高く売るには? 子供用品の買取・リサイクルのポイントや業者利用の注意点など


子供が大きくなって着られなくなった服や、飽きてしまったおもちゃなど、子供用品は次から次に買い替えなくてはなりません。いらなくなった子供用品の処分に頭を抱えている方も少なくないでしょう。そこで今回は、子供用品の買取やリサイクルについてご紹介します。

  1. 不要な子供用品あるある
  2. 子供用品は中古需要が高い
  3. 子供用品の買取について
  4. 子供用品の買取業者の選び方
  5. よくある質問
  6. まとめ

捨てるにはもったいない・買取に出す方法が分からない・なるべく高く売りたいと思っている方にピッタリの内容です。ぜひ最後まで読んでみてください。

1.不要な子供用品あるある

まずは、子供用品の悩みについて、よくあるものをご紹介しましょう。

1-1.子供の不用品あるある

子供の不用品の悩みには、以下のようなものがあります。

  • 子供が大きくなって、きれいなまま着られなくなった服がある
  • 子供が飽きたり興味を持たなくなったりして、遊ばなくなったおもちゃがある
  • 親戚や友人から同じものをもらってしまった
  • 季節物など、一度しか使わないものがある
  • 子供の思い出が詰まっていて手放せない
  • 大量にものがある
  • 処分するのがもったいない
  • リサイクル方法が分からない

1-2.不要になりがちな子供用品とは?

実際に不要になりがちな子供用品は、以下のようなものでしょう。

  • 服・靴・バッグ
  • ゲーム機・おもちゃ
  • チャイルドシート
  • バウンサー
  • エアバギー
  • ベビーカー
  • 三輪車・自転車・一輪車

いずれも、子供が成長するにつれて、使う必要がなくなったり、更新する必要があるものばかりです。

1-3.不要な子供用品の処分方法とは?

不要になった子供用品を手放すためには、以下のような処分方法があります。

1-3-1.捨てる

用品の種類によっては、可燃ゴミ・不燃ゴミなどで楽に捨てることができます。子供服は古布として回収してもらえるはずです。スタイや哺乳(ほにゅう)瓶など、人に譲るのが衛生上よろしくないものは、捨ててしまってよいでしょう。サイズの大きなものは、自治体の指定によっては粗大ゴミとして出す必要があります。数百円~千円程度の処分費用がかかる自治体も多いので注意してください。

1-3-2.人に譲る

知人に譲ったり、ネットオークションやフリーマーケットに出す方法です。人に譲ることで、捨てるよりも心が軽くなるでしょう。もらい手や買い手が現れるまで時間がかかったり、渡しに行く・郵送するなどの手間がかかるデメリットがあります。

1-3-3.リサイクルに出す

子供用品を取り扱っているリサイクルショップなどに出す方法です。買い取ってもらえればお金になりますが、店舗まで持ち運ぶ手間がかかってしまうでしょう。また、買取不可となった場合は、無料で引き渡すか(店舗による)、家まで持ち帰らなければなりません。

1-3-4.買取に出す

買取回収業者に依頼して、子供用品を買い取ってもらう方法です。家まで出張買取に来てくれる業者の利用をおすすめします。お子さんが小さい家庭では、外出したり郵送したりする時間が取れないことも多いので、時間や手間の面でも便利でしょう。買取不可の商品は、無料もしくは有料で回収を依頼することもできます。買取額と回収費用は相殺されて精算するのが一般的です。

2.子供用品は中古需要が高い

次に、子供用品の中古需要や、人気のある子供用品などをご紹介します。

2-1.子供用品の中古需要が高い理由

子供用品は、中古品でもかなり需要が高くなっています。なぜなら、中古品でもいいから欲しいという方が多いためです。その理由には以下のようなものがあります。

  • 兄弟姉妹がいるため、複数の子供用品が必要な家庭もある
  • 必要なものが多すぎるため、すべて新品で買うのは困難
  • すぐに使えなくなってしまう、または、数回しか使わないので、新品を買うのがもったいない
  • ブランド服を着させたいが、高くて手が出せない

いずれも、子供用品は「使える期間に対して高額である」という考えが多いようです。

2-2.人気のある子供用品やブランドについて

人気のある子供用品やブランドについて具体的にご紹介します。人気があるということは、中古需要も高いということなので、買取にも出しやすくなるでしょう。

2-2-1.人気のある子供用品

  • チャイルドシート
  • エアバギー
  • ベビーカー
  • バウンサー
  • 自転車
  • ベビー服・子供服
  • おもちゃ

2-2-2.人気のある子供ブランド

  • コンビミニ
  • プティマイン
  • ブランシェス
  • メゾピアノ
  • ミキハウス
  • ポンポネットジュニア
  • ファミリア

3.子供用品の買取について

子供用品の買取について、もう少し具体的に見ていきましょう。

3-1.買取できるもの・できないもの

子供用品の中にも、買取できるものとできないものがあります。上記でご紹介したような子供用品やブランド品は、買取してもらいやすい傾向にあるでしょう。しかし、汚れや使用感がひどいもの・壊れているもの・中古需要が低いもの、または、店舗の在庫状況によって買取してもらえないこともあります。

