片付けのコツは捨てること!? 実践するだけで成功する片付けの基本


「何度やっても片付けが失敗してしまう」と悩んではいませんか。実は、片付けにおける最も重要なコツは、ものを捨てることなのです。ものを捨てられるようなれば、片付けを簡単に成功させることができます。とはいえ、ものを捨てる基準が分からなかったり、捨てる決心が付かなかったりして困っている方も多いでしょう。そこで、今回は捨てられないものを捨てるコツや、捨てる際の基準などについて解説します。

  1. 片付けのコツは「捨てる」こと!
  2. 捨てられないものを捨てるコツとは?
  3. どうやってものを捨てればいいの?
  4. 片付けに関するQ&A

この記事を読むことで、ものを捨てるコツや基準について把握できます。片付けを成功させるためにも、しっかりと実践してくださいね。

1.片付けのコツは「捨てる」こと

片付けを成功させる何よりの方法は捨てることです。いかにテクニックを使っても、ものを減らすことができなければ片付けは成功しません。そこで、この項目では捨てることに関して解説します。

1-1.ものを捨てることの重要性

1-1-1.片付けが楽になる

ものが多ければ、それだけ仕分けや収納の手間がかかります。ものの絶対量が減れば片付けにかかる労力が減るだけでなく、所要時間も減るので都合を付けやすくもなるでしょう。

1-1-2.捨てる癖を付けられる

何度もものを捨てることで、ものを捨てる癖を付けられるようになります。ものを捨てる癖を付ければ、部屋の中にものがたまりづらくなり、部屋が散らかりにくくなるのもメリットです。

1-2.なかなか捨てられないものの代表例

1-2-1.思い出の品

たとえば学生時代に使っていた教科書や制服、かつての恋人からもらったプレゼント、両親の遺品などが挙げられます。だいたいのものは現在は使わないので、第一に処分を検討する対象です。

1-2-2.高価な服

ブランドものの高価な服や和服などはなかなか処分に踏み切れませんよね。服は着ようと思えば着られるため、「いつか着るかもしれない」という思考になりがちです。そのため、簡単に処分できそうで実は難しいものの1つとなります。

1-2-3.本

本は何度でも読み返せるので、またそのうち読むだろうと残しがちです。また、買ったは良いものの読まずに積まれている本もあるでしょう。そのような本は、「まだ読んでいないから」と捨てる対象からは外しがちです。また、漫画やライトノベルなどの長編シリーズ作品は、1巻から最新刊まですべてそろっていないとストーリーが把握しづらいので処分が難しいでしょう。

1-3.捨てたいのに捨てられないのはなぜ?

日本に根付いた「もったいない文化」が大きく影響しています。学校や家庭でものを大事にしなさいと育てられるため、無意識に「ものを捨てること=悪いこと」という意識が働いてしまうのです。ですから、まずはこの意識を改革することが重要となります。確かにものを大切にするのは素晴らしいことです。しかし、何ごとにも限度というものがあります。取捨選択をし、本当に大事なものだけを大切にして、そうでないものは処分することが片付けマスターへの第一歩です。

2.捨てられないものを捨てるコツとは?

この項目ではてられないものを捨てるためのコツや処分の基準の作り方などについてご紹介します。

2-1.捨てられないものを捨てるための3つのコツ

2-1-1.即断即決

人は決断をしてもすぐに行動しないと決意が鈍ってしまい、つい後回しにしてしまいがちです。後で行動すればまだいいのですが、延々と後回しになって結局捨てられないというパターンに陥ることがあります。思い立ったらすぐに行動しましょう。

2-1-2.どうしたいのかをイメージ

ものを捨てた後、どんな部屋にしたいのかをイメージしましょう。イメージした部屋に近づけられるというモチベーションが湧くので、ものを捨てやすい心理状態を作りやすくなります。

2-1-3.捨てたいものから始める

初心者におすすめの方法です。小難しいことを考えず、とりあえず捨てられるもの、捨てたいものを捨てて絶対量を減らしましょう。ものを減らす練習にもなります。

2-2.ものを捨てる基準をつくろう

ものを捨てる基準を作ることで処分がぐっとやりやすくなります。また、きじゅんがあると「捨てなければよかった」というパターンを減らすことが可能です。以下のような基準から自分に合ったものをいくつか採用してください。もちろん、すべて採用するのがベストです。

  • 1年以上使っていない
  • 壊れている
  • 代替可能な品がある(鍋やフライパンなど)
  • 電子化可能なもの(書籍・CD・DVD・ゲームソフトなど)
  • 流行(りゅうこう)が過ぎたもの
  • 今後使う可能性が低いもの
  • 期限が切れたもの

2-3.ものを捨てる際の注意点

ものによってはゴミとして捨てられないものや、処分時にお金がかかるものなどもあります。処分する際には何ゴミになるのかなどを事前に自治体ホームページなどで確認しておくようにしましょう。

3.どうやってものを捨てればいいの?

