どうやって捨てるの?使わなくなったガラケーの3つの捨て方とは


スマートフォンが一般的になっている今、ガラケーの需要も少なくなってきました。
スマートフォンに機種変更したから、使わなくなったガラケーが家に眠っているという人も少なくないと思います。
使わなくなったガラケーをどう処分したらいいのか…と迷ってしまう人も多いですよね。
購入したとしても、捨てることは少ないガラケーですから、捨て方を知らない人も多いのです。
ガラケーの捨て方について、紹介します。

1.ガラケーは捨てずに売る!

ガラケーを処分すると聞くと、どうしても捨て方を思い浮かべてしまいますが、ガラケーは売れるのです。
スマートフォンの需要が高い今、昔ほど高値では売れなくなってしまいましたが、それでもガラケーはリサイクルショップなどに売ることが出来ます。
古い機種でも3,000円程度、新しい機種でスマートフォン並みに機能が充実しているものであれば1万円程度でも売ることが出来ます。
機種変更をしてもまだまだ使えるガラケーであれば、売ってしまって、誰かに活用してもらった方がいいかもしれませんね。
その際には、中に入っているデータをしっかり消しておくことが大切になります。
また、買取店のデータ消去の方法を確認して、しっかりデータを消してくれる買取店などに依頼するようにしましょう。

2.そのまま取っておく

捨て方を紹介しているのにそのまま取っておくというのは…と思うかもしれませんが、機種変更をした後のガラケーというのは意外と使い道があるのです。
目覚まし時計代わりに利用したり、ボイスレコーダーの機能があれば、ボイスレコーダーとしても利用できるでしょう。
スマートフォンの充電というのはまだまだ長時間持つものが少ないので、使わなくなったガラケーと併用して使うことも出来るのです。
データを消去したとしても、手元からなくしてしまうのは不安であるという人は、手元に残しておいて活用するというのもひとつの手段かもしれません。

3.携帯ショップに持っていく

買取店だと不安だけど、家に使わないガラケーを置いておくのも嫌というときには、携帯ショップに持っていくのが一番です。
ガラケーの捨て方としては一番安全で安心できるものかもしれません。
携帯ショップに持ち込むガラケーは、どこのキャリアのものでも引き取ってもらうことが出来ます。
ガラケーには貴重なレアアースなどが使われていることもあり、携帯ショップに持ち込まれたガラケーはそのままリサイクルされることになります。
使わなくなったガラケーを携帯ショップに持ち込むと、その場で本体に穴を開けて、データの復元が出来ないようにしてからリサイクルされることになります。
安心出来る捨て方をしたいという人は、携帯ショップに持ち込むのが一番でしょう。

まとめ

  1. リサイクルショップなどに売る
  2. 捨てずに自分で活用する
  3. 携帯ショップに持ち込んで処分する

使わなくなったガラケーの捨て方では、しっかりデータが消去されることや、復元されて悪用される心配がないことが重要なポイントになります。
まだまだ使えるガラケーなら、買取店などに持ち込んでしまうのがお得かもしれませんね。