故人の入れ歯を処分する方法は? 遺体に入れ歯をしてもいいのか?


「故人の入れ歯はどうやって処分すればいいのか?」「金属とプラスチックで分類しなければならないのか」など、故人の入れ歯処分で悩みを抱えている人は多いでしょう。入れ歯にはさまざまな素材が使われているため、一般ゴミで処分してもいいのか不安になりますよね。

本記事では、故人の入れ歯を処分する方法などについて解説しましょう。

  1. 故人の入れ歯はどうするべきか?
  2. 故人の入れ歯を処分する場合は?
  3. 故人の入れ歯はリサイクルできるのか?
  4. 故人の入れ歯に関してよくある質問

この記事を読むことで、故人の入れ歯をリサイクルする方法や処分のコツなどが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.故人の入れ歯はどうするべきか?

一体、故人の入れ歯はどうすればいいのでしょうか。ここでは、遺体に入れ歯をするメリットとデメリットを解説します。

1-1.火葬の際は外すのが基本

基本的に、故人の入れ歯は火葬の前に外します。さまざまな素材で作られていますが、金属類として扱われることが多いからです。入れ歯をつけたまま火葬してしまうと、金属類の燃え残りができてしまいます。また、入れ歯は口の中に入れるものなので遺体に付着して損傷を招いたり、化学反応によって骨に色がついたりしてしまいがちです。そのため、火葬場によっては入れ歯をつけたままの状態をお断りしているところもあります。できれば、生前の姿のままでいてもらいたい気持ちはありますが、遺体を傷つけないためにも外すのが賢明といえるでしょう。

1-2.死後の世界でものを食べることができなくなる?

入れ歯を外してから火葬してしまうと、「死後の世界で大好きな食べ物を食べることができなくなるのでは?」と不安に思っている方は多いでしょう。入れ歯を入れていないと死後の世界で食事ができなくなるという考えを持っている方もいますが、それは気持ちの問題です。入れ歯自体は人工物なので、火葬の際に必要がないという考えを持っている方もいます。前述したように、逆に入れ歯が体を傷つけてしまう恐れもあるため、火葬場の基準に沿ったほうがいいでしょう。入れ歯がないから死後の世界で十分に食事できないというわけではありません。

1-3.火葬後に骨壷(こつつぼ)に入れることもできる

どうしてもあの世で楽しく過ごしてもらいたい・好きなものを食べてもらいたいと考えている方は、火葬後、骨壷に入れ歯も入れてあげるといいでしょう。一般的に、喉仏を1番上に入れるように順番に重ねて骨を入れますが、入れ歯は口の中に入れるものなので最後に骨壷へ入れます。故人の骨と一緒に入れ歯も入れておけば、あの世で好きなものを食べることができるでしょう。遺族の気持ちもいくぶんか楽になるはずです。ただし、気をつけてほしいことが1つだけあります。金などが入った高級な入れ歯は、墓荒らしの対象になりやすいので注意してください。高級な入れ歯は使用済みでも高く売れるため、被害に遭うことが多いのです。

2.故人の入れ歯を処分する場合は?

それでは、故人の入れ歯を処分する方法について解説します。

2-1.自治体回収のゴミとして処分する

「故人の入れ歯はゴミとして処分できるのか?」と疑問を抱いている方は多いですが、基本的に、どの自治体でも一般ゴミとして処分することができます。入れ歯の素材によってゴミの分類が異なるため、事前に自治体のホームページや掲示板等で確認することが大切です。可燃ゴミ扱いになるところもあれば、不燃ゴミになる自治体もあります。また、金属・プラスチック・樹脂などさまざまな素材が使われているため、分解しなければゴミとして出せない自治体もあるので要注意です。自治体の中には、回収ボックスを設置しているところもあります。入れ歯だけでなく、歯にかぶせるクラウンや歯と歯の間につなぐブリッジなども回収してもらえるでしょう。

