ワンルームを片付けるコツは? 片付いた部屋を維持するポイントも!


「ワンルームを上手に片付ける方法を知りたい」という人は多いでしょう。ワンルームは部屋が一つしかないからこそ、片付けるのが難しいといわれています。収納スペースも狭いので部屋がものであふれてしまいがちですよね。

この記事では、ワンルームの片付けを成功させるコツや片付けの手順・片付けで出た不用品の処分方法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. ワンルームの片付けでよくある困りごとは?
  2. ワンルームの片付けを成功させるコツ
  3. ワンルームを片付ける手順
  4. ワンルームの片付けで出た不用品の処分方法
  5. 片付いた部屋を維持するには?
  6. ワンルームの片付けに関するよくある質問

この記事を読むことで、ワンルームが片付きにくい理由や、狭い収納スペースを活用する方法などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.ワンルームの片付けでよくある困りごとは?

まずは、ワンルームの片付けで困ることにはどのようなものがあるかをご紹介します。

1-1.部屋が狭い

ワンルームは部屋が一つだけで、その上、狭い場合が多くなっています。そのため、すぐものであふれてしまいがちです。ベッドやテーブルなど、生活に必要な家具を置いただけでも部屋がいっぱいになってしまうため、ものが増えるとあっという間に雑然としてしまいます。

1-2.収納スペースが足りない

ワンルームの場合、収納スペースが極端に少ないのも特徴の一つです。「小さめのクローゼットが一つあるだけ」という部屋も多いでしょう。ものの量に対して収納できるスペースが足りていないため、ものを出しっぱなしの状態になってしまい、部屋が散らかってしまいやすいのです。

1-3.ゾーン分けが難しい

ワンルームはゾーン分けするのが難しいといわれています。キッチンやリビング・寝室、というように明確に別れていないため、食事をするスペースやくつろぎのスペース・寝るスペースなどを共有しなければなりません。そのため、ものの置き場所が定まりにくいのです。片付けのイメージが湧かず、うまく片付けられない人が多いでしょう。

1-4.片付ける時間がない

ワンルームに住んでいる人といえば、一人暮らしの学生や新社会人が多いでしょう。仕事や勉強・アルバイト・人付き合い・趣味などに忙しく、そもそも部屋を片付ける時間がない人がほとんどだと思います。そのため、できるだけ散らかりにくく、片付けやすい部屋にすることが望ましいでしょう。

2.ワンルームの片付けを成功させるコツ

ワンルームを片付ける際のコツをご紹介しましょう。

2-1.ものを減らす

ワンルームの片付けを成功させるには、まず、ものを減らすことを考えましょう。ワンルームの中に置けるものの量には限りがあります。ものが多いと収納しきれず出しっぱなしの状態になり、片付けにくい部屋になってしまうでしょう。

2-2.無理に隠そうとしない

ワンルームはただでさえ収納スペースが少ないため、すべてのものを隠して収納しようとするのは難しいことです。確かに、ものが少ないほうが部屋はすっきりして見えます。しかし、ワンルームの場合はある程度「見せる収納」を取り入れたほうがうまく片付けられるでしょう。デッドスペースや縦の空間を活用しておしゃれに収納するのがおすすめです。

2-3.すべてのものの定位置を決める

ワンルームではものがすぐに散らかってしまいがちです。そうなるのを防ぐために、すべてのものに対して定位置を決めておきましょう。使い終わったら決まった場所に戻すようにすれば、ものが置きっぱなしになることはありません。また、どこにしまってあるのか分からなくなって探しものをする必要もなくなるはずです。

3.ワンルームを片付ける手順

ワンルームを片付ける際の手順は、以下のとおりです。

3-1.すべてのものを出して仕分けする

まずは、部屋の中にあるすべてのものを出して並べてみましょう。そうすることで、何をどのくらい持っているのかが把握できます。そして、いるものといらないものに仕分けしていきましょう。以下のようなものはいらないものに仕分けし、処分するのがおすすめです。

  • 持っていることを忘れていたもの
  • 一年以上使っていないもの
  • 似た用途のものが複数あるもの
  • 好みでないもの
  • 壊れているもの

3-2.不用品の処分方法を決める

次に、いらないものの処分方法を考えていきます。ゴミとして捨てる以外にも、人に譲る・不用品回収業者に依頼する・買取に出すなどの方法があるので検討してみましょう。それぞれのメリット・デメリットは次項でご紹介します。

