冷蔵庫の運び方3つのコツ! 失敗しないために注意することは?

冷蔵庫の運び方冷蔵庫の買取

引越しの運搬で注意したい家電と言えば冷蔵庫です。大きくて重量があるので、引越しに慣れていない素人が運ぶには人手と労力がかかります。間違った運び方をすると冷蔵庫が故障したり、人がケガをする危険性もあるでしょう。さらに、冷蔵庫は引越し前日から準備をすることが必要です

今回の記事は、失敗しない冷蔵庫の運び方3つのコツをご紹介します。注意するべき項目もご案内しますので、これから引越しを控えている方はぜひ読んでくださいね。

冷蔵庫を運ぶ前の準備

冷蔵庫は引越し直前まで使っている場合が多く、準備は一番最後にまわしがちです。
冷蔵庫を運ぶには、前日までに準備しておくこともありますので注意しましょう。

電源を切る

冷蔵庫の電源は、運搬16時間前までに抜いておきます。電源を切るのは、冷蔵庫・冷凍庫内の霜を溶かすためです。 特に「直冷式」のタイプは運搬中に冷蔵庫の霜が溶け、他の荷物を水浸しにしてしまう場合があります。最近の冷蔵庫は霜取りの必要がない「ファン式(間冷式)」の物が多いです。しかし、万が一を考え対策をしておくと安心です。
事前に取り扱い説明書を読んで自分にの冷蔵庫の「冷却方式」が「直冷式」なのか「ファン式(間冷式)」なのか確認しておきましょう。

また、自動製氷機能が付いている冷蔵庫の場合は、そのスイッチをできれば2日前には切っておいて下さい。

引越し当日は、冷蔵庫の下にある受け皿の水を捨ててから運びます。
受け皿の場所は冷蔵庫により異なりますが、一人用の1ドア・2ドア冷蔵庫は裏側の下段にあるコンプレッサーの上に付いている物が多いです。3ドア以上の大型冷蔵庫は正面の一番下に設置してある物が多く、手前に引っ張れば引き出すことができます。
受け皿に水が溜まっていない場合もありますが、万一溜まっているのに気付かずに運んでしまうと、運んでいる最中に水がこぼれ床や着ている服がビショビショになってしまいますので注意が必要です

庫内の掃除

冷蔵庫内は、前日までに中身を空っぽにしてください。冷蔵庫内は、電源を抜いてからもしばらくは冷たいままです。どうしても持っていきたい調味料などは、当日の朝、氷を入れたクーラーボックスに移し運びましょう。生ものや冷凍食品は避けてください。食べ物はできる限り、引越し当日までに消費してしまった方が手間もかからなくなり効率的ですです。

庫内はきれいに掃除をしておきます。冷蔵庫の中は普段は食料品や飲料品でいっぱいで、なかなか庫内を掃除できるチャンスはないので、この機会にしっかりとクリーニングしておく事をお勧めします。
庫内にある仕切りやトレイなどは割れやすいので、運搬中に破損しないよう養生テープでしっかり固定してください。

冷蔵庫を運ぶ場合は、1,2日前から準備が必要ですね。

はい。「冷却方式」も事前に確認しておいた方が良いです。

冷蔵庫の運び方3つのコツ

冷蔵庫を自分で運ぶ方法をご紹介します。
1ドア冷蔵庫くらいなら自分一人で運ぶことも可能ですが、2ドア以上の大きさの冷蔵庫は2人以上で運ぶことをお勧めします。

破損を防止するために

冷蔵庫は少しぶつけただけでも傷がついたり凹んだりします。重量があるため、当たった方の壁や床、車のボディなども簡単にキズが付いてしまいます。柔らかい布などで梱包し、破損を防止してください。冷蔵庫の梱包に向いている布は、引っ越し屋さんなどが使っているジャバラというゴム入りの布です。ホームセンターでは、5000円前後で販売されています。とは言え、ジャバラを購入するとコストがかかるため、エアパッキン要らない毛布などで代用しましょう。冷蔵庫全体を布やエアキャップで包むと、滑りやすく持ちづらいので注意してください。割れ物部品がある場合は、梱包に気を付け、段ボールに入れて別に運びます。冷蔵庫の扉は開かないよう、養生テープを貼って固定してください。

毛布を活用しよう

家の中で大きく重量のある冷蔵庫を運ぶとき、活躍するのは毛布や布団です。重たい冷蔵庫も力を入れずとも移動できます。

  1. 平らな安定した場所に、1,2回折り畳んだ毛布を敷く
  2. 毛布の上に安定するように冷蔵庫を載せる。
  3. 冷蔵庫倒れないように気を付けながら、毛布を滑らせるように移動すれば、玄関まで楽に移動できます。

車まで運ぶ時は大きめの台車があると便利です。無い場合は一人で運ぶのは困難な場合が多いため、人手を確保しておきましょう。冷蔵庫は、故障を防ぐためにも立てたまま運搬するのが基本です。冷蔵庫を上下逆にするのは絶対に避けます。運搬中、自家用車や軽トラック内で冷蔵庫が転倒しないために、他の家具などと隙間ができないように積んでください。

どうしても冷蔵庫を横に倒したり斜めにしながら運ばなければならなかった場合は、注意が必要です!
コンプレッサーや構造の関係から、横にして運んだ後に直ぐに電源(コンセント)を入れると冷蔵庫が壊れてしまう可能性があります。
その場合は必ず、設置後3~6時間は安静にしてからコンセントを差して電源を入れて下さい!

階段の運び方

冷蔵庫の階段での運び方

冷蔵庫の場合、階段は2人で運ぶのが基本です。階段上側の人は冷蔵庫上部裏側にある取っ手や突起物を持ちます。階段下側の人は最下部部ある取っ手(小型冷蔵庫の場合は無いので両足部分)を持って運びます。冷蔵庫はコンプレッサーが設置してある下部が重たくなっています。階段では特に、下側になる人にほぼ全重量がかかってしまう形になるので、運ぶのに注意が必要です。運ぶ時は冷蔵庫の背面を下にして、斜めに倒し、1段1段ゆっくり持ち上げます。休み休み確実に運びましょう。

冷蔵庫は古毛布などで滑らしたり包んだりして、慎重に運ぶのがコツですね。

小さい1ドア・2ドア冷蔵庫でも無理をしないで2人で運ぶのが安心です。

冷蔵庫は運んで直ぐに電源を入れると故障してしまう可能性があります。キッチンに設置後、比較的新しい冷蔵庫ならば10分くらいおいてから電源を入れれば大丈夫みたいですが、古い冷蔵庫や横にして運んだ冷蔵庫は数時間は安静にしてからコンセントに電源プラグを差し込むようにして下さい!

また、冷蔵庫に電源を入れても、ちゃんと規定温度まで冷えるまでには、容量や季節によって半日から1日くらいかかる場合もありますので、食材の購入はその点も考慮して下さい。

冷蔵庫の買取や回収を埼玉県で行っております

リサイクルショップ・埼玉出張買取コールセンターでは冷蔵庫の出張買取や回収を行っています。
新しい大型冷蔵庫は高価買取、古い冷蔵庫は回収になります。
冷凍庫業務用冷蔵庫ワインセラーなども買取対象です。
買い替えや故障、引越しなどで不要になった大型冷蔵庫冷凍庫2ドア冷蔵庫などがありましたらお気軽にご相談下さい。

タイトルとURLをコピーしました