重い荷物の楽な運び方が知りたい! 引越しの準備で知っておきたい豆知識


あなたは荷物を運ぶとき、どのようにして運んでいるでしょうか?
運び方によっては、体に大きな負担をかけてしまいます。
重たい荷物を持つと腰痛になった人も多いのです。
そこで、重い荷物の運び方についてチェックしていきましょう。
重い荷物の運び方や引っ越し時の梱包(こんぽう)ポイント、不用品回収業者に依頼するメリットについて説明します。
引っ越しの準備をしている人はぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 重い荷物の運び方
  2. 引っ越し時の梱包(こんぽう)ポイント
  3. 不用品回収業者に依頼するメリット
  4. まとめ

1.重い荷物の運び方

引っ越しは重い荷物をいくつも運ばなければなりません。
重い荷物を運ぼうとしたとき、腰を痛めてしまったという人はたくさんいます。
腰痛にならないためにも楽な運び方をマスターしておきましょう。
楽な運び方をマスターしておけば引っ越しもスムーズにできますよ。

1‐1.上体を少しそらす

重い荷物を運ぶとき、そのまま持ち上げて運んではいませんか?
そのまま持ち上げて運ぶと必ず腰に大きな負担をかけてしまいます。
重い荷物を運ぶときは上体を少しそらしてください。上体を少しそらすことで荷物の重心を自分の方へ近づけることができます。
荷物と自分の重心が同じでないと不安定な状態になってしまうでしょう。
安定している状態で運ばなければ転んで大ケガをする危険性もあります。
重い荷物を運ぶときは、荷物と自分の重心を一緒にしてくださいね。
上体を少しそらす場合は、重い荷物をできるだけおなかに乗せるよう意識しましょう。体全体で荷物を支えることができるため、スムーズに運びやすくなりますよ。
ぜひ試してみてください。

1‐2.身長や筋力が同じ人と運ぶ

1人で運べない荷物は人の手を借りて運びましょう。
無理やり1人で運ぼうとすれば体が悲鳴をあげてしまいます。
ケガすることになるので、無理は絶対にしないでください。
複数で運ぶ場合は、「身長」と「筋力」が同じ人で協力し合うことが大切ですよ。誰でもいいというわけではありません。
自分と同じ身長・筋力を持っている人と力を合わせて重い荷物を運んでください。
同じ身長・筋力でなければ重心のバランスが崩れてしまい、余計に運びづらくなってしまいます。
そして、リズムを合わせることも大切ですよ。
「1・2、1・2」と声を合わせてゆっくりすすんでください。
特に、段差や足場が悪いところはかけ声が大切なポイントになります。
お互いの状況を報告し合いながら運びましょう。

1‐3.対角線上に荷物を持つ

重い荷物を運ぶポイントは「持ち方」にもあります。
あなたは荷物をどのように持っているでしょうか。
重い荷物を運ぶときは、できるだけ「対角線上」に荷物を持ってください。
たとえば、ダンボールを運ぶときです。右手はダンボールの右奥に、左手は左手前に置いて持つと運びやすくなります。
このように対角線上にすることでダンボールの重みを分担できるのです。
運ぶときは手をぴったり荷物につけてくださいね。
そして、足元を必ず確認しながら運びましょう。
また、「台車」や荷物を支えるための「専用ベルト」など、たくさんのグッズが発売しているのでぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

2.引っ越し時の梱包(こんぽう)ポイント

2‐1.重いものから下に詰める

ダンボールにさまざまなものを詰めていくでしょう。
楽な運び方には、ダンボールの詰め方・梱包(こんぽう)にも大きなポイントがあるのです。
詰め方によっては運びづらくなってしまうのでぜひチェックしてください。
特に、気をつけてほしいのは「重いものから下に詰めること」です。
荷物をダンボールに詰めるとき、重いものから入れてください。
なぜなら、重たいものから詰めることでダンボールの重心が安定するからです。
逆に、重いものを軽いもののうえに置いてしまうと重心が不安定になってしまいます。荷物の重みが増してしまい、運びづらくなってしまうのです。
そのため、詰めるときはできるだけ重いものから順に詰めていってくださいね。
重いもののうえに軽いものを詰めていきましょう。

2‐2.要らないものは処分する

引っ越し時の梱包(こんぽう)ポイントは「要らないものを処分すること」です。
今、部屋にあるものすべてダンボールに詰める必要はありません。
引っ越しは整理整頓が徹底的にできるチャンスだと思ってください。
いい機会なので要らないものは処分していきましょう。
たとえば、着なくなった洋服や読んでいない本がたくさんあると思います。
つい増えてしまいがちな本や洋服は、引っ越し時に思いきって捨ててください。
要らないものをそのまま新しい住まいに持っていけば、部屋がごちゃごちゃになってしまいます。
要らないものを処分していけば、重い荷物も少なくなるのです。
ダンボールが少なくなると引っ越し時の費用も節約できるでしょう。
このように、要らないものの処分はメリットがたくさんあるのです。

3.不用品回収業者に依頼するメリット

3‐1.要らないものは業者に買い取ってもらう

引っ越しでは不用品がたくさん出てくるでしょう。
重い荷物をできるだけ少なくするため、要らないものと要るものに分別していきます。そこで、困ってしまうのが要らないものの処分方法です。
不用品の中にはまだ使えるものもあるでしょう。
そのまま捨ててしまっては非常にもったいないです。
不用品回収業者やリサイクルショップでの買い取りを利用してください。
業者では再利用できると判断したものを買い取ってくれるところがあります。
買い取ってもらえば処分できると同時にお金も得ることができるでしょう。一石二鳥の処分方法ですよね。
買い取りできなかったものに関しては、そのまま不用品回収業者が回収してくれるので安心してください。
1度に大量の不用品が処分できるのでおすすめですよ。

3‐2.わざわざ運び出す必要がない

不用品回収業者に依頼するメリットはほかにもたくさんあります。
引っ越し当日に不用品が出てしまうこともあるでしょう。
「今日中に片づけなければならないのに…」と困ってしまいますよね。
不用品回収業者の中には当日の急な要求でも受け入れてくれるところがあるのです。
急な対応でもすぐに自宅までかけつけて回収してくれます。
わざわざ自分たちでお店まで運ぶ必要もありません。
重い荷物を運ばず回収してもらえるのは本当に助かります。
実際、「すぐに回収してくれて助かった」という人もたくさんいるのです。
急を要するときはスピーディーな対応をしてくれる業者に依頼してください。電話1本ですぐにかけつけてくれるでしょう。
ただ、業者に依頼するときは「見積もり」をしっかり確認することだけは忘れないでくださいね。
見積もりをきちんと確認してから依頼することが大切ですよ。

4.まとめ

重い荷物の運び方や引越し時の梱包(こんぽう)ポイント、不用品回収業者に依頼するメリットについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
引っ越しは時間との勝負でもあります。
スムーズにすすめるためにも、余裕を持って準備をしてくださいね。
重い荷物の運び方やポイントをマスターしておけば、楽に引っ越しができますよ。

  • 荷物を運ぶときは「上体を少しそらす」
  • 身長や筋力が同じ人と運ぶ
  • 対角線上に荷物を持つ
  • 重いものから下に詰める
  • 要らないものは処分する
  • 要らないものは業者に買い取ってもらう
  • わざわざ運び出す必要もなくスピーディー

以上のポイントは要チェックです。
不用品の処分に困った際は、買い取りをしている業者に依頼してください。
すぐに自宅までやってきて買い取り・回収をしてくれるでしょう。