2-2.歯科で処分してもらうことも可能

入れ歯は歯科で処分してもらうこともできます。故人がお世話になっていた歯科に持って行き、医療廃棄物として処分してもらいましょう。自分が定期検診に行く折にでも持参すれば、回収してもらえるはずです。入れ歯の扱いに慣れている歯科なら、正しい方法で処分してもらえるので安心できます。処分費用がかからない歯科がほとんどですが、念のため費用について確認してください。

2-3.お寺などに供養してもらう

故人の入れ歯をそのまま処分してもいいのか不安な方は、お寺などに供養を依頼するといいでしょう。お寺の中には、抜けた歯や役目を終えた入れ歯を供養しているところがあります。全国的に数は多くありませんが、供養祭を行っているお寺なら入れ歯を供養してもらえるでしょう。位牌(いはい)など供養が必要なものと一緒に供養してもらうことができるので一石二鳥です。近くのお寺で供養を行っているところがないか、インターネットなどで調べてください。

2-4.役立てたいなら寄付がおすすめ

故人の入れ歯をゴミとして処分するのではなく、何かの役に立てたいのなら寄付がおすすめです。入れ歯には金のほか、パラジウムや合金・銀など貴重な資源が含まれています。特に、金銀は価値が高く、1個あたり数千円になるケースもあるようです。ユニセフや福祉団体などをとおして、入れ歯をお金に換え発展途上国の貧しい国の役に立てることができます。社会貢献のために寄付を受けつけている法人や団体に問い合わせるといいでしょう。入れ歯のほかに、不要になった貴金属やアクセサリーも寄付することができます。

2-5.高級な入れ歯は買取に出す

金などが含まれている高級な入れ歯は、買取専門店などに売ることができます。一般的に、買い取ってもらえるものは詰め物のインレーや、治療後の歯にかぶせるクラウンなどです。クラウンはインレーよりも金を多く使用していることから、より高額で買い取ってもらうことができるでしょう。そのほか、土台に大きな金属を使った総入れ歯・両脇の歯をつないだブリッジも高価買取が期待できます。買取専門店に依頼するのもいいですが、金の相場を理解している金買取業者のほうが価値が高くつく可能性があるでしょう。金のレートは日々変化しているからこそ、金の相場に詳しい業者がおすすめです。

3.故人の入れ歯はリサイクルできるのか?

故人の入れ歯はリサイクルできるものなのでしょうか。

3-1.金が使われている入れ歯はリサイクルしよう

前述したように、故人の入れ歯でも菌が使われている入れ歯ならリサイクルできます。主なリサイクル方法としては、団体や法人などに寄付する・買取業者などに買い取ってもらうなどです。「ゴミとして捨てるのはもったいない」と感じる方は、1度業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。リサイクルしてもらえるなら気持ちも楽ですし、高く買い取ってもらえればお金もその分入ってくるので一石二鳥です。貴重な資源が含まれている入れ歯だからこそ、ただのゴミとして処分するのはとてももったいないことといえるでしょう。

3-2.日本入れ歯リサイクル協会を利用する

リサイクル方法として、日本入れ歯リサイクル協会を利用する方法があります。入れ歯を構成している金属のバネには金・パラジウム合金など貴重な金属が含まれているため、リサイクルが可能です。日本入れ歯リサイクル協会で回収された入れ歯は資源に生まれ変わり、その利益がユニセフへ寄付されるようになっています。世界の貧しい子どもたちの役に立つことができるため、故人の入れ歯の処分で悩んでいる方にはおすすめです。なお、日本入れ歯リサイクル協会を利用する方法は以下の2つがあります。

  • 協会へ入れ歯を郵送する
  • 全国自治体入れ歯回収ボックス設置所に直接持ち込む

ただし、すべての自治体で入れ歯回収ボックスが設置されているわけではないため、事前に問い合わせしておきましょう。

3-3.不要品回収業者に依頼する

遺品をまとめてリサイクルしたいと考えている方は、不用品界集業者の利用がおすすめです。不用品回収業者は、さまざまなアイテムをリサイクル回収しています。入れ歯だけでなく、衣類・本・CD・家具・家電などあらゆる遺品をまとめて回収してもらえる点が1番のメリットといえるでしょう。わざわざ自分でゴミを分類したり、持ち運んだりする必要はありません。手間と時間をかけることなく、スピーディーなリサイクルが可能です。また、不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあります。遺品の中に買い取ってもらえるものがあれば、その分だけ回収費用にまわすことができるでしょう。費用で不安を感じている方は、買取と回収サービスの両方を行っている業者を選んでください。

4.故人の入れ歯に関してよくある質問

故人の入れ歯に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.入れ歯を家に保管するのもアリなのか?

A.大切な故人のものを処分したくない場合は、入れ歯を保管するのも方法の1つです。紛失が不安な方は、箱や袋に入れて仏壇の引き出しに入れておくといいでしょう。仏壇の引き出しにしまっておけば、墓荒らしの心配もありません。また、ほかの遺品と一緒に形見として保管している人もいます。亡くなったばかりのころは気持ちの整理がつかないので故人のものを保管することが多いですが、気持ちも変化を遂げ落ち着いてくれば処分してもいいでしょう。

Q.絶対やってはいけないことは?

A.入れ歯を使いまわすことです。家族や知人と部分入れ歯などを使いまわしている方がいますが、感染症のリスクが高まるだけなので絶対にやめてください。たとえ、身内であっても、抜けた場所が同じだとしてもかみ合わせは1人1人違います。合わない入れ歯を使っているとさまざまな悪影響が出る恐れがあるので要注意です。ほかの人の口腔(こうくう)内で使っていたものを使いまわすのは、衛生面的にもおすすめしません。

Q.火葬まで入れ歯は入れていていいのか?

A.家族の意向によって、火葬まで入れ歯を入れても大丈夫です。入れ歯を外していると顔の印象が大きく変わる原因となります。特に、総入れ歯をしていた方は、入れ歯を外すと口元がすぼまったようになり、シワもかなり目立つようになるでしょう。そのような理由から、火葬の際まで入れ歯を入れておいてあげる家庭は多いのです。

Q.入れ歯の買取額はいくらぐらいか?

A.入れ歯の状態や含まれている金属類の大きさ・重量などによって買取額が大きく変わります。特に、重要視されるのは入れ歯に含まれている金の純度です。金の純度が高ければ高いほど、高額になる可能性が高くなるでしょう。金の相場は毎日変動しているため、そのときの相場によりますが、だいたい1gあたり3,000円です。金の純度が高く、量が多いほど価値が高くなります。具体的な買取額については、複数の業者に査定を依頼してください。比較することで、最も高値がついた業者で買い取ってもらうことができるでしょう。

Q.買取・不用品回収業者選びのポイントは?

A.スタッフの対応やサービス内容に注目してください。優良業者ほどスタッフの対応がスピーディーかつ丁寧な傾向があります。すぐに対応してくれない・電話対応が悪い・どのような方法で処分するのか説明してくれないなどの業者は、悪徳業者の可能性が高いといえるでしょう。また、サービス内容が細かくホームページ等に記載されていない業者もNGです。複数の業者を比較すると、悪徳業者を見極めることができるでしょう。少しでも「おかしいな?」と感じるところがあれば、安易に依頼しないようにしてください。

まとめ

基本的に、入れ歯は火葬の際に取り外すことになります。入れ歯を入れたまま火葬してしまうと、金属類の燃え残りが骨の中に混ざったり、骨自体を傷つけてしまったりする恐れがあるからです。大切な故人の体だからこそ、金属類が含まれている入れ歯は火葬前に外しましょう。処分する際は、自治体回収で処分する・不用品回収業者に依頼するなどの方法があります。また、入れ歯は金銀など貴重な金属が含まれているため、買取業者などに買い取ってもらうのも方法の1つです。金の純度が高い入れ歯ほど、高価買取が期待できるでしょう。価値がある金属が含まれているので、法人や団体などに寄付をして、貧しい国に貢献する方法もあります。