【必見】ホームシアターの買取方法や業者選びのポイントとは?


ホームシアターは、自宅で映画館のような気分を味わうことができる設備のことです。大画面で映画を楽しみたい・臨場感を味わいたいという方に人気があります。しかし、頻繁に使うものではないため、いつの間にか使わなくなり、部屋の片隅や押し入れにしまったままの方も多いでしょう。要らなくなったホームシアターは、中古として売ることができます。処分方法で悩んでいる方は、買取がおすすめです。そこで、本記事では、ホームシアターの基礎知識から買取方法・業者選びなどについて詳しく説明します。

  1. ホームシアターの基礎知識
  2. ホームシアターの買取について
  3. ホームシアターの買取方法について
  4. ホームシアターの買取業者選び
  5. ホームシアターの買取にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、ホームシアターをスムーズに売るための知識や必要な情報を知ることができます。処分を考えている方はぜひ参考にしてください。

1.ホームシアターの基礎知識

理想的な値段で得るためにも、ホームシアターとはどんなものなのか、基礎知識を身につけることが必要です。種類や関連機器・主なメーカー・最近の傾向について詳しく説明します。

1-1.どんなものか

ホームシアターは、小型の映画館のような雰囲気が楽しめる設備のことです。自宅に設置できる大画面テレビやマルチチャンネルスピーカーなどが挙げられます。従来は、大画面を実現できる装置は、プロジェクターやリアプロジェクションテレビなど限られていました。しかし、大画面のプラズマテレビが開発されたこと・液晶テレビの大型化が実現でき、一般に浸透されてきているのです。

1-2.種類について

ホームシアターは、4つのシステムにわけることができます。最もベーシックな種類が、リアル5.1chシステムです。5本のスピーカーとサブウーファーで構成されている、オーソドックスなスタイルとなっています。2つ目は、2.1/3.1chフロントサラウンドシステムです。2つもしくは3つのフロントスピーカーとサブウーファーで成り立っています。3つ目は、ワンボディーフロントサラウンドシステムです。テレビ前に設置するバータイプスピーカーとサブウーファーで構成されています。そして、最後の4つ目は、テレビラックと一体化しているシアターラックシステムです。

1-3.ホームシアターの関連機器について

ホームシアターは、関連機器をそろえることで、より臨場感あふれる空間ができあがります。関連機器としては、プロジェクター・ディスプレイ・スピーカー・アンプなどが代表的です。それぞれの役割を以下にまとめてみました。

  • プロジェクター:機器からスクリーンに放射する非直視型。投影方式の違いによって映像が大きく左右する
  • ディスプレイ:液晶ディスプレイが一般的で、サイズによって大画面で映像を楽しむことができる
  • スピーカー:音を出すために必要なもの。スピーカーの質によって音質が異なる
  • アンプ:ホームシアターの必需品。映像・音声信号セレクターの役割を担っている。

1-4.主なメーカー

ホームシアターの主なメーカーといえば、ソニー・パナソニック・パイオニア・日本ビクター・BOSE(ボーズ)・ヤマハが挙げられます。それぞれ、テレビ・DVD・BD・オーディオすべての分野で機器をつくっているメーカーです。関連機器のメーカーとしては、シャープ・三洋電機・日立・東芝・三菱電機・エプソンなどが挙げられます。

1-5.人気や普及率・最近の傾向

ホームシアターや関連機器の技術向上により、ホームシアターを利用する方が増えてきました。家族で一緒に映画を楽しみたい・友人を招いたパーティーに活用したいなど、さまざまな理由でホームシアターを利用しています。システムも種類が増えてきていることもあり、ホームシアターの普及率は年々上昇している状態です。最近の傾向としては、日常過ごしている部屋を兼用して設置できるタイプに人気が集まっています。気軽に設置するだけで、リビングがホームシアターに変わるのです。

2.ホームシアターの買取について

普及率が高まっているホームシアターは、需要も高くなっているため、買取しやすい商品といえます。積極的に買取を行っている業者も多いようです。そこで、買取のメリットや買取できるもの・できないもの、古いもの、人気ブランドについて詳しくチェックしておきましょう。

