春日部市で冷蔵庫を処分する方法は? 注意点や不用品回収業者に依頼するコツ


春日部市では冷蔵庫が何ゴミになっているのか、そもそも自治体回収で捨てることはできるのかなど、冷蔵庫の処分で頭を抱えている方は多いでしょう。冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目になっているため、自治体で処分できません。では、どのように処分すればいいのでしょうか。

本記事では、冷蔵庫を処分する方法や注意点などを解説します。

  1. 春日部市で冷蔵庫を捨てるには?
  2. 家電リサイクル法に則った処分方法
  3. 不用品回収業者に依頼する方法
  4. まだ使える冷蔵庫は買取に出せることも
  5. 冷蔵庫の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、不用品回収業者に依頼する方法や買取に出すコツなども分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.春日部市で冷蔵庫を捨てるには?

まずは、春日部市で冷蔵庫を捨てる方法をチェックしておきましょう。

1-1.自治体回収で処分できない

最初に、冷蔵庫は自治体回収で処分できないことを知っておかなければなりません。冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目になっており、メーカーによる回収とリサイクルが義務付けられているからです。冷蔵庫のほかにも洗濯機(衣類乾燥機)・テレビ・エアコンが対象品目となっています。これらの家電には貴重な資源が含まれているので、それらの資源をリサイクルすること、そして廃棄料を減らすことが家電リサイクル法の目的です。間違ってゴミ捨て場に捨ててしまうと不法投棄とみなされてしまう可能性があるため、法に基づいて正しく処分しなければなりません。

1-2.冷蔵庫の処分はリサイクル料金がかかる

冷蔵庫といった家電リサイクル法の対象品目は、処分にリサイクル料金が発生します。冷蔵庫の大きさやメーカーによって料金が異なる場合があるため、家電リサイクル券センターのホームページで確認してください。あくまで目安となりますが、冷蔵庫のリサイクル料金は以下のとおりとなります。

  • 内容積170L以下:3,740円
  • 内容積171L以上:4,730円

2.家電リサイクル法に則った処分方法

ここでは、家電リサイクル法に則(のっと)った処分方法を解説します。

2-1.購入した店に引き取りを依頼する

処分したい冷蔵庫を購入した店が分かる場合、その店に引き取りを依頼しましょう。家電リサイクル法に基づき、家電を扱っている小売店は引き取りの義務が生じます。ほとんどの店舗で家電リサイクル法の対象品目を引き取っているので、依頼しましょう。購入した店が分からない場合は、近場の小売店でも構いません。また、新しい冷蔵庫を購入する場合、購入する店に引き取ってもらう方法もあります。購入と処分が同時にできるため、スムーズに買い換えができるでしょう。ただし、小売店に引き取りを依頼する場合、リサイクル料金のほかに運搬費用がかかる可能性もあります。事前にいくらぐらいかかるのか確認しておきましょう。

2-2.郵便局でリサイクル料金を支払う

近くに小売店がなかったり、買い換えの予定もなかったりする場合は、郵便局でリサイクル料金を支払い、自分で指定引取所まで運ぶか、許可業者に収集・運搬を依頼することになります。リサイクル料金は郵便局に備えられている振込書(家電リサイクル券)を利用してください。大まかな手順としては以下のとおりです。

  1. 郵便局に行き、振込書に必要事項を記入する
  2. リサイクル料金を窓口などで支払う
  3. 振替振込受付証明書を受け取る

2-3.許可業者に依頼する・指定引取場所へ直接搬入する

郵便局でリサイクル料金を支払ったら、許可業者に依頼するか、指定引取場所へ直接搬入してください。自分で冷蔵庫を運ぶことができるのであれば、下記の指定引取場所で直接搬入が可能です。

  • 日通埼玉運輸 株式会社 岩槻取扱所:住所 さいたま市岩槻区上野5丁目2-19/電話番号 048-796-0846
  • SBS即配サポート 株式会社 岩槻デポ:住所 さいたま市岩槻区馬込1529-1/電話番号 048-748-5304

