エアコンのリサイクル料金はいくら? リサイクル券の購入や処分方法


家電リサイクル法という言葉を聞いたことはあるでしょうか? エアコンは家電リサイクル法の対象製品であり、法律に基づいて処分しなければなりません。自治体で処分できないため、家電リサイクル法の内容をきちんと把握しておかなければ、正しい処分ができないでしょう。エアコンの処分方法やリサイクル料金なども記載されているので、事前に確認することが大切です。そこで、本記事では、家電リサイクルの基礎知識やエアコンのリサイクル料金・処分方法・リユースについて詳しく説明します。

  1. 家電リサイクルの基礎知識
  2. エアコンのリサイクル料金について
  3. エアコンの処分について
  4. エアコンのリユースについて
  5. エアコンの処分・リサイクルに関してよくある質問

この記事を読むことで、エアコン処分時のリサイクル料金や処分方法を知ることができます。処分を考えている方は、ぜひチェックしてください。

1.家電リサイクルの基礎知識

エアコンは、家電リサイクル法の対象商品となります。正しい方法で処分するためには、家電リサイクルの基礎知識が大切です。家電リサイクルの内容や目的・必要性について説明します。

1-1.家電リサイクルとは

私たちの生活に身近な家電は、使わなくなったら「捨てる」のではなく、「正しくリサイクル」することが大切です。家電には、レアメタルや銅などの貴重な資源が豊富に含まれており、使用済みのものをそのまま処分してしまえば、貴重な資源も捨てることになります。日本の資源は限られているからこそ、貴重な資源を再利用していかなければなりません。家電リサイクルは、循環型社会を形成するために必要なのです。

1-2.目的・必要性

近年、家庭から排出される家電製品が増えています。家電製品は燃やすことができないので、埋め立てという処分方法になるのです。ゴミ処理場や埋め立て地がいっぱいになり、環境破壊が加速します。さらに、貴重な資源も、再利用できません。これらの問題を解決するために推進されているのが、家電リサイクルです。

1-3.家電リサイクル法について

循環型社会を形成し、家電リサイクルを徹底するために施行されたのが「家電リサイクル法」です。家電リサイクル法は、2001年4月に施行された法律で、廃家電を正しく回収・リサイクル処理をするための法律と言えます。家電リサイクル法の対象になっている商品は、決められた方法で処分しなければなりません。

1-4.対象商品とは

家電リサイクル法の対象商品は、ブラウン管テレビ・薄型テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の4品目です。エアコンも含まれているため、法律に基づいた方法での処分が義務づけられています。消費者は販売店または製造メーカーに回収を依頼し、回収した販売店は製造メーカーに商品を届け、製造メーカーは正しくリサイクルしなければなりません。消費者・販売店・製造メーカーそれぞれが、責任を担っています。

2.エアコンのリサイクル料金について

エアコンのリサイクル料金や支払い方法・付属品・必要な書類について詳しく説明します。

2-1.エアコンのリサイクル料金とは

エアコンのリサイクル料金は、製造メーカーによって異なります。主要メーカーのリサイクル料金をチェックしてみると、およそ1,500円~でした。メーカー別料金は、一般財団法人家電製品協会家電リサイクルデンターのホームページでチェックしてください。また、気をつけてほしいのが対象外のエアコンもあることです。天井埋め込み形・壁埋め込み形・天つり形・セパレート形・冷風機・除湿機などは対象外となるので注意してくださいね。

2-2.支払い方法

エアコンのリサイクル料金支払い方法は、料金郵便局振込方式と料金販売店回収方式の2種類です。それぞれの方法について、以下にまとめてみました。

<料金郵便局振込方式>

  1. 郵便局で家電リサイクル券を使用して、リサイクル料金を振り込む
  2. 自治体または小売業者に収集運搬料金を支払い、廃棄物の引き取り・運搬を依頼する
  3. 引き取りを依頼しない場合は、自分で指定引き取り場所に持ち込むことも可能

<料金販売店回収方式>

  1. 小売業者にリサイクル料金と収集運搬料金を支払い、廃棄物の引き取りを依頼する
  2. 引き取り時に、家電リサイクル券の控えをもらう

2-3.付属品について

エアコンを購入したときについてくる、リモコン・室外機用の取り付け金具・一体型の純正据え付き部材・商品同梱(どうこん)の工事部材は、本体と一緒に回収可能です。ほとんどのメーカーで、回収してくれるでしょう。しかし、リモコン用電池や別売りの配管カバー・パイプなどは回収不可です。また、リモコンの電池は、必ず取り外しておきましょう。

3.エアコンの処分について

エアコンの処分方法は、自治体・販売店・回収業者の3つがあります。それぞれの方法や料金、メリット・デメリットについてチェックしていきましょう。

3-1.自治体

基本的に、エアコンは家電リサイクル法の対象品目なので自治体で処分はできません。処分方法が分からない場合、自治体に尋ねると、回収を行っている販売店や業者を紹介してくれます。また、郵便局で受け取ったリサイクル券をエアコンに貼りつけ、指定回収場所まで運びましょう。直接、指定回収場所にまで運べば、収集運搬料金が発生しません。安く処分できることがメリットとなりますが、自分たちでエアコンを運ばなければならないことが、デメリットでしょう。

3-2.販売店

販売店を通して、メーカーに回収してもらうのも選択肢の1つです。また、買い替えを検討している方は、新しいエアコンを購入する販売店で引き取ってもらうことができます。買い替えの際は、購入と処分が同時にできるため、手間と時間が省けるでしょう。しかし、リサイクル料金に加えて収集運搬料金がかかるというデメリットがあります。現在、家電量販店は、リサイクル料金と運搬費用が発生することがほとんどです。収集運搬料金は約1,000円~となりますが、販売店によって異なるのできちんと確認しておきましょう。

3-3.回収業者

回収業者を利用して、エアコンを処分する方法もあります。回収業者に依頼するメリットは、ほかにも処分したいものがあれば、一度に処分できることです。出張回収を利用すれば、運搬する必要がなく、自宅に業者がやってきて回収してくれます。しかし、不用品の量や品物の種類・大きさ・作業員数・業者によって、回収料金が異なるでしょう。見積書はきちんと確認しておかなければなりません。業者選びによっては、悪質な営業をしている業者との間でトラブルになる可能性があります。トラブルを防ぐためには、慎重に業者を選ぶことが大切です。

4.エアコンのリユースについて

まだ、正常に稼働でき、壊れていないエアコンであれば、リユースできる可能性があります。買い取りや査定・買取してくれるところ・業者の選び方・買取相場・買取方法・注意点についてチェックしていきましょう。

4-1.買い取りについて

すべてのエアコンが買い取ってもらえるわけではありません。基本的に、壊れているものや正常に稼働できないもの・目立つ傷や汚れがついているものは、買い取り不可となります。また、製造年月日から10年以上経過しているエアコンは、買い取り対象にならない場合が多いのです。買い取ってもらえば、処分費用を抑えることができますが、買い取りNGなものもあるので注意しなければなりません。

4-2.査定について

査定の基準は業者によって異なりますが、製造年月日・メーカー・状態・故障や付属品の有無・動作確認が大きなポイントになるでしょう。査定を依頼する前に、エアコンの動作確認をしてください。そして、故障している部分があればメモをして、査定員に伝えることが大切です。製造年月日やメーカーなども、ハッキリ把握しておいたほうが、スムーズに査定できます。

4-3.買い取りしてくれるところ

買い取りしてくれるところは、リサイクルショップや買取業者・不用品回収業者などがあります。業者や店舗によって、買い取り強化を行っている家電が変わるでしょう。エアコンの買取を行っているか確認してください。なかなか見つからない場合は、不用品の買い取り・回収を行っているリサイクルショップがおすすめです。出張買い取りを行っているリサイクルショップ「埼玉出張買取コールセンター」は、高価買い取り・格安回収をしています。ぜひ、一度査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

4-4.業者の選び方

業者選びで悩んだときは、以下のポイントに注目してください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 不用品の買い取り・回収を行っている
  • 無料相談・無料見積もりを実施している
  • 古物商の許可を取得している
  • 24時間365日対応可能
  • 高価買取・格安回収の実績が豊富

4-5.買い取り相場

エアコンの買い取り相場は、およそ3,000~100,000円と幅広い傾向があります。年式・メーカー・状態・容量などさまざまな項目で、大きな差が生まれるのです。高額査定がつきやすいエアコンといえば、人気メーカーの大容量タイプでしょう。容量が20畳以上で状態が良く、人気メーカーのものであれば、100,000円の価値がつく可能性もあります。

4-6.買取方法

買取方法は業者によって異なりますが、出張買取が一般的です。特に、エアコンなどの大型家電は、持ち運びが大変というデメリットがあります。出張買取であれば、業者が自宅にやってきてくれるので、運搬の手間と時間がかかりません。

4-7.注意点

エアコンの買取・回収を行っている業者の中には、不正を働く悪徳業者が存在しています。回収後に不法投棄をしたり、見積もり内容には記載していない追加料金を請求したりするのです。少しでも不安要素があれば、依頼しないように気をつけておきましょう。悪徳業者に引っかからないために、複数の業者を比較することも大切です。また、口コミや評判をチェックするのも良いでしょう。

5.エアコンの処分・リサイクルに関してよくある質問

エアコンの処分・リサイクルに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

5-1.きちんとメーカーに引き渡されるのか?

家電リサイクル券は、追跡システムがついています。家電を回収してもらった後、家電リサイクル券の控え(排出者控え)をもらうので、大切に保管してください。排出者控に記載している「お問い合わせ管理票番号」を、排出者向け引き取り確認サイトで入力します。そうすれば、家電がきちんとメーカーに届けられたのか、確認できるのです。

5-2.買取額がアップするポイントとは?

査定を依頼する前に、できるだけキレイに掃除してください。目立つ汚れや傷があれば、できるだけキレイにしましょう。また、リモコンや取扱説明書などの付属品を一緒に提示すると、買取額がアップします。製造年月日やメーカー・型番などもチェックしておきましょう。

5-3.人気・需要のあるメーカーが知りたい

人気・需要のあるメーカーは、高価買取が期待できます。エアコンの人気メーカーと言えば、三菱電機・ダイキン・パナソニック・日立・東芝・富士通ゼネラル・シャープ・コロナ・三菱重工です。空気清浄機機能やセンサー機能がついているものなどが、人気の傾向があります。

5-4.買取・回収までの流れとは?

出張買取・回収の基本的な流れを紹介します。

  1. ホームページのフォーム、または電話で無料見積もりを依頼する
  2. 不用品の量が多い場合だけ、出張で無料見積もりをする
  3. 査定・見積額に納得すれば、作業日時を決める
  4. 当日に査定を行い、買取不可となるものは回収
  5. 料金の受け取り・支払いをした後に搬出作業→完了

5-5.早朝・深夜の回収も可能か?

埼玉出張買取コールセンター」の場合は、年中無休なので、即日対応・早朝・深夜の回収も可能です。急いで買取・処分をしたいという方でも、安心して依頼できるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? エアコンは家電リサイクル法の対象品目になっているため、ゴミとして処分できません。リサイクルが義務づけられているので、適切な方法で処分しなければならないのです。リサイクル方法としては、メーカーや販売店による回収・リサイクルショップによる買取・回収があります。それぞれの方法やリサイクル料金などを把握したうえで、ライフスタイルや状況に合った方法で処分してください。きちんと知識を身につけておけば、スムーズにリサイクルできるでしょう。