2-1.買取のメリット

買取の大きなメリットは、処分費用をかけずに売れることです。費用ゼロで処分できると同時に、買取額の分(ぶん)だけ、お金を得ることができます。まさに、一石二鳥の方法といってもいいでしょう。また、まだ使えるホームシアターを処分するのは、手放しにくくなるものです。しかし、欲しがっている人に再利用してもらえるのであれば、気持ちよく気軽に手放すことができます。

2-2.買取できるもの・できないもの

ホームシアターのすべてが買取できるわけではありません。業者によって、買取できるものとできないものがあります。基本的に、買取できるものは「正常に稼働するもの」です。査定時は、正常に稼働できるか、不具合や不調が起きていないか、入念にチェックされるでしょう。業者へ依頼する前に、ホームページなどで買取できるもの・できないものを確認してみてください。

2-3.古いもの・故障しているものについて

正常に稼働していても、発売年月から経過しているものは買取不可となる可能性が高いのです。家電製品は次から次へと新しい種類が発売されます。そのため、発売当時から経過しているものほど、価値が下がると思ってください。また、故障しているものは使えないため、買取はできません。買取以外の方法で処分する必要があります。

2-4.人気のブランド・種類・サイズなど

ホームシアターで人気のブランドは、パナソニック・BOSE(ボーズ)・ヤマハです。ヤマハは代表的な日本の音楽ブランドであり、迫力の重低音・高機能という特徴があります。BOSE(ボーズ)は、定番サウンドバー“ワイヤレスサウンドバー”に人気が集まっており、BOSE(ボーズ)の特徴といえる、重低音再生技術が魅力的です。そして、パナソニックは、BDレコーダーなどと組み合わせることで、より高品質な音を楽しむことができます。サイズは、大きめよりもコンパクトサイズのほうが人気です。

3.ホームシアターの買取方法について

では、実際にホームシアターの買取はどうすればいいのでしょうか。買取してくれるところや査定・買取相場・高額査定のコツ・買取方法などについて詳しく説明します。

3-1.買取してくれるところとは

ホームシアターの買取を行っているところは、リサイクルショップや買取専門店などです。全国各地に点在している全国チェーン店から、個人経営までさまざまなリサイクルショップ・買取専門店があります。それぞれ、買取方法や査定額が異なるため、比較して選ぶことが大切です。また、インターネットオークションを利用するのも方法の1つとなります。

3-2.査定について

買取で最も大切なのが査定です。基本的に、査定は業者のスタッフが行います。査定を行う人の知識や経験によって、査定額が異なる可能性が高いのです。そのため、きちんとホームシアターの価値を知っている人に査定を依頼しなければなりません。査定をきちんと行っているかどうか、買取の知識や経験があるかどうかがポイントです。また、品物の状態や発売年月・付属品や傷の有無・ブランド・種類なども、査定ポイントとなります。

3-3.買取相場

ホームシアターの買取相場は、発売当時のおよそ5~10%です。発売されてから月日が経過していないものや新品状態に近いもの・人気ブランドや種類は、高く売れる可能性があります。実際に、ヤマハのYHTシリーズは、およそ5,000円~2万円で買取されていました。業者の在庫や査定スタッフで左右されるため、複数の業者に査定を依頼し比較してみてください。

3-4.高額査定のコツ・事前にしておくこと

高額査定のコツは、事前に掃除することです。傷や汚れがついている状態では、買取相場よりも安く買い取られる可能性があります。査定するのは人なので、キレイな状態のほうが新品に近い状態だと判断するのです。また、関連機器がある場合は、一緒に提示してください。ホームシアターをセットとして出すのも、高額査定のコツです。取扱説明書や部品など、購入時についてきた付属品も買取額がアップします。

3-5.高額査定商品とは

高額査定商品は、人気ブランドのホームシアターです。たとえば、ヤマハの3.1chシステムYHT-S401などが挙げられます。また、ホームシアターに必要な設備がセットになっている、パイオニアのHTZ-616BDやソニーのスタイリッシュなHT-SS380も高額査定が期待できる商品です。個別よりもセットになっている商品のほうが、高額査定が期待できます。

3-6.買取方法・大まかな流れ

買取方法は業者によって異なりますが、多くは持ちこみ買取と出張買取です。近所に店舗がある方は、直接持ちこむといいでしょう。近くに店舗がなく、運搬が困難な方は、出張買取を利用してください。ライフスタイルや状況に合った方法を選ぶといいでしょう。また、大まかな流れは以下のようになります。

  1. 電話またはホームページから申し込みをする
  2. 予約日時に商品を持ちこむ、または業者が自宅にやってくる
  3. その場で査定を行い、買取額に納得すればそのまま取引成立
  4. 商品を買い取ってもらい、お金を得る

4.ホームシアターの買取業者選び

どの業者にホームシアターの買取を依頼すべきか、悩みがちです。業者選びのポイントや申し込み方法・注意点について把握しておきましょう。

4-1.業者選びのポイント

業者選びの際は、以下のポイントに注目してください。

  • 買取・回収を行っているか
  • 高価買取ができるか
  • 丁寧かつスピーディーに対応するか
  • 古物商・産業廃棄物収集運搬の許可を取得しているか
  • 壊れているものは低価格で回収してもらえるか
  • 買取実績や経験が豊富か
  • 無料見積もり・査定を行っているか

埼玉・東京を中心に不用品の買取・回収を行っている「埼玉出張買取コールセンター」は、高価買取・格安処分を目指しています。ぜひ1度、査定を依頼してみてください。

4-2.申し込み方法

査定の申し込み方法は、電話またはホームページのフォームから可能です。「埼玉出張買取コールセンター」は、365日年中無休で相談・無料見積もりを行っています。どのような質問にもお答えしますので、ぜひご相談ください。

4-3.注意点

「相場よりも安く買い取りされた」「査定を依頼してキャンセルしたら料金を請求された」など、悪徳業者とのトラブルが相次いでいます。悪徳業者は、都道府県から許可を取得していません。また、対応が悪いところがほとんどなので注目してください。きちんと安心して依頼できる業者か、見極める力を持たなければなりません。

5.ホームシアターの買取にかんしてよくある質問

ホームシアターの買取にかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。

5-1.どのような機能が高く売れるのか?

映像・音響機器が組みこまれているタイプは、複数のリモコンを使いわけるだけで簡単な操作が可能です。また、機器によって空調・照明操作ができるものもあります。また、Wi-Fi機能やBDレコーダーがセットになっている機能も人気があるため、高価買取が期待できる商品です。

5-2.ネットオークションのメリット・デメリットが知りたい

近年、注目されているネットオークションは、登録すれば簡単に出品できます。そんな手軽さから利用者が増加中です。買い手が見つかればすぐに取り引きできますが、梱包(こんぽう)して送らなければならない・買い手が見つからない・落札者との金銭トラブルなどデメリットもあります。

5-3.壊れているホームシアターはどうすべきか?

壊れているホームシアターは、回収業者に依頼してください。買取を行っている「埼玉出張買取コールセンター」は、不用品の回収も実施しています。買取不可となっても、その場で回収してもらえるため、手間と時間がかかりません。

5-4.店舗へ持ち運ぶ際の注意点とは?

近くに店舗がある方は、実際に持ち運ぶことができます。しかし、持ち運ぶ際は商品に傷がつかないよう注意しておかなければなりません。無理をして運搬するよりも、業者に任せたほうが安心です。

5-5.査定後、キャンセルしても大丈夫か?

中には、キャンセル料がかかる業者もいます。キャンセル料をとられてしまうのは損ですよね。後悔しないためにも、キャンセル料がかからない業者に査定を依頼してください。「埼玉出張買取コールセンター」は、一切キャンセル料がかかりませんので安心して依頼できます。

まとめ

いかがでしたか? ホームシアターは年々人気が高まってきているため、中古でも需要のある商品です。正常に稼働できるもの・新品状態に近いもの・目立つ傷や汚れがないもの・販売年月から経過していないものであれば、買取対象商品となります。特に、人気ブランドや種類は、高価買取が期待できるでしょう。査定前に、販売年月やメーカー・型番・付属品や傷の有無などを確認してください。買取実績のある複数の業者に査定を依頼して、買取額を比較しましょう。事前にポイントを押さえておけば、上手に買取をすすめることができます。