冷蔵庫のリサイクル料金はいくら? 処分・廃棄で得する方法を伝授!

冷蔵庫のリサイクル料金冷蔵庫の買取

冷蔵庫は、食材を適度に冷やすことで、食材や飲み物などをいつでも新鮮に保つことができる家電です。冷蔵庫があることで、豊かな食生活ができ、健康を維持できていると言えるでしょう。しかし、冷蔵庫にも寿命があります。また、買い替えなどで処分を考えたとき、リサイクル料金がいくらかかるのか、処分方法はどうすればいいのかなど、わからないこともあるでしょう。

そこで今回は、冷蔵庫の処分や廃棄でお悩みの方のために詳しく解説します。

この記事を読むことで、冷蔵庫の処分や廃棄方法に詳しくなり、適切な方法を選んで処分することができるようになります。まずは、じっくり読んでみてください。

1.家電リサイクル法を理解しよう

最初に、家電リサイクル法について学びましょう。

1-1.家電リサイクル法について

家電リサイクル法は、2001年4月から施行されました。一般家庭などで不用品として排出された家電は、自治体でも処分に困っているのが現状です。家電ゴミは、焼却処分ができない・廃棄場所の確保が難しいなどの問題を抱えています。また、資源リサイクルや環境への配慮も必要であるため、家電リサイクル法が生まれたのです。

1-2.家電リサイクル法の目的や必要性

家電リサイクル法には、以下の目的があります。

  • 家電に使われている資源(希少金属など)のリサイクル
  • ゴミの総量の削減
  • 有害物質(鉛・フロンガスなど)の適切な処分

家電リサイクル法は、家電をリサイクル価値のある資源であることを意識づけるためにも有効な法律です。

1-3.家電リサイクル法の対象家電は?

家電リサイクル法では、以下の4品目が対象となっています。指定品目は自治体でゴミとして処分できないので注意しましょう。

  • エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・乾燥機

1-4.小型家電リサイクル法との違いを学ぼう

家電リサイクル法と同じように、資源リサイクルを目的とした法律に「小型家電リサイクル法」があります。小型家電リサイクル法では、指定品目の積極的なリサイクルを推進している点にかんしては家電リサイクルと変わりません。しかし、家電リサイクル法では指定4品目のリサイクルが義務であることに対し、小型家電リサイクル法ではあくまでも回収努力にとどまっているのが現状です。また、指定品目にかんしても、自治体の判断によって異なる点にも違いがあります。

家電リサイクル方の対象家電は処分するのに費用がかかるんですね。

はい。対象家電は全国どの自治体でも無料で処分することはできません。

2.冷蔵庫のリサイクル料金について

冷蔵庫のリサイクル料金について詳しく解説します。支払場所・金額・対象の種類などを理解しましょう。

2-1.冷蔵庫のリサイクル料金とは?

冷蔵庫は家電リサイクル法の指定品目であるため、不要になった場合はメーカーなどにリサイクルを依頼しましょう。冷蔵庫のリサイクルには、料金を支払う義務があります。リサイクル料金の支払いを先に済ますことで、依頼が可能になるのです。単にメーカーに依頼しただけでは処分してもらえないので注意しましょう。

2-2.冷蔵庫のリサイクル料金はなぜ必要?

理由は、リサイクルをスムーズに進めるためです。冷蔵庫のリサイクルには、収集運搬・解体・分類・資源ごとのリサイクルなど、さまざまな工程があり、人件費もかかります。それらの費用をまかなうために、リサイクル料金の支払いが必要なのです。

2-3.冷蔵庫のリサイクル料金の金額は?

冷蔵庫のリサイクル料金は、以下を参考にしてください。

  • 小(容量170リットル以下のもの):3,672~5,524円
  • 大(容量171リットル以上のもの):4,644~5,092円

なお、例外としてコロナ製のものは大小の区分なく4,644円・サムスン電子製のものは4,968円です。メーカーごとの料金についての詳細は、家電リサイクルセンターのリサイクル料金(再商品化等料金)一覧表を参考にしてください。

2-4.対象になる冷蔵庫の種類について

家電リサイクル法の対象になる冷蔵庫は、以下のような種類があります。

  • 冷蔵庫
  • 冷凍冷蔵庫
  • ワインセラー
  • 冷凍庫(チェスト形・アップライト形・引き出し形)
  • 保冷庫・保温庫(冷却や制御に電気を使用するもの)

なお、ホテル用システム冷蔵庫(課金式)・冷水機・製氷機は対象外です。

冷蔵庫のリサイクル料金は3,672円~なんですね。

はい。大きさによって値段が変わっていきます。

タイトルとURLをコピーしました