受付時間など詳細に関しては、それぞれの搬入先に問い合わせて確認してください。なお、自分で運ぶことができない場合は、許可業者に依頼するという選択肢もあります。許可業者に関しては、春日部市のホームページで確認できるのでチェックしておきましょう。

3.不用品回収業者に依頼する方法

ここでは、不用品回収業者に依頼する方法とポイントを解説します。

3-1.自治体で処分できないものも回収してもらえる

自治体以外の処分方法としては、不用品回収業者に依頼する方法があります。不用品回収業者はほとんどの不用品を扱っているため、冷蔵庫といった家電リサイクル法の対象品目も回収が可能です。そのほか、危険物や生き物でない限り、自治体で処分できないものも回収してもらうことができます。自治体での処分は何かと手間がかかったり手続きが必要だったりするので、手早く処分したいという方にはおすすめの方法といえるでしょう。冷蔵庫以外にも処分したいものがあれば、まとめて処分できるのも不用品回収業者のメリットです。

3-2.出張回収を利用しよう

不用品回収業者によって回収方法は異なりますが、主に、宅配回収・出張回収・持ち込み回収の3つがあります。冷蔵庫は重量があるので自分で運ぶのは非常に困難です。不用品回収業者のほとんどは出張回収を行っているので、プロの作業員に搬出・運搬を頼みましょう。不用品回収業者に依頼すると回収費用と併せて搬出・運搬費用がかかりますが、自分で運び出すよりも安心して任せることができます。費用を節約しようと無理に運んでしまえば、大事故につながる恐れがあるので無理なく依頼するのがベストです。

3-3.不用品回収の費用は約5,000円~

あくまで目安となりますが、冷蔵庫の場合、回収費用に約5,000円~かかるでしょう。冷蔵庫は大型家電となるため、ほかの不用品回収よりも割高となります。1人暮らし用の容量が小さめな冷蔵庫なら費用は最小限に抑えることもできますが、ファミリー向けの大容量になると搬出や運搬も困難な作業になるので費用が高くなってしまうでしょう。また、回収費用に加えて搬出・運搬費用が数千円かかる可能性もあります。後でトラブルにならないように、事前に見積書の内容や追加費用が発生するケースなどを確認することが大切です。

3-4.悪徳業者に要注意!

不用品回収業者の中には、不正を働く悪徳業者が存在しています。たとえば、見積書に記載されていなかった追加費用を請求したり、回収した不用品を不法投棄したりするなどです。たとえ、不用品回収業者に回収してもらったものでも不法投棄されると、その罪は不用品の持ち主にあります。悪徳業者は何かと言い訳をして罪を逃れる可能性があるため、優良業者と悪徳業者を見極める目を持っておかなければなりません。少しでも疑問を感じる不用品回収業者には依頼しないようにしましょう。

4.まだ使える冷蔵庫は買取に出せることも

ここでは、まだ使える冷蔵庫を買取に出す方法について解説します。

4-1.正常に稼働するかがポイント

冷蔵庫は多くの家庭で必要としている家電ですので、中古市場における需要は十分にあります。けれども、すべての冷蔵庫が買取対象になるわけではありません。基本的に、正常に稼働できるかどうかが査定の大切なポイントになるでしょう。完全に壊れていて作動しなかったり、不具合が起きていたりしている冷蔵庫は買取不可となります。問題なく使えるか、稼働に不具合が発生していないか最初に調べられることになるでしょう。スムーズに査定を進めるためにも、事前に自分で冷蔵庫の稼働をチェックしておいてください。

4-2.買取相場は約5,000~数万円

冷蔵庫を買取に出す場合、買取相場が一体どのくらいになるのか気になる方は多いでしょう。一般的に、買取相場は発売年月からどのくらい経過しているのか型番によって異なります。たとえば、ファミリーサイズの冷蔵庫は1年落ちで約1万~5万円の買取相場となっていますが、3年落ちになると約5,000~3万円、5年落ちだと15,000円程度と査定額が下がりがちです。製造年月日のほかにも、状態やメーカー・容量などが査定のポイントとなります。具体的な査定額を知りたい方は、複数の買取業者に無料査定を依頼するといいでしょう。

