ホットプレートを処分する方法は? 一番簡単&安く捨てるポイント!


「不要になったホットプレートを処分したいけど、どんな方法があるのだろう」とお考えではありませんか? 買い替えなどで不要になったホットプレートを処分したくても、どこにどんな方法で依頼できるのか、どんな点に注意すべきかなどよく分からないこともあるでしょう。それに、なるべく簡単で安く処分できるに越したことはありませんよね。

そこで今回は、ホットプレートの処分について詳しく解説します。

  1. ホットプレートは何ゴミに分類される?
  2. ホットプレートを処分する方法
  3. まだ使えるホットプレートを買取に出す方法
  4. ホットプレートを処分するときの注意点
  5. ホットプレートの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ホットプレートを処分するポイントがよく分かります。不要になったホットプレートの処分方法をお探しの方は、記事を読んでみてください。

1.ホットプレートは何ゴミに分類される?

最初に、ホットプレートは何ゴミに分類されるか見ていきましょう。

1-1.一定の大きさ以下のものは不燃ゴミ

一定の大きさ以下のホットプレートは、不燃ゴミに分類する自治体が多いでしょう。ホットプレートは、金属やプラスチックなど焼却処分できない素材でできているからです。なお、自治体によって不燃ゴミとして処分できる大きさが異なります。たとえば、品川区では、一辺が30cm以下なら不燃ゴミで処分可能です。そのほか、一辺が50cm以下まで不燃ゴミとして処分できる自治体もあります。

1-2.一定の大きさ以上のものは粗大ゴミ

ホットプレートでも一定の大きさ以上のものは、粗大ゴミ扱いとなる自治体が多いでしょう。粗大ゴミは、大きさや重量があることから、不燃ゴミとして回収できないゴミになります。ただし、自治体により粗大ゴミとして扱われる基準が異なるため、事前に確認することが必要です。ホットプレートを粗大ゴミとして処分する流れについては、この記事の「2-1-2.粗大ゴミ」を参考にしてください。

1-3.業務用ホットプレートは自治体回収に出せない

業務用ホットプレートは、自治体回収に出すことができません。不要になった業務用ホットプレートは産業廃棄物扱いになるため、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼して処分してください。一般家庭用と偽って自治体回収にゴミとして出したり、産業廃棄物収集運搬許可を未所得の業者に依頼したりするのはやめましょう。場合によっては、廃棄物処理法違反と見なされ、罰金刑が科されることがあります。また、廃棄物処理法違反となり社会的な信用を失えば、企業経営に影響が出ることもあるでしょう。

2.ホットプレートを処分する方法

不要になったホットプレートを処分する方法について、詳しく見ていきましょう。

2-1.自治体回収にゴミとして出す

不要になったホットプレートを自治体回収にゴミとして出す方法を、ゴミの分類ごとに解説します。

2-1-1.不燃ゴミ

ホットプレートを不燃ゴミとして出す場合は、自治体ごとに決められた曜日・時間・場所に出しておくと、無料で収集してもらえます。自治体によっては、指定ゴミ袋に入れて出す、金属部分は別途資源ゴミとして出す必要があるため、事前に確認しておきましょう。

2-1-2.粗大ゴミ

ホットプレートを粗大ゴミとして出す場合は、以下の流れを参考にしてください。

  1. 自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡してホットプレートの収集を申し込む
  2. 自治体から受付番号・収集日時と場所・料金の指示を受ける
  3. コンビニなどで料金分の粗大ゴミ処理券を購入する
  4. 粗大ゴミ処理券に受付番号などの必要事項を記入し、ホットプレートに貼り付ける
  5. 収集当日になったら、指定時間より前に収集場所へホットプレートを出しておく
  6. 指定時間以降に自治体がホットプレートを収集して完了

ホットプレートの収集料金は自治体によって異なり、平均して1台300~600円程度です。なお、自分の車などを利用できる場合は、自治体のゴミ処理場に直接持ち込んで処分してもらうこともできます。より詳しい内容は、自治体のホームページで確認してください。

2-2.自治体に小型家電として出す

自治体によっては、ホットプレートを小型家電リサイクル法の対象品目としてリサイクルできることがあります。小型家電リサイクル法は、小型家電に含まれる資源の有効活用などを目的とした法律です。まずは、住んでいる自治体でホットプレートが小型家電に指定されているか確認してみましょう。小型家電としてリサイクルするには、役所や商業施設などに設置してある小型家電専用回収ボックスに投入してください。処分費用は無料です。なお、小型家電専用ボックスに投入できない大きさのものは、小型家電としてリサイクルできないことがあります。

