買取してもらえる自動車工具とは? 買取に出す方法も4つ紹介!


不要になった自動車工具の処分に困っている人の中には、「買取に出したい」「いくらくらいで売れるのか?」とお悩みの人も多いでしょう。「自分で修理しようと思って購入したがもう使わなくなった」「新しい工具に買い替えたい」などの理由で、自動車工具の処分を検討することもあると思います。比較的状態のよい自動車工具は、買取に出してお得に処分するべきです。

この記事では、自動車工具の中古事情や買取相場価格・買取に出す方法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 自動車工具は買取してもらえるのか?
  2. 買取対象になる自動車工具は?
  3. 自動車工具を買取に出す方法
  4. 自動車工具の買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、自動車工具を高く売るコツや買取してもらえる条件・自分に合った買取先などが詳しく分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.自動車工具は買取してもらえるのか?

まずは、自動車工具の種類や中古需要についてまとめました。

1-1.自動車の工具とはどんなものか?

自動車工具とは自動車の修理やメンテナンスに使う道具のことで、ドライバーやハンマー・インパクトレンチ・コンプレッサーなどさまざまなものがあります。ある程度の工具がセットになっているものもありますが、高いものだと70,000~80,000円するため、家庭でのDIY用に持っているという人は少ないでしょう。整備士などの職人が所有しているのは耐久性にすぐれた工具なので、長く使い続ける人がほとんどです。そのため、中古品としての流通は少なくなっています。

1-2.有名メーカーのものは中古でも人気

自動車工具は中古需要があまりないため、買取してもらえるのか不安に思う人も多いでしょう。しかし、開業しようとしている業者が安く購入できる中古品を探す例や、DIY用に個人で安めの工具を購入しようとする例もあります。そのため、特に有名メーカーの工具は中古市場でも人気が高いのです。

2.買取対象になる自動車工具は?

買取対象になる自動車工具の条件や買取価格相場・高く売るコツなどをご紹介しましょう。

2-1.買取してもらえる工具とは?

正常に動作するもので、日立やリョービ・マキタなど有名メーカーの自動車工具であれば買取対象になる場合がほとんどです。また、プロ用の工具は本体の傷や汚れなど多少あっても、査定に影響することはあまりありません。プロ用であれば、傷や汚れよりも査定に影響するものは、性能や出力・モーターの状態などでしょう。

2-2.買取してもらうのが難しい工具もある

逆に、以下のような自動車工具は買取してもらうのが難しいでしょう。

  • 壊れていて正常に動作しないもの
  • 有名メーカー以外のドライバーやレンチ
  • 有名メーカーでもセットでないもの
  • ハブレンチやベアリングリムーバーなどの特殊工具

2-3.価格相場を調べる方法

自動車工具の買取価格は、工具の種類やメーカーによって異なります。また、買取業者によっても査定基準に差があるため、大まかな買取価格相場を把握しておきましょう。インターネットで「自動車工具 価格」を検索すると、複数の業者の買取価格を比較できるサイトが見つかるはずです。そのほかにも、「ヤフオク!」や「メルカリ」などに出品されている例を参考にすれば、大体の価格相場が把握できるでしょう。

2-4.高く売るコツは?

自動車工具を少しでも高く売るコツは、以下のとおりです。

  • 汚れはできるだけ落としておく
  • 正常に動作するか確認しておく
  • セットで売る
  • 複数の見積もりを依頼してして買取先を選ぶ

3.自動車工具を買取に出す方法

自動車工具を買取に出す方法について、それぞれメリットや注意点も併せてご紹介します。

3-1.高く売りたいなら工具の買取専門店へ

工具の買取を専門に行っている業者に持ち込む方法です。工具に関する知識が豊富なため、適正な価格で買取してもらうことができるでしょう。「少しでも高く売りたい」という人におすすめです。ただし、自分で持っていく必要があるため、「店舗が近くにない」「車がなくて運べない」という人にはおすすめできません。

3-2.ほかのものも依頼するなら不用品回収業者がおすすめ

自動車工具のほかにも買取に出したいものがある場合は、不用品回収業者を利用するとよいでしょう。業者のスタッフが直接買取にきてくれるため、自分で運ぶ必要がありません。また、状態のよいものは買取、悪いものは回収という形で引き取ってもらえるため、確実に不用品を処分できるという点もメリットです。ただし、家庭ではなく仕事で使っていた自動車工具を買取に出す場合は、事業系不用品の買取も可能かどうか確認しておく必要があります。

3-3.手軽に売りたいならリサイクルショップへ

近所のリサイクルショップに直接持ち込み、買取してもらう方法も手軽でおすすめです。その場で査定してもらえるため、すぐ現金化したい人は利用してみるとよいでしょう。ただし、自動車工具の買取に特化していないリサイクルショップの場合、買取金額が低くなる傾向があります。また、買取対象外になった場合は、再び持ち帰らなければならないという点もデメリットです。

3-4.希望価格で売れるネットオークションやフリマサイト

ネットオークションやフリマサイトに出品するメリットは、自分で価格を設定できるという点です。うまくいけば希望価格で売ることができるため、ほかの方法よりお得に自動車工具を処分できる可能性があります。実際に「ヤフオク!」や「メルカリ」などのサイトでは工具一式セットが5,000~20,000円前後で取り引きされているため、チェックしてみるとよいでしょう。

ただし、工具の種類やセット内容によっては重さが出てしまうため、こん包して配送する作業が大変になります。また、送料を出品者払いにする場合、送料が売却価格を上回ってしまわないよう注意して設定しましょう。

4.自動車工具の買取に関するよくある質問

「自動車工具を買取に出したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.古い工具でも買取してもらうことは可能ですか?

A.発売から20年以上たっているようなものだと買取対象外になる可能性があります。まずは査定に出してみるとよいでしょう。

Q.不用品回収業者の買取方法にはどのようなものがあるのですか?

A.主に、「持ち込み買取」「宅配買取」「出張買取」の3つがあります。直接持ち込むのが難しい場合は宅配買取、ほかにも買取を依頼したいものがある場合は出張買取を利用するとよいでしょう。

Q.不用品回収業者の選び方を教えてください。

A.豊富な実績があるか、廃棄物収集運搬業や古物商の許可を持っているか、無料見積もりを受け付けているか、などをチェックして選ぶようにしましょう。

Q.悪質な不用品回収業者も存在するというのは本当ですか?

A.残念ながら存在します。事務所の所在地や固定電話の番号を明らかにしない業者や、見積書・領収書を発行しない業者は利用しないほうがよいでしょう。

Q.ネットオークションに出品する際によくあるトラブル例を教えてください。

A.「落札後、商品を送ったが代金が振り込まれない」「強引な値引き交渉をされた」などの例が数多く報告されています。

まとめ

いかがでしたか? 不要になった自動車工具を買取に出す方法や買取価格相場を調べる方法などをまとめてご紹介しました。自動車工具の中古需要は少ないといわれていますが、メーカーや種類によっては高額買取してもらえる可能性は十分にあります。ぜひこの記事を参考にして、お得に自動車工具を処分してください。