学習机を処分したい人へ! 一番安い&楽に捨てる方法を教えます!


「使わなくなった学習机を処分したいけど、何ゴミとして出せるのだろう?」「学習机を簡単に処分する方法を知りたい」とお考えではありませんか? 学習机は、子どもが勉強するのに大変重宝する家具ですが、成長と共に不要になるものです。しかし、処分したくても、大きさや重量があるため、自治体回収に粗大ゴミとして出せるのか、そのほかの方法を選ぶべきかなどよく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、学習机の処分について詳しく解説します。

  1. 学習机は何ゴミに分類される?
  2. 不要になった学習机を処分する方法
  3. 不要になった学習机を処分するときの注意点
  4. リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターがおすすめ
  5. 学習机の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、学習机を処分する方法やポイントがよく分かります。学習机を処分する予定がある人は、記事を読んでみてください。

1.学習机は何ゴミに分類される?

最初に、学習机は自治体回収で何ゴミに分類されるか見ていきましょう。

1-1.そのまま出す場合は粗大ゴミ

学習机をそのまま出す場合は、多くの自治体で粗大ゴミになります。学習机は、大きさや重さがあるため、可燃ゴミや不燃ゴミとしてそのまま出すことができないからです。学習机を自治体回収で粗大ゴミとして出す流れは、以下を参考にしてください。

  1. 自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡して学習机の収集を依頼する
  2. 自治体から受付番号・収集日時・収集場所・料金の指示を受ける
  3. コンビニなどで料金分の粗大ゴミ処理券を購入し、受付番号などの必要事項を記入する
  4. 3を学習机の分かりやすい場所に貼り付ける
  5. 収集当日になったら、指定時間より前に収集場所へ学習机を運んでおく
  6. 指定時間以降に自治体が学習机を収集して完了

上記のほか、自治体のゴミ処理場に学習机を直接持ち込んで処分してもらうことも可能です。しかし、学習机を運搬するのは大変なので、軽トラックなどを自分で手配でき、運搬を手伝ってくれる人を確保できることが条件になるでしょう。

1-2.分解する場合は可燃ゴミや不燃ゴミ

学習机を分解する場合は、素材の種類によって自治体回収に可燃ゴミや不燃ゴミなどで出すことができます。可燃ゴミや不燃ゴミで出す場合、処分費用は無料です。粗大ゴミで出すのが面倒、無料で処分したいといった場合は、検討してみるとよいでしょう。ただし、学習机は子どもが使っても壊れにくいよう、頑丈にできているものが多くなります。そのため、分解するのが想像以上にハードなことがあるので、無理をしないようにしましょう。

2.不要になった学習机を処分する方法

不要になった学習机を処分する方法について、詳しく見ていきましょう。

2-1.知人や福祉施設に譲る

不要になった学習机は、知人や福祉施設に譲ることができます。学習机がまだキレイで十分に使うことができるのなら、検討してみるとよいでしょう。譲り先が見つかれば、学習机を処分せずに済み、有効活用してもらえます。子どもがいる知人や学習机を必要としていそうな福祉施設に、譲り受けてもらえるか聞いてみるとよいでしょう。なお、譲り先が福祉施設の場合は寄付という形になるため、譲り先が配送手段を手配し、配送費用を負担するのが一般的です。

2-2.販売店の回収サービスを利用する

販売店では、新規購入を促すために不要になった学習机を回収していることがあります。学習机の買い替えを予定している人は、販売店に確認してみてください。回収サービスが利用できれば、買い替えと同時に不要になった学習机を処分することができます。なお、多くの場合、買い替え客向けのサービスとなるため、単に回収サービスだけで利用できないのが一般的です。

2-3.不用品回収業者に処分してもらう

不要になった学習机は、不用品回収業者に処分してもらうことが可能です。不用品回収業者に学習机の処分を依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 都合のよい日時・場所で回収してもらえる
  • 収集場所まで運ぶ手間がかからない
  • 学習机以外の不用品も同時に処分してもらえる
  • 状態のよいものは買取してもらえることがある
  • 回収後の学習机を再販や再資源化で有効活用してもらえる

なお、不用品回収業者に学習机の処分を依頼する場合、さまざまなポイントをチェックして信頼できると判断した業者に依頼するのが基本です。併せて、この記事の「4.リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターがおすすめ」も参考にしてください。

2-4.買取に出す

不要になった学習机でも、汚れや傷みが少なくてキレイ、使用感が少ないなどの条件を満たすものは、買取してもらえることがあります。学習机を買取に出す方法は、以下をご覧ください。

  • 中古家具買取専門業者に売る
  • リサイクルショップに売る
  • 不用品回収業者に買取してもらう
  • ネットオークションやフリマアプリに出品する

なお、上記の中で一番おすすめなのは、不用品回収業者に買取してもらう方法です。都合のよい日時と場所を指定して回収してもらえる、そのほかの不用品も買取や引取処分を依頼できるなど何かと便利なので検討してみるとよいでしょう。

3.不要になった学習机を処分するときの注意点

不用になった学習机を処分する際には、いくつか注意すべき点があります。

3-1.個人情報が分かるものを取り除く

名前シールや写真シールなど、個人情報が分かるもの取り除いておきましょう。学習机には、子どもが名前シールや写真シールを貼っていることが多く見られます。中には、側面や裏側・引き出しの下に貼っていることもあるので、念入りにチェックしてください。また、マジックなどで名前が書かれていたら、消しておくか上塗りするなどして判別できないようにしておきましょう。いずれも、個人情報の流出を防ぐために重要です。

3-2.引き出しの中身をすべてチェックする

引き出しの中身をチェックして、何もない状態にしておきましょう。よくあるのが、引き出しの中身を入れたまま処分してしまい、後悔するケースです。一般的に、どんな処分方法であっても、いったん自分の手を離れた後は、中身だけ取り戻すことは困難になります。特に、日記や写真などの大切なものや流出したら困るものが引き出しに入れたままになっていないか、確認してください。

3-3.処分方法によっては汚れをキレイにクリーニングしておく

学習机を譲ったり買取に出したりする場合は、汚れをキレイにクリーニングしておきましょう。汚れをキレイにクリーニングすることで、次に所有する人が気持ちよく使うことができます。さらに、買取に出す場合は、キレイな状態であることで査定金額の上乗せにつながるでしょう。学習机は、手あかやホコリなどで想像以上に汚れているものです。子どもの手がよく触れる部分を中心に、丁寧にクリーニングしてください。

4.リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターがおすすめ

不要になった学習机は、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターに処分を依頼すると便利です。

4-1.不用品の処分実績が豊富にある

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、不用品の処分実績が豊富にあります。あらゆる依頼をこなしているので、どんな要望にも柔軟に対応してもらえるのがメリットです。また、学習机の処分に関する不安や疑問にも分かりやすく的確に回答してもらえます。学習机の処分実績が豊富であることは、多くの顧客から支持された証拠でもあるため、安心して依頼できるといえるでしょう。

4-2.回収後の学習机を適切な方法でリサイクルしてもらえる

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、回収後の学習机を適切な方法でリサイクルしてもらえるのもポイントです。不要になった学習机も、素材ごとに分解して再生資源や再生燃料として利用できます。また、まだ十分に使えるものは、再販して新たな持ち主を探してもらうことが可能です。廃棄処分になる方法と比べると、はるかに有意義といえるでしょう。

4-3.見積もりは無料

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、見積もりを無料で依頼できます。見積もりは、学習机の処分費用をできるだけ正確に知るために必要な作業です。見積もりだけでも、スタッフの人件費などがかかるため、本来であれば有料であってもおかしくはありません。しかし、あえて無料にすることで、気軽に検討してもらうことができます。結果的に、無料の見積もりから正式な依頼につながることが多いので、賢い判断ができる業者といえるでしょう。

4-4.リーズナブルで明確な料金システム

リーズナブルかつ明確な料金システムであることも、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターの魅力です。学習机の処分費用は、学習机の大きさや素材、回収場所の立地条件、回収希望日時などにより大きく異なります。そのため、いくらで処分できると簡単に提示することができません。しかし、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、リーズナブルで明確な料金システムを確立しているので、安心です。

4-5.都合のよい場所・日時で回収してもらえる

都合のよい日時と場所で学習机を回収してもらえるのも、大きなメリットといえます。学習机を処分したくても、大きさや重さがあるため、どんな方法で運搬するか悩んでしまうものです。その点でも、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターなら、都合のよい日時と場所で回収してもらえるため、運搬する必要がないほか、多忙な人にも好都合といえます。

4-6.状態のよいものは買取もしている

状態のよいものは買取してもらえるのも、埼玉出張買取コールセンターを利用するのがおすすめの理由です。たとえば、子どもが気に入らないなどの理由で、購入後ほとんど使用していない、年式が新しい、人気メーカー品などの条件のよい学習机は、高く買取してもらえる可能性があります。なお、万が一買取不可になっても、そのまま引取処分を依頼できるのも便利です。学習机以外の不用品も積極的に買取しているので、この機会に問い合わせてみるとよいでしょう。

5.学習机の処分に関するよくある質問

最後に、学習机の処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.学習机を2台まとめて粗大ゴミに出すメリット・デメリットは?

A.以下を参考にしてください。

メリット

  • 手続きが1回で済む
  • 設置スペースがより早くフリーになる

デメリット

  • 集荷場所まで運ぶ労力や時間がかかって大変
  • 2台まとめて出しても処分費用が安くなるわけではない

Q.学習机を処分するのに適したタイミングは?

A.以下のようなタイミングで処分するとよいでしょう。

  • 子どもが成長してサイズが合わなくなった
  • 汚れや傷みが目立つ
  • 子どもが社会人になった
  • 引っ越しをする
  • より魅力的なモデルが発売された

Q.学習机を処分するのに子どもが抵抗するのですが?

A.子どもは、自分の学習机に特別な思い入れがあることがあります。処分するのに抵抗する場合は、処分するメリットや必要性を分かりやすく説明し、納得してもらうとよいでしょう。

Q.学習机の査定金額が思ったより低いのですが?

A.査定時に傷や汚れなどのマイナスポイントが見つかったり、中古市場での需要が急激に下がったりした場合は、想定より低い査定金額を提示されることがあります。もしも査定結果に不満があるのなら、業者に査定理由を説明してもらうとよいでしょう。

Q.学習机と同時に処分したほうがよいものは?

A.特にありません。しかし、着られなくなった子ども服や学習教材など、子どもが必要としなくなったものを中心に処分を検討してみるとよいでしょう。そのほか、この機会に家中の不用品をまとめて処分するのもおすすめです。

まとめ

今回は、学習机の処分について詳しく解説しました。子どもの成長などで不要になった学習机は、自治体回収にゴミとして出す以外にも、さまざまな処分方法があります。汚れや傷みが目立つものは、販売店の回収サービスを利用したり不用品回収業者に処分を依頼したりするとよいでしょう。まだキレイで十分に使えるものは、知人や福祉施設に譲ったり買取に出したりすることもできます。なお、不用品回収業者なら、学習机以外にも不用品を幅広く引取処分・買取しており、都合のよい日時と場所で回収してもらえるので便利です。


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター