績を確認する

骨董品の買取実績が豊富な業者を選びましょう。買取実績が多ければ、目利きの力がある鑑定士が在籍している可能性が高くなります。商品の価値や市場の需要をしっかり理解しているはずなので安心して任せられるでしょう。

4-2.古物商の許可を取得しているか

骨董品などの古物を買取する業者は、古物商許可を取得している必要があります。無許可で営業することは違法行為です。許可の有無は業者のホームページに記載されている場合が多いため、必ず事前にチェックしてください。

4-3.買取不可のものを回収してくれるか

骨董品が買取不可になった場合、回収という形で引き取ってくれる業者を選ぶのがおすすめです。新たな処分方法を検討する必要がないため、手間をかけずに済みます。リサイクルショップ埼玉出張買取センターでは不用品の高価買取と格安回収を行っているため、チェックしてみるとよいでしょう。

5.骨董品を買取に出す際の注意点

骨董品を買取に出すにあたって知っておきたい注意点をまとめました。

5-1.複数の買取業者を比較して選ぶ

買取凝視やは1社に絞らず、複数の業者を比較して選ぶようにしましょう。大まかな相場を把握しておく必要があります。最低でも3社以上に無料査定を依頼し、内容を比較してみてください。

5-2.高く売るポイントを知っておく

査定前に、骨董品のホコリや汚れなどは取り除いてきれいな状態にしておきましょう。長期間保存されていた骨董品はカビが生えている可能性もあるため、必ずチェックしてください。また、鑑定書や木箱などの付属品はすべてそろえて買取に出すのが高価買取のポイントです。

5-3.悪徳業者に注意する

悪質な買取業者の存在には注意が必要です。高額な骨董品を相場より安く買い取られた例や、依頼していないものまで強引に買取されそうになった例なども報告されています。特に、飛び込み営業で突然訪問してくる業者には悪徳業者が多いので利用しないようにしましょう。

6.骨董品の買取に関するよくある質問

「骨董品を買取に出したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.骨董品の正しい保存方法を教えてください。

A.湿気が少なく風通しのよい場所に保管しましょう。直射日光が当たらないよう注意してください。

Q.骨董品の買取方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

A.業者によって異なりますが、持ち込み買取・出張買取・宅配買取などの方法があります。骨董品の場合は移動時に衝撃を受けるのが心配なため、宅配買取は避けたほうがよいでしょう。

Q.骨董品を買取に出す前にしっかり掃除したほうがよいですか?

A.薬剤や洗剤を使った掃除は素材を傷める危険があるのでおすすめできません。軽くホコリを払う程度の掃除でよいでしょう。

Q.骨董品の価値が変化することもありますか?

A.はい。需要によって変動するため、無料査定で確認してから買取に出すのがおすすめです。

Q.悪質な買取業者とのトラブルはどこに相談できますか?

A.国民生活センターに窓口があるので相談するとよいでしょう。

まとめ

骨董品の価値や買取相場・買取業者の選び方などを詳しくご紹介しました。骨董品は買取に出して処分するのがおすすめです。どんな骨董品が高く売れるのか・どこに依頼すればよいのかなど、ぜひ参考にしてください。