さいたま市で小型家電を処分する方法は? まだ使える小型家電は買取に


電子レンジ・スマートフォン・電子辞書・タブレットといった小型家電は、各自治体によって処分方法が大きく異なります。一般のゴミとして捨てるところもあれば、小型家電リサイクル法に則(のっと)って処分を定めているところなどさまざまです。さいたま市の場合、どのような処分ルールになっているのでしょうか。

本記事では、さいたま市の小型家電を処分する方法について解説します。

  1. さいたま市の小型家電対象品目は?
  2. さいたま市の小型家電を処分する方法
  3. 不用品回収業者に依頼する方法
  4. まだ使える小型家電は買取に出せることも
  5. さいたま市の小型家電処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、さいたま市で小型家電を処分する正しい方法が分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.さいたま市の小型家電対象品目は?

まずは、さいたま市で小型家電対象品目になっているものをチェックしましょう。

1-1.小型家電回収ボックスに投かんできるサイズ

さいたま市では、小型家電リサイクル法に基づいて小型家電の回収を行っています。公共施設や家電量販店などに設置されている小型家電回収ボックスの投かん口に入る大きさが、主な小型家電の対象品目です。小型家電回収ボックスの投かん口は、30cm×15cmとなっています。たとえば、以下のようなものが小型家電の対象品目です。

  • 携帯電話・スマートフォン
  • 電話機
  • 電卓
  • デジタルカメラ
  • ビデオカメラ
  • パソコン
  • デジタルオーディオプレーヤー
  • ラジオ
  • ゲーム機
  • 電子書籍端末
  • ACアダプター
  • USBメモリー

1-2.リサイクルが推奨されている特定対象品目

小型家電の中には、投かん口に入りきれないサイズのものもあるでしょう。たとえば、以下のような小型家電です。

  • パソコン
  • ファクシミリ
  • HDDレコーダーといった映像用機器
  • MDプレーヤーといった音響機器
  • 電子血圧計・電子体温計
  • ヘアドライヤー・ヘアアイロンなどの理容用機器
  • 据え置き型ゲーム機

上記のものは、投かん口に入らない可能性があります。その場合は、自治体が認可しているリサイクル事業者に引き渡すことになるでしょう。小型家電の対象品目について具体的に知りたい方は、さいたま市のホームページをご覧ください。

2.さいたま市の小型家電を処分する方法

それでは、さいたま市で小型家電を処分する方法を解説します。

2-1.小型家電回収ボックスに投かんする

前述したように、さいたま市では小型家電リサイクル法に則った処分方法を定められています。小型家電リサイクル法に基づいている場合、一般ゴミとして処分できないので注意が必要です。小型家電類には鋼・銅などのレアメタルが豊富に含まれているため、有用資源を再利用するためにもリサイクルが必要となります。また、小型家電の排出量が増えていることもあり、できるだけ減らすという点も目的の1つです。小型家電回収ボックスに投かんできないサイズのものは、ほかの方法で処分することになるため、自治体に問い合わせて確認してください。

2-2.自治体が認可しているリサイクル業者に依頼しよう

小型家電回収ボックスに投かんできないサイズは、自治体が認可しているリサイクル業者に回収を依頼することになるでしょう。また、宅配便を利用して小型家電を回収してもらうこともできます。平成27年2月2日に民間事業者と協定を締結したので、宅配便を利用した小型家電の回収サービスが利用可能です。宅配便を利用する際は、インターネットからリネットジャパン株式会社のサイトにアクセスして申し込みます。回収料金は1箱1,650円(税込)となっていますが、箱に入れれば何点詰めても同一料金です。ちなみに、箱のサイズは3辺で合計140cm、20kg以内となっています。詳細は、さいたま市のホームページをご覧ください。

2-3.イベント回収も利用できる

さいたま市では、イベントで小型家電の回収を行っています。イベント会場に回収ボックスを設置するなど工夫しているので、イベントに持ち込めば電子レンジを捨てることができるでしょう。たとえば、令和元年5月11日・12日に開催された「さいたまスポーツフェスティバル」や、10月11日の「環境フォーラム」などです。さいたま市の各地で開催されるイベントで今後も小型家電の回収が行われるかもしれません。大きめのイベントが開催される場合は、小型家電の回収を行っていないか自治体のホームページ等で確認してください。

3.不用品回収業者に依頼する方法

ここでは、小型家電の回収を不用品回収業者に依頼するポイントを解説します。

3-1.要らなくなった小型家電がまとめて処分できる

不用品回収業者に依頼する大きなメリットは、要らなくなった小型家電がまとめて処分できることです。小型家電が大量にある場合、自分で運ばなければなりません。小型家電回収ボックスに投かんできるものと投かんできないものに分けなければならないケースもあります。手間と時間がかかってしまいますが、不用品回収業者に依頼すればすぐに処分できるでしょう。即日可能な回収業者なら、スピーディーかつ迅速に対応してくれるのでそこまで時間はかかりません。急を要するケースにベストな方法といえるでしょう。

3-2.自治体で処分できないものも処分できる

小型家電以外に処分したいものがある場合、不用品回収業者が大いに役立ちます。ほとんどの不用品回収業者は、さまざまなジャンルを回収しているため、自治体で処分できないものも回収が可能です。たとえば、冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビといった家電リサイクル法の対象品目が当てはまるでしょう。自治体で処分できないものが処分できるのは、大きなメリットといえますしまとめて処分することで費用も最小限に抑えることができます。