3-3.定位置を決めて収納していく

最後に、残すものすべてに定位置を決めて収納していきましょう。定位置を決めるポイントは、使う場所の近くにすることです。しまうのが面倒だとつい出しっぱなしにしてしまいがちなので、しまいやすい場所を定位置にしましょう。

4.ワンルームの片付けで出た不用品の処分方法

ワンルームの片付けで出た不用品を処分する方法には、以下のようなものがあります。

4-1.自治体が回収するゴミとして捨てる

まずは、自治体による回収を利用してゴミとして捨てる方法です。何が何ゴミに分類されるかは自治体によって異なるため、事前にホームページなどで確認しておきましょう。大型の不用品は粗大ゴミ扱いになることもあります。事前の申し込みや粗大ゴミ処理券の購入が必要になるので詳しく調べておいてください。自治体回収を利用するメリットは、費用の安さと安心感でしょう。その反面、回収日が決まっていること・粗大ゴミの場合は手間がかかることなどがデメリットです。

4-2.不用品回収業者に依頼する

処分したいものが多数ある場合は、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。出張回収を利用すれば指定した日時に自宅まで回収に来てもらえるため、自分で分別したり運んだりする必要もありません。不用品を一気に処分できるのは大きなメリットでしょう。ただし、業者選びには注意が必要です。中には悪質な業者もいるため、実績や許可の有無などをしっかりチェックした上で慎重に業者選びをしてください。

4-3.買取に出す

状態がよいものは買取に出すことも検討しましょう。使用感が少なく汚れや傷が目立たないもの・付属品がそろっているものなどは買取対象になる可能性があります。リサイクルショップや買取業者に査定を依頼してみるとよいでしょう。不用品を処分してお金に換えられるのは大きなメリットです。ただし、査定基準はショップや業者によって異なるため、複数の買取先を比較して選ぶことをおすすめします。

5.片付いた部屋を維持するには?

せっかく片付けた部屋も、すぐ元に戻ってしまっては意味がありません。片付いた状態を維持するためにはどうすればよいのでしょうか。

5-1.ものを増やさない

ものを増やさないように気をつけて生活しましょう。ものが多くなれば部屋は散らかりやすくなります。たとえば、「一つものを買ったら一つ捨てる」「新しいものを買うときは本当に必要なものか考える時間を作る」というように、自分なりのルールを作るのもよいでしょう。

5-2.こまめに片付ける

やはり大切なのは、こまめな片付けです。ワンルームなので毎日少しずつ掃除しておけば大がかりな掃除は必要ありません。一日に5分でも10分でもよいので、片付けの時間を作るようにしましょう。寝る前に部屋をリセットする方法もおすすめです。翌朝の目覚めが格段によくなりますよ。

5-3.定期的に人を招く

毎日片付けるのが難しい人は、定期的に人を招くことで強制的に片付けなければならない状況を作り出しましょう。片付けのやる気が起きない人におすすめの方法です。人が来るたびに片付けをしておけば、大がかりな片付けが必要になるほど散らかることはありません。

6.ワンルームの片付けに関するよくある質問

「ワンルームの片付けについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.散らかった部屋を片付けることで得られるメリットは何ですか?

A.生活しやすくなる・精神的に明るくなれる・探しものをする時間がなくなる・無駄遣いが減るなどのメリットがあります。

Q.ワンルームにおすすめの収納家具を教えてください。

A.収納つきベッドやロフトベッド・カラーボックス・アルミラック・ハンガーラックなどがおすすめです。

Q.ものが増えてしまう理由は何でしょうか?

A.「捨てるのがもったいない」という考えや、本当に必要かどうかを考えずにものを手に取ることが原因です。もらいもの一つにしても、「とりあえずもらう」のをやめましょう。

Q.  不用品を買取に出す前にやるべきことを教えてください。

A.きれいに掃除をし、汚れや傷・動作に不具合はないかをチェックしましょう。付属品をそろえること・なるべく早く売ることも重要なポイントになります。

Q.悪質な不用品回収業者がよくやる手口は何ですか?

A.突然訪問してきて強引に不用品の回収を迫る手口が多くなっています。

まとめ

ワンルームの片付けでよくある困りごとや、片付けを成功させるコツなどを詳しくご紹介しました。ワンルームは部屋が一つしかなく収納スペースも狭い場合が多いため、片付けるのが難しいと思っている人も多いでしょう。ぜひこの記事を参考に片付けのコツを知り、すっきりしていて過ごしやすい部屋を手に入れてください。