家電が安い時期は? お得に買える時期や安く購入するコツなどを紹介


家電を購入する際は、少しでも安く手に入れたいと思うものです。新生活を始める場合、家電一式をそろえるケースもあり、まとめて購入すると多額の出費を余儀なくされるケースもあります。とはいえ、家電が安く買える時期はあるのか、少しでも安く買うためにはどうすべきかなど、分からない点も多くあるでしょう。家電の購入を検討されている方は、お得に購入できる時期を知っておくと安心です。

そこで、本記事では、家電が安く買えるタイミングやお得に購入する方法などをご紹介します。

  1. 家電が安い時期はいつ?
  2. 家電の安い時期をカテゴリー別に紹介
  3. 家電を表示価格より安く買うには?
  4. 買い替えで不要になった家電を処分する方法
  5. 家電が安くなる時期に関してよくある質問

家電の購入を考えている方は、カテゴリー別の家電が安くなる時期も知っておきましょう。

1.家電が安い時期はいつ?

家電が安い時期はいつなのでしょうか?

1-1.ボーナスシーズン

ボーナスが支給される6月・12月ごろは、家電が安くなる時期です。ボーナスで家電購入の需要が高まることから、価格が下がる傾向があります。

1-2.新製品が登場する時期

家電の新製品が登場する時期は、旧モデルが大幅に安くなる傾向があります。家電は、1つ前のモデルでも飛躍的な機能向上はないため、お得に高機能の家電を入手するチャンスです。

1-3.在庫処分などセール時期

家電量販店では、在庫処分などのセールを行う時期があります。家電の種類やモデルによっては、通常価格の半額で購入できる場合があるでしょう。セール時期は家電量販店によって異なるため、こまめに情報収集しておくことをおすすめします。

1-4.引っ越しの繁忙期

引っ越しの繁忙期も、家電が安くなる時期です。3月ごろは新生活を始める方が多く、引っ越しの繁忙期にあたります。家電を一式そろえるケースもあり、家電量販店でもお得に購入できる価格設定をすることが多いのです。

2.家電の安い時期をカテゴリー別に紹介

家電の安い時期は、家電の種類などによって異なります。カテゴリー別に見ていきましょう。

2-1.冷蔵庫

冷蔵庫は、9〜10月ごろが安くなるとされています。秋ごろに新モデルが登場する傾向があるためです。可能であれば、夏前から情報収集しておくといいでしょう。

2-2.洗濯機

洗濯機は、種類によって価格が安くなる時期が異なります。縦型であれば6〜8月、ドラム式であれば8〜10月ごろです。梅雨の間は洗濯機が売れにくくなることもあり、価格が下がる傾向があります。

2-3.掃除機

掃除機は、国内製品と海外製品で安くなる時期が異なります。国内製品であれば6〜7月ごろ、海外製品であれば1〜3月ごろが安くなる時期です。

2-4.テレビ

テレビが安くなる時期は、メーカーごとに異なります。テレビは、新モデルが登場するのが6〜9月ごろです。そのため、4〜7月ごろは旧モデルの価格が安くなる可能性が高いでしょう。

2-5.電子レンジ

電子レンジは、5〜6月・9〜10月が安くなる時期です。新モデルが夏や秋に登場することが多いことが関連しています。旧モデルであれば、新モデルが発売される直前を狙うと、購入費用を抑えることができるでしょう。

3.家電を表示価格より安く買うには?

家電を表示価格より安く買うためには、どんなことをすればいいのでしょうか?

3-1.価格交渉をする

家電を購入する際は、価格交渉をしてみましょう。ただし、強引に値引きを要求しても、なかなか聞き入れてもらうことができません。いくつかの店舗を比較し、下調べした価格を提示して交渉すると、値引きに応じてもらえる場合が多いでしょう。

3-2.キャンペーン時期を狙う

家電を購入する際は、キャンペーン時期を狙うのも1つの方法です。キャンペーン時期であれば、表示価格より安値になっていることが多くあります。在庫処分セールなどの情報を普段からチェックしておきましょう。

3-3.新モデルが出る時期をチェックしておく

家電を購入する際は、事前に新モデルが出る時期をチェックしておくことが大切です。新モデル登場の時期を把握しておけば、旧モデルが安価で入手することができます。旧モデルでも十分な機能が備わっているため、高機能な家電をお得に手に入れることができるでしょう。

4.買い替えで不要になった家電を処分する方法

買い替えで不要になった家電は、どのように処分すればいいのでしょうか? 具体的な処分方法をご紹介します。

4-1.家電リサイクル法に基づいて処分する

テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの場合、家電リサイクル法に基づいた処分をしなければなりません。販売店などを介し、リサイクル回収の申し込みをしましょう。家電リサイクル法に基づいた処分をする際は、リサイクル料金と収集運搬費用の支払いが必要です。店頭で支払ってください。

4-2.下取りをしてもらう

家電を買い替える場合、古い家電の下取りをしてもらえるケースがあります。ただし、すべてのものが下取り対象となるわけではありません。また、店舗によって下取り条件が異なるので注意しましょう。

4-3.小型家電として処分する

小型家電として処分する方法があります。小型家電に該当するものは、小型家電リサイクルボックスの投入口に入れることができる大きさの家電に限定されるので注意してください。小型家電リサイクルボックスは自治体が設置しています。公共施設・スーパー・家電量販店などに設置されているため、事前に設置場所を確認しておきましょう。誰でも無料で利用できるのがメリットです。

4-4.粗大ゴミとして処分する

自治体回収で処分する場合、家電は粗大ゴミに該当するケースがほとんどです。粗大ゴミは事前申請と手数料の支払いを必要とします。事前申請は、自治体の粗大ゴミ受付センターにアクセスして行ってください。

4-5.買取に出す

不要になった家電は、買取に出すことも考えてみてください。ただし、買取対象となる家電は、高年式・汚損や破損がない・正常に動作する・有名メーカーのものなど、条件があるので注意しましょう。リサイクルショップや家電買取専門店などで買取を行っています。

4-6.不用品回収業者

不用品回収業者では、家電の回収を行っています。回収費用は割高でも、出張回収が基本で、迅速に対応してくれるのがメリットです。また、状態が良好な家電の場合、買取に応じてくれるケースがあります。処分と買取が同時にできるのが、不用品回収業者の特徴でしょう。

5.家電が安くなる時期に関してよくある質問

家電が安くなる時期に関する質問を集めました。

Q.決算処分セールなどを行う時期は、店舗によって異なるのか?

A.はい、異なります。たとえば、ヤマダ電機やケーズ電機の場合は3月ごろ、ビックカメラやコジマの場合は8月ごろに実施するケースがほとんどです。事前にしっかりリサーチし、お得に家電を買える時期を把握しておきましょう。

Q.価格交渉を行う際に、ネットショップの価格を提示してもいいのか?

A.いいえ、あまりおすすめできません。というのは、ネットショップは実店舗を持たない分、もともと家電量販店より販売価格が低いため、価格交渉の材料になりにくいからです。価格交渉を行う際は、実店舗を持つ家電量販店の価格を提示しましょう。

Q.家電が表示価格より安くなる曜日はあるのか?

A.はい、あります。土日祝日は、平日に比べて家電の価格が安くなるでしょう。家電量販店では、土日祝日の売り上げ目標を高めに掲げているため、表示価格より下げて販売を強化する傾向があるためです。

Q.家電量販店のキャンペーンはどのように調べたらいいのか?

A.家電量販店のチラシやホームページなどで調べましょう。ホームページにはチラシも掲載されており、情報をより早く入手することができます。こまめにチェックし、キャンペーンを把握しておくことが大切です。

Q.家電をまとめて買うと大幅値引きをしてもらえる場合があるのか?

A.はい、あります。家電の買い替えを予定されている方は、まとめ買いでお得に購入することを考えてみましょう。また、まとめ買いで値引き交渉をする際は、店舗の責任者など値引きの決定権を持っている人に話すことをおすすめします。

まとめ

家電には、安くなる時期があります。新モデルが登場する直前は、旧モデルをお得に購入することができるでしょう。家電量販店が独自に行っているキャンペーン時期を狙うのも、家電を安く購入するコツです。家電の買い替えを検討されている方は、本記事を参考にし、購入時期を探ってみてください。