不要なチャイルドシートは買取に出すのがお得!高額買取のコツとは?


不要になったチャイルドシートを買取に出してみてはいかがでしょうか? チャイルドシートは子どもが小さいうちだけ使用するものです。成長に伴って不要になった場合、処分方法に悩む人も多いと思います。比較的状態のよいものであれば、廃棄するよりも買取に出してみましょう。思った以上に高額で買取してもらえる可能性もありますよ。この記事では、チャイルドシートの中古での需要や高額査定のコツなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. チャイルドシートについて
  2. チャイルドシートの買取について
  3. チャイルドシートの買取方法
  4. チャイルドシートの買取業者選び
  5. チャイルドシートの買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、不要になったチャイルドシートをお得に処分する方法が分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.チャイルドシートについて

まずは、チャイルドシートの種類や必要な時期についてまとめました。

1-1.種類・人気

チャイルドシートとは車で使用する幼児用補助装置の総称であり、使用する年齢によっていくつかの種類に分けられます。

  • ベビーシート:新生児・乳児用。生まれてから1歳ごろまで使用
  • 幼児用チャイルドシート:1~4歳ごろで使用。体重9~18㎏が対象
  • 学童用ジュニアシート:3~12歳ごろで使用。体重15~36㎏が対象

そのほかにも、乳幼児兼用のタイプや幼児から学童まで兼用できるタイプのものなどもあります。最近の傾向としては、長く使用できる兼用タイプのチャイルドシートが人気を集めているのが現状です。

1-2.必要な時期

チャイルドシートの着用が義務化されたのは2000年のことです。子どもが自家用車に乗る際はチャイルドシートを着用しなければならず、違反した場合は「幼児用補助装置使用義務違反」で1点の違反点数が付加されることになります。チャイルドシートの着用義務があるのは、6歳以下の子どもです。生まれたときから6歳になるまで、子どもが自家用車に乗る際には、必ずチャイルドシートを着用する必要があります。ただし、大人用のシートベルトは身長140cm以上の体型を対象に作られているため、6歳を過ぎても身長が140cm以下の子どもはチャイルドシートを着用するのがおすすめです。

2.チャイルドシートの買取について

チャイルドシートの買取需要や人気のブランドなどをご紹介しましょう。

2-1.買取需要について

チャイルドシートは子どもの成長に伴う買い替えが必要になります。そのため、できるだけ安く購入したいという人が多いでしょう。チャイルドシートの中古需要は非常に高く、高額買取してもらえる可能性は十分にあります。チャイルドシートは使用年数の短いものや新しいモデルのものほど高く売れるため、できるだけ早めに買取に出すのがおすすめです。

2-2.買取のメリット

不要になったチャイルドシートを処分する場合、まず思いつくのが自治体のゴミ回収を利用する方法でしょう。多くの自治体では、チャイルドシートを粗大ゴミとして回収しています。粗大ゴミとして処分する場合は500~1,000円程度の料金がかかることが多いため、まだ使えるチャイルドシートは買取に出したほうがお得に処分できるでしょう。ネットオークションに出品する方法もありますが、「買い手がいつ見つかるか分からない」「取り引きや発送に手間がかかる」というデメリットもあります。その点、買取に出すと手間や時間をかけずに済むためおすすめです。

2-3.買取できるもの、できないもの

壊れているものや汚れがひどいものは買取の対象にならない場合がほとんどです。買取できるのは以下のようなチャイルドシートになります。

  • 壊れていないもの
  • 目立つ汚れや傷がないもの
  • 比較的新しいモデルのもの
  • 安全性や衛生面に問題がないもの

2-4.古いもの、故障しているものは?

古いものや故障しているものなど、買取対象にならないものはどのように処分すればよいのでしょうか。「買取を依頼して断られたものは粗大ゴミとして処分する」と考える人も多いと思います。しかし、中には買取と回収を同時に受け付けている業者もあるのです。まずは買取を依頼し、買取不可の場合は回収という形で引き取ってもらうとよいでしょう。時間や手間を大幅に短縮できておすすめです。

2-5.人気のブランド、種類

中古市場でも特に人気が高いのは、コンビやアップリカ・リーマン・カーメイトのチャイルドシートです。特にコンビの「ゼウスターンシリーズ」や「プリムロングシリーズ」など、新生児から4歳ごろまで長く使えるタイプのチャイルドシートは高額買取の可能性が高いでしょう。

3.チャイルドシートの買取方法

チャイルドシートの買取をしてくれるところや買取相場などをご紹介します。

3-1.買取してくれるところは?