2-3.販売店の回収サービスを利用する

不要になったホットプレートは、販売店の回収サービスを利用してリサイクルすることもできます。販売店では、自社の環境活動の一つとして不要になった家電を回収しリサイクルしていることがあるので、調べてみるとよいでしょう。販売店の回収サービスは、店頭持ち込みが基本で、ホットプレート1台に付き数百円程度の手数料がかかるのが一般的です。ただし、買い替えを伴う場合は、販売店によって不要になったホットプレートを無料で回収してもらえることもあります。

2-4.知人に譲る

まだ新しくてキレイなホットプレートなら、知人に譲ることも考えてみましょう。特に、アウトドアやホームパーティーが好きな人なら、喜んで使ってもらえる可能性があります。まずは、ホットプレートを譲り受けてもらえそうな知人に連絡してみるとよいでしょう。譲り先が決まれば、まだ使えるホットプレートを有効活用してもらえます。配送方法などは、先方の希望をできるだけ優先してください。近場であれば、直接手渡ししたり、自宅まで取りに来てもらったりするのもよいでしょう。

2-5.不用品回収業者に処分を依頼する

不要になったホットプレートは、不用品回収業者に処分してもらうこともできます。不用品回収業者では、あらゆる不用品の引取処分と買取を行っており、都合のよい日時と場所を指定して回収してもらえるので、忙しい人などにもピッタリです。ただし、ホットプレートだけでは回収費用が割高になることがあるので、そのほかの不用品も同時に依頼するとよいでしょう。

2-6.買取に出す

買い替えなどで不要になったホットプレートは、条件しだいで買取してもらえることがあります。買取してもらえば、まだ十分に使えるホットプレートを廃棄処分せずに済むだけでなく、買取代金を入手できるのがメリットです。より詳しい内容は、この記事の「3.まだ使えるホットプレートを買取に出す方法」を参考にしてください。

3.まだ使えるホットプレートを買取に出す方法

まだ十分に使えるホットプレートを買取に出す方法について、詳しくご紹介します。

3-1.買取してもらえるホットプレートの条件は?

買取してもらえるホットプレートは、以下のような条件を満たしたものです。

  • 有名メーカー品
  • 年式が新しい
  • 不具合や故障がない
  • 目立つ汚れや破損・傷・臭いがない
  • 購入時の付属品がそろっている

なお、業者によって買取してもらえる条件が異なります。より詳しい内容については、業者に確認してください。

3-2.ホットプレートを買取に出す方法

ホットプレートを買取に出す方法を、詳しく見ていきましょう。

3-2-1.中古家電買取専門業者に売る

不要になったホットプレートは、中古家電買取専門業者に売ることができます。中古家電買取専門業者では、ホットプレートをはじめ、あらゆる家電を買取しており、豊富な専門知識や買取実績があることが特徴です。そのため、ホットプレート以外にも買取してもらいたい家電がある、専門知識に基づいた査定を受けたいといった場合に向くでしょう。なお、買取専門になるため、万が一買取不可の場合は引取処分も依頼できません。

3-2-2.リサイクルショップに売る

リサイクルショップでも、不要になったホットプレートを買取しています。買取を希望するときは、業者の店頭に持ち込むなどの方法で査定を受けましょう。提示金額に納得できる場合は、そのままホットプレートを引き渡して買取代金を受け取ってください。リサイクルショップでは、ホットプレート以外の不用品も買取を依頼できます。なお、リサイクルショップも買取が主体になるため、万が一買取不可になった場合は、引取処分も依頼できないことがあるので注意してください。

3-2-3.不用品回収業者に買取してもらう

不要になったホットプレートは、不用品回収業者に買取してもらうこともできます。買取を希望するときは、業者に連絡して査定を受けましょう。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼してください。不用品回収業者では、万が一買取不可になった場合でも、そのまま引取処分を依頼できて便利です。また、都合のよい日時と場所で回収してもらえる、そのほかの不用品を同時に買取・引取処分してもらえるなどのメリットもあります。なお、当リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでも、不要になったホットプレートを買取していますので、お気軽にご相談ください。

3-2-4.ネットオークションやフリマアプリに出品する

ネットオークションやフリマアプリに出品し、ホットプレートを売ることも可能です。自分が売りたい価格を設定でき、タイミングによっては思わぬ高額落札もあり得ます。独自の流れがあるので、普段から利用していて手続きに慣れている人に向く方法です。なお、ネットオークションやフリマアプリでは、家電以外にも不用品が多数出品されており、タイミングによってはなかなか落札されないことがあります。そのため、急ぎで売る必要がない場合に検討してみるとよいでしょう。

4.ホットプレートを処分するときの注意点

ホットプレートを処分するときには、いくつか注意すべき点があります。

4-1.カセットガス式のものはガセットガスを取り外しておく

ホットプレートでも、カセットガス式のものを処分するときは、カセットガスを外しておくことを忘れないでください。カセットガスをセットしたまま処分すると、爆発して思わぬ事故につながることがあります。取り外した後のカセットガスは、別途安全な方法で処分してください。

4-2.信頼できる業者に処分を依頼する

ホットプレートの処分は、信頼できる業者に依頼することが大切です。具体的には、以下のポイントを参考に判断するとよいでしょう。

  • 不用品回収で豊富な実績がある
  • 回収後の不用品を適切な方法で再販・再資源化している
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 可能なものは買取もしている
  • 都合のよい日時・場所で回収してもらえる
  • スタッフの対応が親切で顧客からの評判もよい
  • 業務に必要な許可を取得済み

なお、当リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでも、ホットプレートをはじめとする不用品回収の実績が豊富にあります。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4-3.悪質業者の手口に注意すること

悪質業者の手口には十分に注意してください。最近では、無料で不用品を処分するとうたいながら、貴金属類など金銭価値の高いものを無理やり回収する手口が急増しています。また、安い料金を提示して契約しておきながら、実際には何かと理由を付けて高額な請求をされるケースもあるので注意しましょう。特に、いきなり訪問してきたりしつこく電話勧誘してきたりする業者は、悪質なことが多いので契約してはいけません。うっかり契約すると、思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。ホットプレートの処分を業者に依頼する場合は、この記事の「4-2.信頼できる業者に処分を依頼する」を参考にし、信頼できると判断してからにしましょう。

5.ホットプレートの処分に関するよくある質問

最後に、ホットプレートの処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.ホットプレートは何年ごとに買い替えるべきか?

A.特に決まりはありません、汚れや傷みが気になる、不具合が見られるなどのタイミングで買い替えるとよいでしょう。なお、ホットプレートをほとんど使わない場合でも、経年などの理由により部品の劣化が徐々に進みます。定期的に動作をチェックし、不具合がないか確認しておくとよいでしょう。

Q.ホットプレートを不燃ゴミに出す場合でも汚れを掃除しておくべきか?

A.特に必要ありません。ただし、運搬時などに手や服を汚すことがあるので、簡単にでも外観を掃除しておくことがおすすめです。

Q.粗大ゴミにホットプレートのフタだけ出す場合も有料になる?

A.はい。大きさなどにより粗大ゴミ扱いになった時点で、自治体が規定した処分費用が必要になります。

Q.まだ新品のホットプレートなのに買取不可になったのですが?

A.新品であっても不人気メーカー品や海外製の粗悪品では、買取価格が付かないことがあります。また、元値が安く中古市場でほぼ引き合いがないことも買取不可になる理由の一つです。

Q.業者の査定金額に納得できない場合はどうする?

A.まずは、業者に問い合わせて査定理由を教えてもらいましょう。正当な理由があって低い金額を提示されている場合は、相場と考えるのも一つの方法です。なお、業者から査定理由を聞いても納得できない場合は、取り引きを中止しても構いません。

まとめ

今回は、ホットプレートの処分について詳しく解説しました。不要になったホットプレートは、自治体回収に不燃ゴミや粗大ゴミとして出すことが可能です。そのほかにも、知人に譲る、販売店の回収サービスを利用する、不用品回収業者に依頼するなど、さまざまな方法があります。まだキレイで状態のよいものなら、買取に出すことも検討してみましょう。たとえば、不用品回収業者に依頼すると、都合のよい日時と場所で回収してもらえる、ホットプレート以外の不用品も同時に引取処分・買取してもらえるなど多くのメリットがあります。この記事を参考にし、信頼できる業者によく相談してみるとよいでしょう。