知らないと危険!ノートパソコンを安全に処分する方法をご紹介します。

パソコンパソコンの買取

ノートパソコンの買い替えや処分を検討している方、パソコン内のデータ消去はお済みですか?
もしや、「初期化しただけ・・」「フォルダーをゴミ箱に入れただけ」という状態ではないでしょうか?
ノートパソコンに詰(つ)まった個人情報は、初期化やフォルダ削除だけでは消去できません。特殊なソフトを使えばハードディスク内のデータを簡単に復元することができます。パソコンのデータ消去を正しく行わないまま処分すると、取り返しの付かないトラブルに巻き込まれる可能性があるでしょう。そこでこの記事では、ノートパソコンのデータを正しく消去し、安全に処分する方法をご紹介します。

この記事を読むことで、ノートパソコンに詰(つ)まったデータを確実に消去する方法がわかります。パソコンが苦手な方でも安全に処分する方法をご案内していますので、ぜひチェックしてみてください。

1.パソコンの処分の基礎知識

家庭で使っていたパソコンを処分するには、「資源有効利用促進法」という法律に基づき、リサイクルすることが義務付けられています。この項では、パソコン処分とリサイクルについて確認していきましょう!

1-1.PCリサイクル法とは?

PCリサイクル法とは、2003年10月に施行された資源有効利用促進法の通称です。消費者が使わなくなったパソコンは、製造メーカーが回収・リサイクルすることを義務付けています。
資源有効利用促進法は、2001年に施行され、もともと家電製品や自動車などの工業製品の回収・リサイクルを目的とした法律です。2003年10月にパソコンとディスプレイが追加指定となり、改正施行されました。

【PCリサイクル法対象製品】

  • パソコン本体
  • ディスプレイ
  • ノートパソコン
  • ディスプレイ一体型パソコン

【PCリサイクル法対処外製品は?】

以下の製品は、PCリサイクル法対象外です。

  • ワープロ専用機
  • プリンター
  • スキャナー
  • パソコンの周辺機器

1-2.小型家電リサイクル法について

平成25年4月には、新たに小型家電リサイクル法が施行されました。パソコン・携帯電話・デジタルカメラ・ゲーム機などの家電もリサイクルの対象となったのです。家電リサイクル法制定により、メーカーで回収していたパソコンも一部の家電量販店や市町村で回収されるようになりました。

1-3.リサイクルマークについて

要らなくなったパソコンのリサイクル料金は、消費者が負担しなければなりません。 2003年10月以降に製造・販売されたパソコンには、PCリサイクルマークが貼られています。 PCリサイクルマークの付いたパソコンは、リサイクル料金を上乗せして販売しているのです。ですから、廃棄の際に料金を負担する必要がありません。2003年10月以前のパソコンは、リサイクルマークが貼り付けられていないため、処分料金がかかります。

【リサイクルマークのないパソコンの処分費用目安】

パソコン本体・ノートパソコン・ディスプレイ一体型パソコン・液晶ディスプレイの処分費用は3240円です。CRT(ブラウン管)ディスプレイや、CRT(ブラウン管)ディスプレイ一体型パソコンは、4320円かかります。また、処分方法により、回収費用や運搬料金がかかることもあるでしょう。
CRT(ブラウン管)パソコンを処分する際には、
パソコン本体3240円+CRT(ブラウン管)ディスプレイ4320円=7560円となります。

1-4 .パソコンリサイクルの注意点

ノートパソコンをリサイクルする際に注意したいことは、パソコン内のデータが流出することです。リサイクルとして回収したパソコンは、廃棄物を減らすために、まだ使えるものは中古として再利用されることもあります。パソコンを再利用することは環境にも優しい方法です。しかし、データまで再利用されてはたまりません。パソコンのデータ消去にかんしては、この記事の項目3で詳しくご説明しています。パソコンを処分する際には、必ず、対策を行ってください。

2.ノートパソコンの処分方法とは?

ノートパソコンの処分方法の特徴をご紹介します。

2-1.メーカーの引き取り

PCリサイクルの対象製品は、製造・販売メーカーが引き取りを行います。PCリサイクルマークが付いているパソコンは回収費用がかかりません。PCリサイクルマークがないパソコンの場合は、リサイクル料金が有料です。また、PCリサイクル対象外の製品は、メーカーの引き取りを利用できません。
パソコンの引き取り依頼は、各パソコンメーカーに直接申し込みします。
自作パソコンや、メーカーが引き取り不可の製品は、 一般社団法人パソコン3R推進協会へ依頼してください。

一般社団法人パソコン3R推進協会
https://www.pc3r.jp/

2-2.販売店の回収・下取り

家電量販店やパソコンショップでは、不要になったパソコンを回収・下取りするサービスを行っています。新しくパソコンを購入した際のレシートを持って行くと下取りや回収を行ってもらえるサービスです。販売店での下取り回収は、新規で購入しない場合は利用できないこともあります。また、別途回収費用がかかることもあるでしょう。さらに、CRT(ブラウン管)ディスプレイなどは、引き取りの対象とならないケースが多いです。データ消去も、排出者の責任で行わなければなりませんので注意しましょう。

2-3.自治体で回収

ノートパソコンは、小型家電リサイクル法の対象製品です。お住まいの自治体によっては、市役所などに回収ボックスを設けていることもあります。詳しくは、市町村に問い合わせてみましょう。回収ボックスの投入口は、縦15㎝×横26㎝となっており、投入口に入る対象製品だけ回収しています。データ消去なども自己責任です。ノートパソコンの回収を行っていない場合は、処分場や引き取り場所を別途紹介してもらえることもあります。自治体の回収ボックスは盗難被害もあるため、注意しなければなりません。投入口に入るものは無料、入らないものは有料となる恐れがあります。

2-4.オークションで売る

要らなくなったパソコンは、インターネットのオークションサイトで売ることもできます。オークションユーザーの中には、部品を交換したい人がいるため 古いパソコンでも売れる可能性があるのです。 また、オークションへ出品する前には、データ消去を確実に行ってください。オークションへ出品する際には、パソコンの状態や機能を詳しく明記し、落札後のトラブルを避けましょう。付属品の有無も忘れずに書いてください。状態の悪いパソコンは、ジャンク品という言葉を使い出品するといいでしょう。ただし、古く動作しないパソコンはほとんど値がつきません。また、出品・取り引きのやり取り・配送こん包など手間がかかります。時間と労力をかけてまでオークションに出品すべきかどうかは、検討したほうがいいでしょう。ただ処分したいだけなら、オークションを利用するよりもっと手間のかからない方法があります。

タイトルとURLをコピーしました