3-2.汚れについて

子供用品を買取に出す際は、必ず洗濯・掃除をしましょう。汚れが残っていると買取してもらえない・買取額が下がる可能性があります。

3-3.買取金額について

業者の算定基準にしたがって買取金額が付くのが一般的です。売れない子供用品はお金を払って回収してもらうことになりますが、その場合は料金が相殺されます。買取価格のほうが高ければお金を受け取ることになるのです。料金の詳細については、商品や業者によってさまざまですので、一度問い合わせてみましょう。

3-4.買取してくれるところとは?

子供用品を買取に出すためには、お住まいの地域で出張買取を行っている業者に依頼しましょう。リサイクルショップ・ワールドポップスでは、埼玉全域・東京都での出張買取に対応しています。不用品が大量にある場合は、関東一円の出張も可能です(対応エリアはこちら)。

4.子供用品の買取業者の選び方

子供用品を買取業者に依頼する際のポイントや注意点をご紹介します。

4-1.業者選びのポイント

買取業者を選ぶポイントについてご紹介します。

  • エリアに対応している
  • 買取対象品目が多い(まとめて依頼できる→お得)
  • 無料見積もり・無料相談を行っている
  • 見積もり結果・料金などについて、書面で提示してくれる
  • 古物商許可などの資格を持っている・営業所や身元がしっかりしている

4-2.買取の流れ

ご参照までに、リサイクルショップ・ワールドポップスでの、買取までの流れをご説明します。

  1. 無料見積もりのご依頼
  2. メール見積もり、もしくは出張無料見積もり(量が多い場合)
  3. 査定・お見積もり額の提示
  4. (見積もりに納得いただけたら)作業日時の決定
  5. 訪問・正式見積もり
  6. 料金お受け取り、もしくはお支払い

4-3.高額査定のポイント

子供用品を高く買い取ってもらうには、洗濯や掃除をしてなるべくきれいにしておくのがおすすめです。外箱・付属品などもなるべくそろえておきましょう。また、商品は一度にまとめて買取に出した方が買取価格が上がりやすくなります。ほかにも、ブランド品・新しいもの、その他中古需要が高いものは、高額査定となる可能性があるでしょう。

4-4.注意点

買取回収業者の中でも、悪質な業者には注意してください。近年では、悪質回収業者によるトラブルが多発しています。たとえば、契約や料金について、口頭だけのやりとりで済ませて、あとから不当に費用を請求してきたり、回収した商品を不法投棄されてしまうなどのトラブルです。これらのトラブルを防ぐためにも、業者選びは慎重に行いましょう。

5.よくある質問

Q.子供用品がなかなか手放せません
A.思い出の詰まった子供用品は、なかなか処分できないものです。ひとつひとつのものと向き合い、残しておくものを厳選してみましょう。捨てるのが忍びない場合は、リサイクルや買取に出すのがおすすめです。手に入れたお金で、子供のために新しいものを買ってあげられるでしょう。子供が成長したと思って前向きな気持ちでいることも、子供用品を手放すコツです。

Q.子供用品以外にも、買取してほしいものがあるのですが。
A.リサイクルショップ・ワールドポップスでは、多種多様な買取を行っています。まとめて買取依頼に出せば買取価格アップにつながるでしょう。

Q.子供用品をネットオークションやフリマサイトに出品する際の注意点は?
A.他人に譲ることになるので、なるべく客観的な情報を載せてトラブルにならないように注意しましょう。使用感や傷・汚れなどは隠さず写真を撮ってください。また、使用状況や頻度を記載すると、買い手の目にとまりやすくなります(○年使ったがいらなくなったから手放すのか、買ったばかりで一度しか使っていないが、子供が気に入らないので手放すのか、など)。

Q.ミルクやおむつなどの消耗品は買取に出せますか?
A.食料品はむずかしいでしょう。おむつ類は、定価の1/4くらいの値段なら売れる可能性があるものの、できれば知人などに無料で譲ることをおすすめします。

Q.悪質な買取業者を避けるためには?
A.以下のような業者を利用しないようにしましょう。

  • 金額や契約に関することを口頭で済ませようとする
  • 資格や営業所など、身元があいまい
  • 依頼していないのに、営業などに訪れてくる
  • 地域を巡回している回収車(ほとんどが違法)

6.まとめ

子供用品のリサイクルや買取についてご紹介しました。子供用品を手放すなら、捨てたりお金を払って処分するよりも、買取などお金に変えられる方法を採るのがおすすめです。次の人に気持ちよく使ってもらうためにも、また、買取価格をアップするためにも、子供用品はなるべくきれいにしてから買取に出すことをおすすめします。