この項目では、ものを処分する方法をご紹介します。自分に合った方法を見つけましょう。

3-1.譲る・寄付

まだ使えるものに限りますが、必要としている人に譲ることで処分することもできます。必要としている方に渡るので、処分するのに抵抗がある思い出の品などでも比較的抵抗がありません。寄付を募るNPO団体なども多いので、ぜひ利用してみてくださいね。ただし、この方法は必ず処分ができるわけではありません。相手に拒否される場合もありますし、品物によってはそもそも募集していないこともあるでしょう。処分法としてはあまり使い勝手がよくありません。

3-2.中古販売業者に売却する

不用品の状態がよく、需要のあるものに限り売却することが可能です。売却先の代表例はリサイクルショップですが、品物によっては(楽器や洋服など)専門の中古販売店があるので、そちらを利用しましょう。無料で処分ができて利益も出る、一石二鳥の処分方法です。しかし、必ずしも売却できるとは限りませんので注意しましょう。

3-3.ゴミとして処分

自治体回収でゴミとして処分する方法もあります。自治体のメリットは処分費用が安いことです。可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミなどは無料ですし、粗大ゴミに関しても一つ当たり数百円程度で処分ができます。ただし、一つ一つ分別が必要ですし、テレビやパソコンなどは基本的にゴミとして回収してもらえません。また、基本的には自治体の都合に合わせなければいけないので、片付けの予定が立てづらいのも難点の一つです。

3-4.不用品回収業者

不用品回収業者は不用品の回収・買取の両方に対応してるのが特徴です。不用品回収業者は自宅まで出張改修しに来てくれるだけでなく、自治体回収でゴミに出す場合の分別は必要がありません。また、業者によってはまとめて回収してくれるお得なプランを用意していることも多いので、一度に大量の回収を依頼するのに向いています。大掃除やゴミ屋敷を掃除する際には、ぜひ利用してください。ただし、不用品回収業者は回収費用や出張費用などがかかり、処分費用が割高になることがあるので注意しましょう。

3-5.ネットオークションやフリマアプリ

ネットオークションやフリマアプリを使って売却する方法もあります。ネットオークションでは入札者数などによっては高く売れますし、フリマアプリなら値段を自由に設定できるので安く買いたたかれるのを防ぐことが可能です。ただし、落札者などとのトラブルや、出品・発送などの手続きがかかるのがネックとなります。また、落札までに時間がかかる上、買い手が付かなければ処分ができません。スピーディーな処分をしたい人には向いていない方法です。基本的にはほかの方法で処分し、高く売りたいもの(ブランドバックや時計など)に絞って利用するのがよいでしょう。

3-6.悪徳業者に注意しよう

中古品販売業者や不用品回収業者の中には悪徳業者が紛れていることがあります。悪徳業者に引っかからないためにも、以下の点に注意して選びましょう。

  • 対応が丁寧か
  • 処分費用や買取価格の説明が明確か
  • 古物商許可を持っているか(買取業者の場合)
  • 質問をごまかさないか

4.片付けに関するQ&A

Q.ものを捨てるときに迷ったらどうすればいいの?

A.捨てるべきかどうかで迷ったらひとまず保留にしておきましょう。保留期間(3か月程度)後に改めて判断してみてください。

Q.食器類も捨てるべきですか?

A.食器棚の中に入る分であれば捨てなくても問題ありません。しかし、食器棚からあふれてしまっている場合や、食器棚の中がぱんぱんで使いづらいほど食器が多い場合は処分の対象にすべきでしょう。食器は代替可能なものが多いので、比較的処分がしやすい品物です。

Q.業者見積もりにお金はかかりますか?

A.業者によって違いますが、基本的に見積もりは無料のことが多いでしょう。

Q.業者とトラブルになったらどうすればいいですか?

A.国民生活センターに相談するのがよいでしょう。国民生活センターは消費活動の紛争に関する相談窓口です。紛争解決のエキスパートが対応してくれますし、何よりも行政が運営する組織なので安心できます。もちろん、相談費用は一切かかりません。

Q.ゴミとして捨てられないものにはどんなものがありますか?

A.テレビ・エアコン・冷蔵庫(+冷凍庫)・洗濯機(+乾燥機)の特定家電の4品目は家電リサイクル法によってゴミとして処分ができません。また、パソコンリサイクル法によって、パソコン本体・パソコンディスプレーも廃棄不可です。そのほか、自動車タイヤなどの産業廃棄物扱いのゴミや一部の医療品(注射針など)・毒物・劇物などはゴミとして処分ができません。

まとめ

今回は片付けのコツについてご紹介しました。実は、片付けを失敗してしまう原因の多くが、ものを十分に減らせないことにあるのです。逆に言えば、ものを捨てることができれば、片付けは比較的簡単に成功させられるということになります。今回ご紹介した情報を有効活用して、ぜひとも片付けを成功させてくださいね。