リラックスできる部屋の特徴は? 作り方のポイントも一挙公開!


「リラックスできる部屋の作り方が分からない」とお悩みではありませんか? 「部屋でリラックスして1日の疲れを癒(い)やしたいのに、なんだか落ち着かない」という人は多いでしょう。ストレス社会で生きている私たちには、心からリラックスできる空間が必要不可欠です。

この記事では、リラックスできる部屋の作り方について詳しくご紹介しましょう。

  1. 部屋でリラックスできない理由は?
  2. リラックスできる部屋の特徴3つ
  3. リラックスできる部屋の作り方を紹介
  4. リラックスできる部屋に関するよくある質問

この記事を読むことで、人が癒(い)やしを感じるポイントや、リラックスできる部屋作りの注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.部屋でリラックスできない理由は?

まずは、「リラックスできない」と感じる部屋の特徴をご紹介しましょう。

1-1.ものが多くてごちゃごちゃしている

基本的に、ものが多くて散らかっている部屋ではリラックスできません。テーブルの上にはものが出しっぱなし、床には服を脱ぎっぱなしの状態では、心が落ち着かないのです。ものが多いと視界に入ってくる情報量がありすぎて疲れてしまいますよね。

1-2.色の数が多い

使用している色の数が多い部屋も、リラックスできないでしょう。さまざまな色が使われている部屋は統一感がなく、見ていて落ち着きません。特に、鮮やかな色ばかり使っている部屋はリラックスとは程遠いでしょう。

1-3.生活感がなさすぎる

ものが少ないとすっきりしていてよいのですが、生活感がなさすぎる部屋は逆にリラックスしにくいものです。生活に必要なものや自分の趣味を反映したものが何一つないと、殺風景になってしまってホッとできません。

2.リラックスできる部屋の特徴3つ

リラックスできる部屋には、以下のような特徴があります。

2-1.整理整頓されている

リラックスできる部屋は常に整理整頓されています。視界に入ってくる情報が少なく、すっきりしている部屋だと、余計なことを考えずに済むためリラックスしやすいのです。また、整理されていると探しものをすることがないため、イライラしたりストレスを感じたりすることなく過ごすことができます。

2-2.自分の好きなものがある

自分の好きなインテリアや雑貨などが取り入れられている部屋はリラックスできます。好きなものが視界に入る部屋で過ごすと心身が癒(い)やされ、元気になれるものです。脳が活性化し、気持ちも明るく前向きになるでしょう。そのような部屋でリラックスすれば、「また頑張ろう」という気になれるはずです。

2-3.雰囲気に統一感がある

部屋の雰囲気に統一感があると心が落ち着きます。たとえば、家具は天然素材のものでそろえる・インテリアを同系色でまとめるなど、バランスのとれた部屋だと安心感が得られやすいのです。

3.リラックスできる部屋の作り方を紹介

リラックスできる部屋を作るためには、どうしたらよいのでしょうか。

3-1.コンセプトを決める

まずは、どんな部屋にしたいのかを明確にするため、コンセプトを決めていきましょう。ナチュラルテイストやアジアンテイストなど、自分が好きなテイストを取り入れるのがおすすめです。コンセプトを決めてしまえば、そのコンセプトに合った部屋にするにはどのような家具や小物を置けばよいのか・どんな色使いにすればよいのかなどが分かってくるでしょう。

3-2.広く見せる工夫をする

リラックスできる部屋にするためには、広く見せる工夫も必要です。インテリアの選び方や配置の仕方・色の使い方で部屋を広く見せることが可能なので、ぜひ試してみてください。たとえば、高さのある家具を置かない・足付きの家具を選んで床面を広く見せる・家具の色を壁か床の色に合わせるなどのポイントがあります。また、インテリアを配置する際は動線を考え、使い勝手のよい部屋になるよう意識しましょう。

3-3.間接照明と観葉植物を置く

間接照明と観葉植物は、リラックスできる部屋にするための重要なポイントです。間接照明の優しい光には心を癒(い)やす効果があり、蛍光灯で疲れた目を休ませてくれます。観葉植物は、自然の中にいるような気分を楽しませてくれるでしょう。部屋に緑があるだけで癒(い)やし効果が倍増します。

3-4.お気に入りの香りや音楽を取り入れる

自分の好きな香りや音楽を取り入れ、嗅覚や聴覚からも癒(い)やされましょう。リラックスできる空間とは、自分のお気に入りがそろっている空間でもあります。「どんな香りや音楽が好きなのか分からない」という人は、いろいろ試してお気に入りを探してみるのがおすすめです。

4.リラックスできる部屋作りに関するよくある質問

「リラックスできる部屋にしたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.視覚的に落ち着くのはどんな色ですか?

A.淡いトーンの色だと落ち着きを感じやすいといわれています。オフホワイトやクリームベージュなどがおすすめです。

Q.不要なものを判断する基準は何でしょうか?

A.今使っていないものや持っていることを忘れていたもの・似た用途のものが複数あるものは処分すべきです。

Q.リラックスできる部屋にするメリットを教えてください。

A.心身ともに健康になる・家に帰りたくなる・意欲が湧く・人間関係がよくなるなどのメリットがあります。

Q.不用品が大量に出たのですが、どうやって処分すればよいですか?

A.手間をかけたくないなら不用品回収業者に依頼するとよいでしょう。出張回収なら自宅まで回収に来てもらえます。

Q.不用品を売る前にやるべきことは何ですか?

A.きれいに掃除をし、付属品をそろえておきましょう。買取先を比較して選ぶことも大切です。

まとめ

リラックスできる部屋の特徴や、リラックスできる部屋の作り方などを詳しくご紹介しました。「リラックスできる部屋にしたい」と思っても、具体的にどうすればよいのか分からない人も多いでしょう。ぜひこの記事を参考に、どう工夫すべきか考えてみてください。