4-3.買取専門業者・リサイクルショップに依頼する

主な買取先としては、買取専門業者やリサイクルショップがあります。前述したように、冷蔵庫は中古市場で需要がある家電ですので、多くの買取店が査定に積極的でしょう。稼働に問題がなければ買い取ってもらえますが、何十年も使っているものや型番が古い冷蔵庫は買取不可になる可能性があります。特に、買取専門業者は査定が厳しめな傾向があるため、使用感のある冷蔵庫は買取不可になりやすいのです。買取専門業者で買い取ってもらえなかった場合は、リサイクルショップに依頼するのも選択肢の1つでしょう。

4-4.不用品回収業者の買取サービスも

不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところがあります。回収と買取が同時にできれば、たとえ買取不可になったとしても回収してもらうことができるので、わざわざほかの業者を探す手間と時間が省けるでしょう。また、冷蔵庫以外に処分したい不用品があれば、まとめて買取に出すこともできます。自分が不用品と思っているものでも買い取ってもらえるケースがあるため、一度査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

5.冷蔵庫の処分に関してよくある質問

冷蔵庫の処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.処分方法が分からないときのお問い合わせ先は?

A.春日部市のリサイクル推進課 リサイクル推進担当に問い合わせてください。電話なら048-736-1111です。どのような手続きをすればいいのか、どこに行けばいいのかなど詳しく教えてくれるでしょう。分からないことをそのままにするよりもきちんと確認してから行動したほうが安心できます。

Q.冷蔵庫が高く売れる時期は?

A.春の引っ越しシーズンです。入学・入社・転勤などで引っ越しをする人が多くなるため、冷蔵庫の需要が高まります。買取専門業者やリサイクルショップも、冷蔵庫といった日用家電を積極的に買い取るでしょう。通常よりも査定額が高くなる可能性もあります。また、6月から7月にかけての夏前シーズンも冷蔵庫が高く売れる時期です。夏前は冷蔵庫が故障したり不具合が出たりすることが多く、買い換えが増える時期となっています。そのため、中古市場における需要も高まるでしょう。

Q.冷蔵庫を高く売るコツは?

A.大切なのは、きれいに掃除することです。冷蔵庫は食品を入れておくところなので、家電の中でも衛生的な環境が必要とされています。外側はもちろんのこと、内側もしっかりと掃除をしてきれいにしておくといいでしょう。冷蔵庫内がにおっているのであれば、脱臭剤を利用してできる限り除去しておいてください。また、保証書や取扱説明書といった付属品も全部そろえておくと高価買取が期待できます。

Q.無料回収業者は安全か?

A.無料回収業者は、無料と謳(うた)って回収費用を請求する恐れがあるので注意したほうがいいでしょう。実際に、「無料回収業者に依頼したけど回収後に料金を請求された」というトラブルが相次いでいます。無料回収業者とのトラブルを未然に防ぐためには、きちんと費用を支払って正しく処分してくれる業者に依頼したほうがいいでしょう。

Q.不用品回収業者選びのポイントは?

A.どの不用品回収業者に依頼すればいいのか悩んでいる方は、以下のポイントに注目してください。

  • 不用品の回収実績があるか
  • 回収だけでなく買取サービスも行っているか
  • 無料査定や無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 口コミや評判がいいか

埼玉出張買取コールセンターでは、不用品の回収と買取を行っています。無料相談も受け付けているので、お悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。

まとめ

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目になっているため、自治体での処分ができません。購入した店に引き取りを依頼するか、郵便局でリサイクル料金を支払って直接搬入したり集荷を依頼したりすることになります。冷蔵庫はとても重い家電ですので、不用品回収業者の出張回収を利用するのも選択肢の1つです。不用品回収業者の中には買取サービスを行っているところもあるため、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。