チャイルドシートの買取先としてまず思いつくのが、リサイクルショップでしょう。直接持ち込めばその場で査定してもらえるため、すぐ現金化したい人におすすめです。ただし、状態によっては買取不可となり、持ち帰らなければなりません。そのほかにも、家庭から出た不用品の買取を行う業者を利用する方法もあるでしょう。回収と買取を同時に行っている業者であれば、状態のよいものは買取、悪いものは回収という形で確実に処分可能です。

3-2.買取相場

チャイルドシートの買取相場は、メーカーや種類・状態によって大きく異なります。また、依頼する業者によっても査定基準に差があるため、できるだけ事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較するのがおすすめです。そうすることで、大まかな相場を把握しておきましょう。

3-3.高額査定商品とは? 高額査定のコツ

人気メーカーのチャイルドシートで発売から3年以内のものであれば、高額査定商品になる可能性が高いでしょう。そのほかに、少しでも高く買取してもらうためのコツは以下のとおりです。

  • シートを外して洗濯するなど、きれいな状態にしておく
  • 説明書や保証書などの付属品をそろえておく
  • 買取先を比較して選ぶ
  • できるだけ早く売る

3-4.注意点

特に注意が必要なのは、タバコやペットのにおいがついたチャイルドシートです。見た目がきれいでもにおいがついたものは売れにくくなるため、特にネットオークションに出品する場合は注意しましょう。喫煙者やペットの同乗がなかったことをアピールすることをおすすめします。

4.チャイルドシートの買取業者選び

チャイルドシートの買取業者選びについて、申し込み方法や注意点などをご紹介します。

4-1.業者選びのポイント

買取業者選びのポイントは、以下のとおりです。

  • 豊富な実績がある
  • 回収と買取を同時に行っている
  • 不用品の回収や買取の事業を行う上で必要な許可を得ている
  • 事務所の住所や固定電話の番号をホームページに記載している
  • 無料見積もりを受け付けている
  • 料金体系が分かりやすい
  • 丁寧でスピーディーな対応をしてくれる

4-2.回収方法について

業者による回収方法には主に「持ち込み回収」「宅配回収」「出張回収」があります。「埼玉出張買取コールセンター」では出張による回収・買取を実施しており、自宅まで不用品の引き取りに来てくれるため、大変便利です。自分で運ぶのが難しい場合や、ほかにも処分を依頼したい不用品がある場合は、利用してみるとよいでしょう。

4-3.査定、買取金額について

埼玉出張買取コールセンター」では、不用品の格安回収と高額買取を行っています。他社との違いを比較するためにも、ぜひこちらから無料見積もりを依頼してみてください。無料相談も受け付けているため、買取が可能か、高額買取のためにはどうしたらよいかなど、相談してみるとよいでしょう。

4-4.買取方法、流れ、申し込み方法

埼玉出張買取コールセンター」を利用する流れは、以下のとおりです。

4-5.注意点

不用品の回収や買取を行う業者の中には、必要な許可を持たずに営業している違法業者も存在しています。そのような業者を利用するとトラブルに巻き込まれる可能性があるため、注意が必要です。実際に「見積もりと違う高額な料金をだまし取られた」「不用品を不法投棄された」というトラブル例が数多く報告されています。業者を選ぶ際は慎重に行いましょう。

5.チャイルドシートの買取に関するよくある質問

「チャイルドシートを買取に出したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.チャイルドシートを粗大ゴミとして捨てる際の手順を教えてください。
A.事前に申し込みをし、回収日時と回収場所・料金を確認します。料金分の粗大ゴミ処理券を購入し、チャイルドシートに貼った状態で回収場所に置いておくと回収してもらえるのが一般的な流れです。

Q.不要になったチャイルドシートを寄付することは可能でしょうか?
A.もちろん可能です。社会福祉協議会やNPO法人が寄付を募っている場合があるため、確認してみるとよいでしょう。

Q.チャイルドシートは何年たっても使用できますか?
A.メーカーや種類によって標準使用期間が決められており、8~10年の場合がほとんどです。

Q.買取金額はどのように決めるのでしょうか?
A.メーカーや年式・状態だけでなく、中古販売相場や再販時の需要度などを考慮して算出されます。

Q.回収業者が回収できないものもあるのですか?
A.「埼玉出張買取コールセンター」では、銃器や刀・薬品・血液・盗品などの回収は行っていません。

まとめ

いかがでしたか? 不要になったチャイルドシートを買取に出す方法について詳しくご紹介しました。チャイルドシートは子どもの成長に伴い不要になるものです。状態のよいものは廃棄するのではなく、買取に出す方法を考えたほうがお得でしょう。ぜひこの記事を参考にして、チャイルドシートを賢く処分してください。