これでもう食器棚の処分で困らない! 得する人の食器棚処分法!


食器棚は大きく重い家具なので、自分に合わない処分方法を選んでしまうと大変です。また、どうやって処分すればいいのか分からず困っている方も多いと思いでしょう。そこで、今回は食器棚の正しい処分方法をご紹介します。

  1. 食器棚が不要になったら
  2. 食器棚を自治体に処分してもらう
  3. 食器棚は買取可能なの?
  4. 不用品回収業者に食器棚を処分してもらう
  5. 方法食器棚の処分に関するQ&A

この記事を読めば、最適な処分方法を見つけることができます。ぜひ、最後までお付き合いくださいね。

1.食器棚が不要になったら

まずは食器棚が不要になった際に知っておきたい基礎知識をご紹介します。

1-1.まず確認すること

1-1-1.売却が可能か

食器棚はリサイクルショップでメインラインナップの1つです。状態のよい食器棚であれば売却できる可能性があります。特に、高い木材のものやブランド品の食器棚であれば、高値で買い取ってもらえることも十分に可能です。

1-1-2.サイズはどの程度か

食器棚の大きさによって、処分する際の費用が変わってきます。事前にサイズを測っておけば、処分費用の計算が可能です。

1-2.自治体には粗大ゴミとして処分してもらえる!

食器棚は基本的には粗大ゴミとして処分することになっています。食器棚は木製のことが多いので、解体すれば可燃ゴミなどとして処分できそうだと考える人もいるでしょう。しかし、解体しても粗大ゴミとして扱われることがほとんどです。さらに、費用はさほど高くないので、食器棚を解体する労力には見合っていません。解体はしないのが無難です。

1-3.粗大ゴミ以外の処分方法は?

粗大ゴミ以外の処分方法としては以下のような例が挙げられます。自分好みの方法を採用してください。

  • リサイクル
  • 不用品業者を利用
  • 寄付
  • 友人に譲る

2.食器棚を自治体に処分してもらう

この項目では食器棚を自治体に処分してもらう際の基礎知識をご紹介します。

2-1.事前にやるべきこと

自治体にもよりますが、粗大ゴミを処分する際には事前に粗大ゴミ処理券を購入しておかなければいけません。粗大ゴミは種類や大きさによって使用する券の種類・枚数が変わってくることがあります。指定の費用分の処理券を用意していないと回収を拒否されてしまうので注意してください。なお、粗大ゴミ処理券は自治体の指定するコンビニ・文房具店・酒屋などで購入ができます。詳しくは各地域の粗大ゴミセンターに問い合わせてください。ちなみに、自治体によっては粗大ゴミ処理券が必要ない場合もあります。

2-2.粗大ゴミの出し方

粗大ゴミの処分は以下の手順で依頼してください。

  1. 各自治体の粗大ゴミセンターに電話・インターネットから回収の依頼・回収日の予約をする
  2. 粗大ゴミシールを購入する
  3. 分かりやすい場所に粗大ゴミシールを貼る(貼る場所が指定されている場合もあるので注意)
  4. 回収日に指定の場所(集積所など)に出す

2-3.粗大ゴミの費用

粗大ゴミにかかる費用は、食器棚の大きさによって違います。自治体にもよりますが、費用相場は400~2,000円程度です。自治体によって設定額が異なるので、自治体ホームページなどを確認してください。

2-4.自治体を利用するメリットは費用の安さ!

有料処分法の中では最も安く処分できる点が一番のメリットでしょう。食器棚のサイズにもよりますが、最大でも2,000円程度しかかからないというのはとても経済的といえます。

デメリットは都合を合わせづらい点です。自治体にもよりますが、多くの自治体では土日や祝日を回収日に指定できません。また、時間の指定もできないことが多いようです。さらに、ゴミ出しは原則として当日に行わなければいけません。多くの自治体では回収時の立ち会いが不要となってはいますが、平日の朝に食器棚を運び出す時間を作るのは大変なので大きなデメリットといえます。

3.食器棚は買取可能なの?

この項目では食器棚の買取に関する情報をご紹介します。

3-1.買取してもらえるもの

3-1-1.有名ブランド品など

ブランド品は需要が高く、元値も高いため高値で買い取ってもらえます。たとえば、日本のメーカーならパモウナ社などが挙げられるでしょう。また、イタリア製の食器棚やスウェーデン・ノルウェーなどの食器棚も高く売れる傾向にあります。

3-1-2.製造から何年か

新しいものの方が痛みが少なく実用性が高いことから、基本的には製造から年数が経過していないもののほうが高くなります。ただし、アンティークの食器棚は逆に古い方が価値が高まるが多いので一概にはいえません。

3-2.リサイクルショップに売却する

リサイクルショップのメリットは店が日本各地に広く分布しており、気軽に利用できる点です。デメリットは基本的に自力で持ち込む必要がある点でしょう。小型の食器棚ならよくても、車に乗せられないようなサイズのものだと一苦労です。苦労する割には、さほど高い値段を提示されないケースもあるため、あまりおすすめしません。

3-3.中古家具専門店に売却する

中古家具専門店の最大のメリットは、正しい査定能力です。そのため、有名ブランドの食器棚を売却する際にはファーストチョイスになり得ます。また、家具専門店では出張査定をしてくれる店も多いので、無駄骨になるリスクが低いのもよい点です。デメリットは、店の数があまり多くないので、お住まいの地域によっては利用できない点でしょう。

3-4.ネットオークション・フリマサイト

ネットオークションやフリマサイトを利用して売却することもできます。ネットオークションのメリットは、入札数が多いと値段が釣り上がり、思わぬ高値で売れることがある点です。フリマサイトは自分で値段を設定できるのがメリットとなります。ただし、いずれの方法の場合でも、落札されないことがあるのがデメリットです。特に、送料がかかりますし、需要も比較的高くはないのでリスクがあります。また、出品から落札まで時間がかかるので、引っ越しなどで素早く処分したい場合には向いていない売却方法です。さらに、クレーマーや値段交渉の対応もあるので、手間や労力がかかるのも忘れてはいけません。

4.不用品回収業者に食器棚を処分してもらう方法

この項目では不用品回収業者に処分してもらう方法をご紹介します。

4-1.不用品回収業者は体力に不安のある方におすすめ

不用品回収業者は宅配・出張回収に対応している業者が多いので、重いものや大きなものを処分する際に本領を発揮します。食器棚のように大きくて重く、運搬が困難なものを処分する際には最適です。女性や年配の方、体が不自由な方などには特におすすめします。

4-2.メリットは手間のかからなさ!

メリットはなんといっても手間のかからなさです。出張回収であれば自宅まで来てくれるので、食器棚を自分で運搬する必要がありません。また、業者にもよりますが、日時や時間にも柔軟な対応をしてくれます。なかなか時間を作りづらい社会人の方にも利用しやすいのが特徴です。

4-3.回収方法

不用品回収業者は主に以下の方法で回収を行っています。

  • 出張回収
  • 宅配回収
  • 持ち込み回収

業者によってはこれらのうち1つしか対応していない場合もあれば、すべてに対応している場合もあります。詳しくは業者のホームページから確認してください。

4-4.回収費用はどのぐらい?

基本的に、不用品回収業者は「基本料+単価+オプション料」という形態です。基本料が高い代わりに単価が安い業者と、単価が高い代わりに基本料が安い業者があります。業者によって処分費用は大きく変わるため注意が必要です。一般的に基本料は3,000~5,000円で食器棚の単価が1,000円前後なので、オプション料金を含めても数千円~1万円以内には収まります。

4-5.不用品回収業者選びに重要な4つのポイントとは?

最近は不用品回収業者がたくさんあるため、どの業者を選べばいいのか分かりづらいのが現状です。そこで、どのような点に注意するとよいのかをご紹介します。

  • 対応は丁寧か
  • 家具の買取実績があるか
  • 回収可能エリアに入っているか
  • 古物商許可番号を持っているか

中でも下2つは重要です。回収可能エリアに入っていないと、そもそも依頼不可の業者も多いですし、してくれたとしても費用が高くなってしまいます。また、買取を行うには古物商許可が必要なので、古物商許可がないのに買取を行っている業者は利用しないでください。ちなみに、古物商許可番号の有無は会社概要や会社案内などから確認しましょう。古物商許可番号はインターネットで検索することで、本物かどうかを判別することもできます。

5.食器棚の処分に関するQ&A

この項目では食器棚の処分に関してよくある質問と、その回答をご紹介します。

Q.買取相場はどのぐらいですか?

A.買取の相場は以下のような割合になっています。

  • ノーブランド:査定金額は定価の0~20%
  • ブランド:査定金額は定価の0~40%

Q.壊れているものや傷が付いているものでも売れるのでしょうか?

A.程度によります。多少の傷であれば査定額が下がりはするものの買い取ってもらうことはできるでしょう。一方、取っ手がなかったり扉が外れていたりと、大きな損壊があれば買い取ってもらえないケースが多くなります。

Q.査定や見積もりは有料ですか?

A.業者にもよりますが、ほとんどの業者では無料で行っています。ただし、出張査定の場合、業者によっては出張費を請求することがあるようです。

Q.重くて運べない場合でも、粗大ゴミとして出せますか?

A.粗大ゴミは基本的に家の外まで運搬しておかなければいけません。しかし、自治体によっては高齢者や障害者の世帯を対象に戸別収集サービスを行っています。詳しくは自治体にご相談ください。なお、対象外であったり自治体がサービスを行っていなかったりする場合は、不用品回収業者を利用しましょう。

Q.業者とトラブルになったらどうすればいいですか?

A.不用品回収業者との間で金銭トラブルに発展するケースが増えています。トラブルが発生したら、まずは冷静になってから国民生活センター(消費生活センター)に相談しましょう。国民生活センターは行政が運営している相談窓口です。専門の相談員に無料で相談できます。

まとめ

食器棚の捨て方や処分方法に関する悩みは解消されましたか。食器棚を自治体で処分する場合は粗大ゴミとなります。粗大ゴミに関するルールや手数料は自治体によって異なるので必ずホームページなどで確認してください。粗大ゴミとして出すのが難しい場合は不用品回収業者を利用しましょう。また、食器棚の状態がよいようなら、買取に出すのもおすすめです。ぜひ、自分に合った方法を見つけてくださいね。