3-3.買取サービスを行っている不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者によって、さまざまなサービスを展開しておりそれぞれ違いがあります。だからこそ、小型家電の回収に強い業者を選ぶのが大切なポイントです。中には、買取サービスを行っているところもあります。不用品回収業者=不用品の回収だけというイメージがあるかもしれませんが、買取サービスを行っているところに依頼すれば処分と買取が同時に利用できるでしょう。たとえ、小型家電が買取不可になったとしても、ほかの不用品が買取対象になれば処分費用の節約につながります。埼玉出張買取リサイクルセンターでは、不用品の回収と買取を行っているので、悩んでいる方はぜひチェックしてください。

4.まだ使える小型家電は買取に出せることも

まだ使える状態なのに、小型家電をゴミとして捨てるのはもったいないことです。そこで、ここでは買取に出す方法とポイントを解説します。

4-1.正常に稼働できるか

小型家電の買取基準として1番大切なポイントは、正常に稼働できるかです。電気で動いている機械なので、正常に稼働しなければ意味がありません。まずは、正常に稼働できるか、不具合が起きていないか、壊れていないかをチェックします。問題がなければ、メーカー・型番・発売年月などをチェックすることになるでしょう。基本的に、壊れていて動かない小型家電は買取対象外になるので注意してください。査定を依頼する前に、正常に稼働できるかスイッチをオンオフに切り替えて確認するのがおすすめです。

4-2.中古市場の需要を把握している買取専門業者

なるべく高値で小型家電を売りたいと思っている方は、中古市場の需要を把握している買取専門業者がおすすめです。どんな小型家電が売れるのか・求められているのかを把握しているため、需要があるものほど高値で売れるでしょう。中でも、電子レンジ・冷蔵庫・洗濯機・テレビなどの生活家電は中古市場でも需要があります。特に、3~4月の新生活シーズンになると、一気に需要が大きくなりがちです。新生活シーズンの前に査定に出すと、通常よりも高値で売れる可能性があるでしょう。中古市場で需要がある小型家電は買取専門業者に依頼し、買い取ってもらえなかった場合にリサイクルショップを利用してください。

4-3.小型家電を高く売る3つのポイント

小型家電の高価買取ポイントは全部で3つあります。

1つ目は、査定前に小型家電をきれいにすることです。新品・未使用品の状態であるほど高く売れる傾向にあるため、きれいにすることが大切なポイントとなります。ホコリをかぶっていたり、汚れがついたりしているなら、やわらかい布できれいに拭き取ってから査定に出してください。

2つ目は、取扱説明書や元箱などの付属品をそろえることです。付属品をそろえることで買い手がつきやすくなります。そのため、買取業者の中には取扱説明書がなければ買取対象外というところもあるくらいです。できるだけ、購入時と同じ状態にしておきましょう。

3つ目は、複数の業者を比較することです。複数の業者に無料査定を依頼し比較することで、最も高値がついた業者に依頼できます。A社では数千円だったのに、B社では万単位で買い取ってもらえたということもあるため、複数の業者を比較してください。

5.さいたま市の小型家電処分に関してよくある質問

さいたま市の小型家電処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.小型家電回収ボックスの設置場所を知る方法は?

A.どこに小型家電回収ボックスが設置されているか分からないときは、さいたま市のホームページをご覧ください。回収時間は各施設の業務時間と同じです。また、ホームページからでは、回収ボックスの設置場所がホームページの下部にある「地図情報」でも確認できます。令和2年3月まで、さいたまスーパーアリーナ内に回収ボックスを設置しているので、イベントごとに持ち運ぶことができるでしょう。

Q.さいたま市が推奨している「3R」とは?

A.ゴミを減らして環境を守るための3つのキーワードです。Reduce(リデュース)・Reuse(リユース)・Recycle(リサイクル)の頭文字をとって名づけられました。個人がゴミを減らすために3Rを実践することで、最終処分場を長持ちさせることができます。市内の最終処分場に埋め立てできるゴミの量には限りがあるので、市民の努力や心がけが必要です。

Q.買取は製造年数も関係あるのか?

A.製造年数も大きく関係しています。家電類は繊細な部品でできているため、平均寿命が短めです。あくまで目安ですが、製造から5年以上経過しているものは買取が困難になるでしょう。たとえ、未使用であったとしても5年以上経過しているものは、部品を製造していないケースが多いからです。修理したくても、部品がそろわなければ意味がありません。

Q.どんなものが買い取ってもらえるのか?

A.具体的にいうと、電子レンジ・洗濯機・テレビ・冷蔵庫など、生活に必要な家電が買い取ってもらいやすい傾向があります。いわゆる生活家電は必要としている人が多く、安価で手に入れたいと思っている方が多いでしょう。特に、新生活を始める新社会人は、中古品でも安く購入できるならと求めている可能性があります。中古市場で需要がある小型家電ほど、買い取ってもらいやすい傾向が高いので、買い取ってもらえるのか分からない場合は無料査定を利用してください。

Q.買取業者選びのポイントは?

A.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか・不用品だけでなく買取サービスを行っているか・無料査定や無料見積もりを行っているかなどをチェックしてください。複数の業者を比較することで、悪徳業者を見極めることができます。また、ほとんどの買取業者は無料査定を行っているので、どのくらいの査定額になるのかチェックするといいでしょう。比較すれば、それぞれの特徴が分かるはずです。少しでも不安要素がある業者には安易に依頼しないでください。

まとめ

電子レンジ・電子辞書・スマートフォンといった小型家電は、各自治体で処分方法とルールが定められています。小型家電リサイクル法に基づいている自治体では、一般的に、公共施設や家電量販店に設置されている小型家電リサイクル回収ボックスに投かんする形になるでしょう。法律に則っていない場合は、粗大ゴミまたは燃えないゴミとして処分することになります。ただし、まだ使えるものを捨てるのはもったいないので、買取に出す方法も選択肢の1つです。