電源ケーブルの処分方法を徹底解説! 廃棄するならリサイクルショップへ

電源ケーブル類不用品の買取

電源ケーブルや接続ケーブルは電化製品を購入すると必ず付属します。互換性のあるものが多く、前のケーブルを使い回している方もいることでしょう。ですが、新しいケーブルを保管しようと棚の引き出しを開け、「いつの間にかケーブルがあふれかえっている!」という状況の方はいませんか? もはやどの家電に使うものなのかわからず、捨てるにも処分方法を考えてしまうと思います。

そこで今回は、ケーブル類の廃棄についてまとめてみました。

記事の最後までお付き合いいただければ、ケーブルを賢く処分できるようになります。ただ廃棄しては損です。1から丁寧に解説しますので、順を追って見ていきましょう。5分で読破可能です。

1.ケーブルの種類について

家庭に電気を流すものからテレビにつなぐ配線まで、ケーブルの用途は多岐にわたります。使用環境によって作りは異なりますが、最もなじみが深いのは通信用ケーブルでしょう。鋼線・光ファイバーを用いており、スムーズなやり取りを可能とする仕様です。今お使いのパソコンに接続しているコード類、あるいは携帯電話を充電する配線を見ればケーブルのイメージも付きやすいと思います。

代表的なものを下記で説明していきますので、一通り目を通してみてください。

1-1.パソコン用

  • LANケーブル(パソコンとルーターをつなぐケーブル)
  • USBケーブル(マウスやキーボードをパソコンに接続するケーブル)

上記が主流なケーブルです。なお、今出回っている無線タイプはケーブルが不要となります。

1-2.テレビ・オーディオ用

白・黄・赤色からなる3色ケーブルが有名で認知度も高いです。テレビとゲーム機や録画機をつないだり、オーディオ同士で情報を交換したりする際に使用します。子どもの運動会を撮影したビデオカメラをテレビにつなぎ、家族で見ている光景を思い浮かべると、どこにケーブルが使われているのかイメージしやすいでしょう。

1-3.そのほか

ギターなどの楽器とアンプ・スピーカーを接続しているのもケーブルです。音響機器には必ずと言っていいほどケーブルが使われているため目に付きやすいと思います。

ケーブルには複数の種類があるんですね。

はい。そのため、ゴミとして捨てる頻度も多くなります。

2.ケーブルの処分~ごみとして出す場合~

基本の情報を押さえたところで、ケーブルの処分方法について説明していきます。ごみとして出すにはルールがあるので、適切に廃棄しましょう。

2-1.何ごみか?

自治体によって異なりますが、ケーブルは30cm以内であれば基本的に燃えないごみです。30cmを超えてしまった場合でも、束ねる・切断することで同様の処分が可能となります。ただ、金属のアダプターなどが付属されている場合は自治体によって扱いが異なるので、役所に尋ねてみてください。

また、ライブハウスで用いるような10mを超えた太いケーブルは粗大ごみになる場合があるので、同じくお住まいの自治体で確認しましょう。

2-2.自治体による捨て方

ケーブルが燃えないごみの場合、普段のように収集所へ出して問題ありません。粗大ごみの扱いでしたら、事前に自治体に回収日時を予約しましょう。そのあと、粗大ごみ処理券をコンビニか郵便局で購入し、ケーブルに添付して指定場所に運びます。注意点として、予約した日時以外に収集所へ出してはいけません。ケーブルは金属を含んでいるため、不法業者が発見した場合、勝手に持っていかれてしまう可能性があります。

2-3.小型家電回収ボックスについて

お住まいの自治体によっては「小型家電回収ボックス」という箱を役所・公共施設に設置しています。大きさの制限はありますが、家庭で不要になった小型家電を無料で回収してくれるので覚えておいてください。
各ケーブルをはじめ、携帯電話やゲーム機などが回収対象です。ごみ収集カレンダーに記されていますので確認してみてください。わからない方は役所のホームページか電話で問い合わせてみましょう。

2-4.注意点

「気付かれないだろう」と燃えるごみの袋に入れて収集所に出してはいけません。自治体によっては厳しく管理しているところもあれば、見ず知らずの他人がごみを漁(あさ)って持っていく可能性もあります。自分の出したごみ袋が破られて散乱しているのは気持ち悪いですよね。それに、不法投棄されて所有者があなただと判明した場合は、行政から回収するよう通告が来るケースもあります。そうしたトラブルに巻き込まれないためにも、適切に処分してください。

一般的なゴミとして捨てることもできるんですね。

はい。まずは自治体のサイトなどを確認し、ゴミの分別区分を確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました