知って得する!? ワープロの買取・処分知識をご紹介!

ワープロ取扱品目

20~30年前まで一世を風靡(ふうび)したワープロですが、現在は下火です。ワープロ、といえばもっぱらパソコンのワープロソフトのことを指すようになってしまいました。使わなくなった人も多く、処分を考えている方も多いことでしょう。しかし、せっかく処分するのであれば、高く買い取ってもらいたいのが人情というものですよね。長く使ってきて思い入れのある品物であればなおさらでしょう。

そこで、今回はワープロの処分・買取方法について簡単にご紹介します!

これらの記事を読むことでワープロの処分方法を知ることができます。また、高く売るためのコツや、業者選びのポイントもご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

1.ワープロについて

1-1.ワープロとは?

ワープロは正式名称をワードプロセッサーといい、日本語では編集機能付き文書作成機と呼びます。タイプライターと混同する人がいますが、タイプライターは文書を作成することしかできません。一方のワープロはコンピューターを使用することでフロッピーディスクなどの記憶装置に保存することができます。そのため、自在に編集したり、以前作成し保存しておいた文書を好きなときに再利用したりできるのです。

日本語専用機は1978年に発売され、80年代には大流行(だいりゅうこう)しました。しかし、90年代半ばからパソコンが普及し始めると、ワープロソフトの影響もあって一気に衰退することになったのです。そして、シャープ製の『書院』を最後に、2003年ごろから製造されていません。ちなみに、シャープは生産終了後もサポートを続けていましたが、2014年1月31日にワープロ専用機のサポートを完全に終了しました。

1-2.主なメーカーと機種について

1-2-1.東芝『Rupo(ルポ)』 

世界初の日本語ワープロ『JW-10』を開発した東芝が、個人でも購入できる低価格品として製造したのが初代Rupo(ルポ)であるJW-R10です。非常に力を入れて作られたシリーズで、他社製品と比べても速いスピードで性能が向上されていきました。1985年から2000年まで製造されています。

1-2-2.富士通『OASYS(オアシス)』

特にプロユースで大きな人気があった機種です。他社の製品と比べると個性が強いことから、あまり人気がないというイメージをもたれがちでした。実際にはシェアNo.1の名機です。1980年に初めて製造され、2001年をもって製造を終了しました。

1-2-3.NEC『文豪』

MS-DOSファイル変換機能やオプションの専用ソフトウェアにより、同社製のパソコン(PC-9800シリーズやN5200シリーズなど)と互換性を持っているのが特徴です。そのため、同製品のユーザーにとってセカンドマシンとしても扱いやすいと評判でした。

名前のとおり、文豪の安部公房が開発にかかわっていたことでも有名です。安部公房は文豪シリーズを使い続けており、遺作も同機の保存データから見つかりました。1981年から始まり、2000年まで製造されています。

1-2-4.シャープ『書院』

自社の液晶技術を重視し、早期にCRTモデルを全廃して液晶モデルへの切り替えが行われました。また、タッチペンを使うことで文字や図などを直接書くことのできる『ペン書院』などで有名です。1979年から2003年まで生産されていました。

1-3.最近のワープロ事情

最近はパソコンの全盛期です。パソコンはワープロのできることはすべてでできますし、それ以上のこともたくさんできます。そのため、現在ワープロを使っている人はごく少数といわざるを得ません。ワープロの代わりに使われているのがワープロソフトです。有名なワープロソフトにはマイクロソフト社の『Word』やジャストシステム社の『一太郎』などがあります。

2.ワープロの買取について

2-1.買取できるもの、できないものについて

1番大切なことは『使用することができること』でしょう。ワープロは実用品です。中には飾るのが趣味のコレクターもいらっしゃいますが、多くの場合は実際に使用するために購入します。多くの人にとって、動かないワープロは不要なのです。そのため、しっかりと起動し、ワープロとして正常に使用できるものでないと、買取は難しくなるでしょう。正常な使用というのは画面も含まれています。たとえ見ることができる程度であっても、画面が割れているようなものは正常に使用できるとはいいづらいのです。買取は難しくなるでしょう。

また、有名メーカーのものかどうかも重要なポイントです。今回ご紹介した、シャープや東芝などの有名メーカー製のものなら、需要が高いので買取可能でしょう。しかし、無名メーカーのものや、自作したワープロなどは買取してもらえない確率が高まります。また、日本語に対応していない、海外製のワープロソフトなども、需要の問題から買い取ってもらいにくいでしょう。

2-2.買取価格について

買取価格はメーカーや型番などによって大きく変動します。ものによっては0円の場合もあるでしょう。しかしながら、相場は3,000円~1万円程度です。

2-3.高額査定のポイントとは?

1番大切なことは、状態のよさです。査定の前には丁寧に掃除を行って、キレイな状態にしておきましょう。また、状態のよさには付属品がそろっているかどうかという点も含まれています。説明書や箱など、付属品が付いていると高額で査定してもらえるでしょう。

また、人気の機種であるかどうかも重要です。たとえば、『書院 WD-A330』は高額になりません。業者によっては買取不可のこともあります。しかし、同じ書院シリーズでも『書院 WD-VP3』は12,000円という高値を付ける業者も珍しくありません。自分が売ろうと考えている機種の値段がどのくらいなのかを事前に検索しておくと、業者側との値段交渉で有利になります。ぜひ、調べておいてください。

2-4.周辺機器について

ワープロの周辺機器をセットにして売却することで、査定額をアップさせる手札となります。もし、周辺機器を持っているようであれば、同時に処分してしまってはいかがでしょうか。ワープロの周辺機器としては以下のようなものが一般的です。

  • テンキー
  • ワープロ対応マウス
  • ハガキフィーダー
  • スキャナー

2-5.注意点

重要なことは、査定に出すワープロが実際に作動するかという点でしょう。おそらく、ワープロは使わなくなってから、長い期間がたっているはずです。ですから、昔は使えていたのに、今起動したら使えなかった、なんてこともあり得ます。起動しない状態で査定に出しても普通は値段が付きません。場合によっては引き取りも拒否されてしまうことがあります。そうなると、結局はほかの方法で処分しなくてはなくなり、二度手間です。掃除や付属品をそろえることも大切ですが、起動確認も必ずしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました