休日に掃除をしたい! 効率よくキレイにするコツや方法を教えます!


最近、休日に掃除をまとめてする人が増えています。できれば、「休日を掃除だけで過ごしたくない」「効率よくキレイにする方法を知りたい」という方が多いでしょう。せっかくの休日なのですし、できるだけ簡単でスピーディーに片付けたいですよね。

そこで今回は、休日の掃除について詳しく解説します。

  1. 休日にまとめて掃除する人が増えている
  2. 休日掃除でよくある悩みごとは?
  3. 休日掃除を楽にするコツやポイント
  4. 休日の掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、休日に掃除をするコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください

1.休日にまとめて掃除する人が増えている

最初に、休日にまとめて掃除する人が増えていることについて見ていきましょう。

1-1.休日に掃除するが多い理由

休日にまとめて掃除する人が増えています。主な理由は、以下のとおりです。

  • 平日は疲れていて掃除をする気にならない
  • 平日に掃除する時間がない
  • 平日は不在が多く汚れが気にならない

1-2.時間をかけて掃除できる

休日の掃除は、時間をかけてできることがメリットです。平日は忙しくて掃除する時間がなくても、休日ならまとまった時間を掃除に充てることができるでしょう。リビングだけでなく、トイレやキッチン・風呂場などを一気に掃除することも可能です。平日にやり残した部分も掃除できるので、満足度が違います。

1-3.休日明けを気持ちよくスタートできる

休日に掃除すると、休日明けをに気持ちよくスタートできます。キレイに掃除した部屋は心地よく、掃除による適度な疲労でぐっすり眠ることができ、心身の調子を整える効果があるからです。多くの人がゆううつに感じる休日明けでも、気分よく起きることができるでしょう。

2.休日掃除でよくある悩みごとは?

休日掃除でよくある悩みごとを詳しく見ていきましょう。

2-1.部屋が散らかっていて掃除するのが面倒

休日に掃除をしようとしても、部屋が多くのものやゴミで散らかっていると面倒になってやる気を失います。実際に掃除をしても、障害物が多いので効率が悪く、思ったほどキレイに仕上がらないことも多いでしょう。床にものを置かない・使ったものは元に戻すなど、平日でも最低限の片付けを行うことが必要です。

2-2.せっかくの休日が掃除でつぶれるのが嫌

せっかくの休日を掃除でつぶすのはもったいない、という人も多くいます。平日に一所懸命働いたのだから、休日だけはゆっくり自分の好きなことをして過ごしたいと考えるのです。掃除に対してネガティブなイメージが強い人ほど、拒否感が出るでしょう。たとえば、部屋の不用品を片付けて掃除しやすい環境を作ったり時短のコツを知ったりすることが効果的です。

2-3.時間があることでダラダラやってしまう

休日の掃除は、時間をたっぷり取れるのがメリットですが、デメリットにもなります。時間があることで、ダラダラと掃除をしてしまいがちだからです。時間がかかった割には、ほとんど進まなかった・中途半端な仕上がりになることもあります。まずは、スケジュールを立ててから始めるといいでしょう。

3.休日掃除を楽にするコツやポイント

休日掃除を楽にするコツやポイントを解説します。

3-1.掃除のスケジュールを立てておく

実際に掃除を始める前に、掃除のスケジュールを立てておきましょう。スケジュールに沿って進めれば、効率よく掃除できます。なお、休日で時間があっても、無理をしすぎてはいけません。掃除は心身共に疲労を伴うので、適度に休憩を入れつつ午前だけ・午後だけなど適度な時間で行いましょう。

3-2.不用品を処分して物量を減らす

休日掃除を楽にするには、不用品を処分して物量を減らし、掃除しやすい状態に整えることも大切です。ものが少ない部屋は、障害物がなくて掃除が簡単になります。特に、床にものを置いている状態の人は、不用品を片付けて床が見えるようにしましょう。収納場所があふれている人も、同様に不用品を片付けることで本来収納するべきものを入れることができ、部屋がスッキリします。

3-3.平日に簡単な掃除をしておく

平日に簡単な掃除をしておくだけで、休日の掃除が随分楽になります。たとえば、コロコロタイプのクリーナーで、フローリングやカーペットの髪の毛や目立つゴミを掃除しておくだけでもいいでしょう。休日にまとめて掃除をするので、平日の掃除は5分から10分程度で構いません。あくまでも、気楽にできる方法で進めてください。

3-4.自分なりのルールを決めておく

休日の掃除を効率よく進めるためには、自分なりのルールを決めておくことも効果的です。たとえば、以下のようなことをルール化しておくといいでしょう。

  • 体調が悪いときは無理をせず掃除を休んでいい
  • 計画以上のことはやらない
  • 休日が2日以上続くときは片方の日だけ掃除する
  • 予定どおり掃除できたらスイーツを食べるなどプチご褒美をする

3-5.家族にも協力してもらう

休日の掃除は、家族にも協力してもらうといいでしょう。プライベートなエリアに手を出されるのが嫌なら、ほかの部分を任せましょう。ひとりより複数人で掃除したほうが効率よく進み、短時間で片付きます。また、平日の掃除を家族にお願いし、休日の掃除は自分がやるなど平日・休日で分担するのもいい方法です。

4.休日の掃除に関するよくある質問

最後に、休日の掃除に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.休日に大雨が降っていても掃除をしたほうがいい?

A.はい。なお、窓を開けると雨や湿気が入り込みやすいので、エアコンの除湿機能を使うことをおすすめします。

Q.不用品の処分方法にはどんなものがある?

A.以下のような方法があります。

  • ゴミとして自治体に出す
  • 中古品として使えるものは買取に出す
  • 不用品回収業者に処分を依頼する

特に不用品の量が多い場合や、忙しくて処分する手間や時間を節約したいときなどは、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。たとえば、当埼玉出張買取コールセンターでも不用品の回収・処分をお受けしているので、お気軽にお問い合わせください。

Q.休日に掃除しているのにホコリっぽい理由は?

A.以下のような原因が考えられます。対策と併せて参考にしてください。

  • 部屋に布製品が多い:なるべく布製品を減らす
  • ペットを飼っている:シャンプーやブラッシングをして抜け毛対策をする
  • 風とおしが悪い:窓を開ける・換気扇を回す・空気清浄機を使う
  • 掃除の仕方が不十分でホコリが残っている:掃除の仕方を見直す・掃除機だけでなくコロコロクリーナーやフロアーワイパーなどを併用する

Q.平日に掃除するといいのはどんなところ?

A.休日に掃除をすることを前提とする場合、平日は以下のようなところに手をつけるといいでしょう。いずれも数分程度でできるものです。

  • テーブルの上をふく
  • キッチンのコンロに飛んだ油汚れをふく
  • シンクの水滴やぬめりを取り除く

Q.部屋の汚れがひどくて自分ではどうしようもできないときは?

A.プロのハウスクリーニング業者を利用するのも、ひとつの方法です。1回プロに隅々までキレイにしてもらうと、次回からの掃除が楽になります。1万円程度~の費用がかかりますが、検討してみるといいでしょう。

まとめ

今回は、休日の掃除について詳しく解説しました。休日に掃除をすると、まとまった時間を取ることができる・丁寧に掃除できるなど、多くのメリットがあります。平日に忙しくて掃除する時間や気力がない人は、休日に掃除をするといいでしょう。ただし、効率よく進めるためにも、きちんとスケジュールを立てておくことが大切です。また、自分なりにルールを決めたり家族にも協力してもらったりなど、無理をせずに続けられるようにしましょう。