知って得するカーナビの処分・廃棄法!知らないと大損するかも?

カーナビ取扱品目

5月も半ばを過ぎました。後2か月もすれば夏がやってきます。夏といえば子供や学生の「夏休み」の時期ですよね。遊びに行ったり旅行に行ったりすることが多くなります。そんなときに便利なのがカーナビですよね。夏休みに備えて古いカーナビを処分・廃棄して、新しいカーナビに買い替えようと考えている人も多いでしょう。そして、処分するなら、できるだけお得に処分したいと考えている方も多いはずです。そこで、今回はカーナビをお得に処分するための方法についてご紹介します。

この記事を読むことで、カーナビを処分する際に知っておくべき情報を学ぶことができます。知っておくと得する情報ばかりなので、ぜひ最後までおつきあいくださいね!

1.カーナビを捨てたい、廃棄したい、処分したい

1-1.カーナビの寿命と買い替え時期

カーナビの寿命には、カーナビが物理的に故障して寿命となってしまう場合と、地図データが古くなってしまうことで寿命になってしまう場合があります。故障による寿命は、使用環境によって変わりますが、5~10年程度です。この数字の根拠は、カーナビに搭載されているハードディスクの寿命からきています。ハードディスクは比較的故障しやすい機械で、特に振動や熱に弱いのが特徴です。そのため、夏場に暑い中使用していたり悪路などを走行していたりすると、1~2年程度で故障してしまうこともあります。

地図データが古くなる寿命に関しては、おおよそ5~8年程度でしょう。多くのカーナビメーカーは、カーナビの地図ソフトのサポートを5年程度としていることが多いからです。そのため、5年以上たつと情報が更新されなくなるので、新しくできた道や場所などに対応できなくなります。とはいえ、すべての道や場所が新しくなるわけではありませんから、更新できない状態でも数年は使い続けることも可能です。ですので、8年ぐらいが寿命でしょう。

これらのことから、最低でも8年たったら買い替えるのがおすすめです。できれば、サポートが切れると同時に買い替えるのが一番良いでしょう。もちろん、故障しやすい機械ですので、不具合が出たら後回しにしないで交換してしまった方が、後々面倒がありませんよ。

1-2.カーナビを長持ちさせるコツ

1-2-1.使用時にはなるべく熱を避ける

カーナビなどの精密機械は、使用すると熱を持ちやすい性質があります。そのまま熱がこもりすぎるとオーバーヒートによって壊れてしまうのです。ですから、基本的には排熱装置が付けられているのですが、車内が暑いと排熱がうまくいきません。そのため、夏場にカーナビを使う際には、冷房などを入れるようにすることが大切です。また、駐車する際には、なるべく日の当たらない場所に止めたり、遮熱カバーなどをフロントガラスの内側に貼り付けたりするなどの工夫をすると良いでしょう。

1-2-2.振動や衝撃を避ける

カーナビの内部に搭載されているハードディスクは振動に弱いので、できるだけ悪路の走行はしないことが寿命を延ばすことにつながります。

1-3.カーナビ処分の困りごと

カーナビ処分で一番困るのが、一体何ゴミに出せばいいのだろうか、という点だと思います。家電製品だから家電リサイクル法に関係しているのか、あるいは粗大ゴミか、それとも資源ゴミか、はたまた普通に燃えないゴミなのか。どれにも当てはまりそうで悩んでしまいますよね。また、内部のデータについてもどうすればいいのかわからず悩んでしまいがちです。カーナビの中には自宅や職場など、自分が行き来した場所のデータが入っていることがあります。もしも、そのデータが誰かに悪用されたら、と思うとおいそれと処分できませんよね。

1-4.カーナビの正しいゴミ分別とリサイクルの必要性

1-4-1.カーナビは何ゴミ?

カーナビのサイズによって変わってくるでしょう。多くの自治体では、1辺の長さが30センチを超える電化製品は粗大ゴミ、それ以下は不燃ゴミという扱いになっています。ちなみに、勘違いされがちですが、カーナビに家電リサイクル法は適用されません。家電リサイクル法はテレビ(CRTも含む)・エアコン・冷蔵庫(冷凍庫も含む)・洗濯機(乾燥機も含む)の4品目だけに適応される法律だからです。

1-4-2.データの消去方法

多くのカーナビには、「走行軌跡データ消去」や「目的地履歴消去」などの機能が搭載されています。わからないようであれば、説明書を確認すると良いでしょう。説明書がない場合は、オンラインで検索すれば説明書を閲覧することができます。それでも、消去方法がわからない場合には、物理的に破壊してしまうことで消去することも可能です。ただし、破壊する際には飛び散った破片などで目を怪我(けが)することがあるので、十分に注意してくださいね。

1-4-3.リサイクルの必要性

ここまでゴミとしての処分方法についてお話してきましたが、できればカーナビはリサイクルすることをおすすめします。カーナビの内部にはレアメタルなどの貴重な資源が含まれているからです。日本はただでさえ資源の少ない国ですから、せっかくの有効な資源を無駄にするべきではありません。自治体が小型家電を対象に無料で回収していることがありますので、ぜひとも利用してくださいね。

2.カーナビの処分、自治体回収の場合

2-1.小型家電リサイクル法について

カーナビは小型家電リサイクル法という法律に関係しています。1年間に排出される小型家電製品ゴミには、約844億円相当の有用金属が眠っているのです。このことから、都市鉱山、などという呼ばれ方もしています。そこで、この価値ある金属をなるべく再利用するために制定されたのが、小型家電リサイクル法なのです。

小型家電リサイクル法は家電リサイクル法とは違って法的拘束力はありません。ですので、リサイクルせず、不燃ゴミや粗大ゴミとして処分することも可能です。しかしながら、自治体の方針によってはリサイクルが原則となっていることもあるので注意しましょう。

2-2.カーナビの処分方法

粗大ゴミとして処分する場合は、まず地域の粗大ゴミセンターに依頼をします。依頼は電話からでもインターネットからでも可能です。依頼をすると回収日時と場所、出す際の形式などが伝えられますので、指示どおりに出しましょう。

小型家電リサイクル法にのっとってリサイクルする場合は、指定場所に設置されている小型家電回収ボックスを利用してください。小型家電回収ボックスは、主に以下のような場所に設置されています。

  • 大型スーパー
  • 区役所
  • 支所
  • 公民館
  • コミュニティーセンター
  • 図書館

ただし、小型家電回収ボックスにはサイズの制限があります。基本的には、粗大ゴミの規定である「1辺の長さが30センチを超えるもの」に合わせて、30✕30センチ以下に設定されていることが多いようです。ただし、地域によって投入口のサイズは違うので、事前に自治体ホームページ等を確認しておきましょう。

2-3.メリット・デメリット

自治体で処分するメリットは費用の安さです。規定のサイズ以下のものであれば小型家電回収ボックスで無料処分ができますし、粗大ゴミ扱いになるものでも300~700円程度で済みます。デメリットは、面倒くさいという点でしょう。粗大ゴミとして出す場合には、まず自力でカーナビを取り外し、粗大ゴミシール等を貼り付けたり、指定の場所に運び出したりしなければいけません。また、小型家電回収ボックスを利用する場合は、まずボックスを見つけるとことから始める必要があります。その上、わざわざボックスのある場所まで出向かなければいけません。これは大きなデメリットといえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました