引越しの「困った」を解決!不要な家電を処分する賢い方法はコレ!


冷蔵庫引越しとなると、必ず不要な家電が出てくるものです。

  • 新居では使わないので処分したいもの
  • 古くなったので引越しを機に処分したいと思っているもの
  • 引越しとともに買い替えるもの

そういった不要になった家電をどのように処分したらいいのか、お困りの人は多いでしょう。
例えばエアコンや冷蔵庫、洗濯機などの家電を処分するにはどうしたらいいのか、お金はいくらくらいかかるのか、お得に処分する方法はないかをご紹介します。
リサイクル家電法の問題と合わせてまとめてみました。

1.ジャンル別家電の処分方法

エアコンや冷蔵庫・洗濯機のような家電の場合、自治体が回収するゴミの日に出して廃棄してしまうことは出来ません。
これにはリサイクル家電法が関係しており、消費者はこの法律の対象となる家電を処分する際、業者やメーカーに引き渡しをする必要があるのです。

エアコン

エアコンは自分で取り外しや取り付けをするのが困難な家電のひとつなので、業者に依頼することで余分な料金が発生するケースが多いため、「それなら引越しを機に処分したい」という人も少なくありません。
エアコンを処分したい時には、リサイクル料金と運搬料を支払って家電量販店に引き取りを依頼したり、家電メーカーの指定引取場所に自分で持ち込む必要があります。
指定引取場所に自分で持ち込む場合は、リサイクル料金を支払うことになります。
リサイクル料金はメーカーによって異なりますが、エアコンの場合は2500円前後が相場となっています。

冷蔵庫

引越しの際に古くなった冷蔵庫を処分して新しい冷蔵庫に買い替える人は多いでしょう。
新しく冷蔵庫を購入する家電量販店で古い冷蔵庫を引き取ってもらうことは可能ですが、お金はかかります。
買い替える場合でなくても、エアコン同様に家電量販店に引き取りを依頼することも出来ますが、リサイクル料金のほかに運搬料がかかってきます。
家電量販店に引き取りを依頼した場合にかかる料金は4~5千円程度となっており、運搬料は1台につき5百円程度です。
冷蔵庫はリサイクルショップに持っていけば買い取ってもらえる可能性もあるので、どちらがよりお得に処分できる方法か考えてみましょう。

洗濯機

洗濯機の場合は、見た目がきれいな状態だったり、使用年数が短いものだとリサイクルショップで高額で買い取りしてもらえる可能性があります。
取扱説明書や固定ネジなどの付属品が揃っていればそれだけ高く買い取ってもらうことが出来ますので、チェックしてみてください。
リサイクルショップで引き取ってもらえない場合は、エアコンや冷蔵庫同様、家電量販店に引き取りを依頼してみましょう。
リサイクル料の相場は2千5百円程度となっています。

2.大量の不用品をお得に処分する方法

このように不要になった家電を処分するにはお金がかかりますが、引越しで大量に不用品が出た場合は、出来るだけお得に処分したいものですよね。
不用品をお得に処分する方法はないか、考えてみました。

リサイクルショップに売る

エアコンや冷蔵庫・洗濯機のような家電の場合、リサイクルショップで思った以上に高く売れるケースも少なくありません。
出張買取サービスを行っているリサイクルショップなら、大型の家電をお店まで持ち運ぶ手間も必要ありませんし、手軽に家電を処分することが出来ます。
特に見た目がきれいな状態の家電があれば、ぜひリサイクルショップで査定してもらいましょう。

ネットオークションで売る

手間はかかりますが、自分の希望価格で不要になった家電を売ることが出来るのがネットオークションです。
思い出のある家電だったり、手放すにはもったいない家電の場合は、自分で売る相手を選べるネットオークションに出品してみるのもひとつの手段ではないでしょうか。
年式の新しいものであれば意外と高値が付く場合もあります。

買い取り業者に依頼する

不要になった家具や家電の買取を専門に行っている業者に依頼するのもお勧めです。
買取業者の場合だと、リサイクルショップのように「売り物にならないので引き取れない」というケースがほとんどありません。
壊れていたり古くなったものでも引き取ってもらうことが出来ますので、確実に処分可能です。

3.不用品回収業者に依頼するメリット

最近は不用品回収業者の数も増えてきており、不要になった家電を回収してもらう人も少なくありません。
不用品回収業者に依頼するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

自宅まで引き取りに来てくれる

不用品回収業者に回収を依頼すると、自分の都合のいい日時を指定すれば自宅まで引き取りに来てくれます。
これは不用品回収業者を利用する最大のメリットと言えるでしょう。
冷蔵庫や洗濯機のような大型の家電や家具が大量に出た場合、指定の場所まで運ばなければならないのは非常に大変な作業です。
引越し前の忙しい時期でも自分の都合に合わせて回収に来てもらうことが出来るので、これを利用しない手はありません。

回収できないものはほとんどない

エアコンや冷蔵庫、洗濯機のようなリサイクル家電法の対象品目の場合、通常の大型ゴミとして出すことは出来ません。
しかし、不用品回収業者が回収できないものはほとんどなく、エアコンや冷蔵庫、洗濯機でも回収してもらうことが可能です。
「他の不用品も一緒に回収してもらいたい」という時も、分別は業者の方でしてくれるので、燃えるゴミ・燃えないゴミ・プラスチック・金属類等、まとめて回収を依頼することが出来ます。

料金体系がわかりやすい

不用品回収業者なら不要な家電や家具をまとめて回収してもらうことが出来るので、料金がわかりやすいのが特徴です。
例えば「トラック1台分でいくら~」「品目ごとにいくら~」というように料金体系が明確になっているので、「あとから追加料金がかかって困った」ということもありません。
安心して利用できるのも、不用品回収業者のメリットのひとつとなっています。

4.不用品回収業者を選ぶ際のポイントと注意点

不用品回収業者は全国にいくつも存在していますので、その中からどの業者を選ぶべきか迷う人は多いでしょう。
不用品回収業者を選ぶ際のポイントと注意点をまとめていますので、参考にしてみてください。

認可業者であるかどうか確認する

不用品回収業者は「一般廃棄物収集運搬許可」という国の認可を受けている必要があります。
しかし、実際にはこの認可を受けていない無許可の違法業者が急増しているのが現状です。
このような業者に依頼してしまうと、料金トラブル等が発生しやすくなりますので、必ず認可を受けている業者であるか確認する必要があります。

所在地が明らかな業者を選ぶ

所在地を明らかにせず、トラック1台で拠点を転々としている業者も存在しています。
このような業者は何らかのトラブルが発生した時に居所を見つけることが困難になってしまいますので、絶対に避けましょう。

「無料引き取り」には注意

料金が異常に安かったり、「無料引き取り承ります」という甘い言葉で誘ってくる業者には要注意。
無料回収をうたっている業者は大抵が悪徳業者ですので、惑わされないようにすることが大切です。
あらかじめ見積もりを依頼して、それ以上の料金がかからないことを確認してから契約するようにしてください。

まとめ

  • ジャンル別家電の処分方法
  • 大量の不用品をお得に処分する方法
  • 不用品回収業者に依頼するメリット
  • 不用品回収業者を選ぶ際のポイントと注意点

以上4点をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。
引越しで不要になった家電を処分したいという場合は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。