冷蔵庫のリサイクル料金はいくら? 処分・廃棄で得する方法を伝授!


冷蔵庫は、食材を適度に冷やすことで、食材や飲み物などをいつでも新鮮に保つことができる家電です。冷蔵庫があることで、豊かな食生活ができ、健康を維持できていると言えるでしょう。しかし、冷蔵庫にも寿命があります。また、買い替えなどで処分を考えたとき、リサイクル料金がいくらかかるのか、処分方法はどうすればいいのかなど、わからないこともあるでしょう。そこで、今回は、冷蔵庫の処分や廃棄でお悩みの方のために詳しく解説します。

  1. 家電リサイクル法を理解しよう
  2. 冷蔵庫のリサイクル料金について
  3. 冷蔵庫のリサイクル料金の支払い方法は?
  4. 冷蔵庫の処分方法とリサイクル料金について
  5. 冷蔵庫のリセールを考えよう
  6. 冷蔵庫のリサイクル料金や処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、冷蔵庫の処分や廃棄方法に詳しくなり、適切な方法を選んで処分することができるようになります。まずは、じっくり読んでみてください。

1.家電リサイクル法を理解しよう

最初に、家電リサイクル法について学びましょう。

1-1.家電リサイクル法について

家電リサイクル法は、2001年4月から施行されました。一般家庭などで不用品として排出された家電は、自治体でも処分に困っているのが現状です。家電ゴミは、焼却処分ができない・廃棄場所の確保が難しいなどの問題を抱えています。また、資源リサイクルや環境への配慮も必要であるため、家電リサイクル法が生まれたのです。

1-2.家電リサイクル法の目的や必要性

家電リサイクル法には、以下の目的があります。

  • 家電に使われている資源(希少金属など)のリサイクル
  • ゴミの総量の削減
  • 有害物質(鉛・フロンガスなど)の適切な処分

家電リサイクル法は、家電をリサイクル価値のある資源であることを意識づけるためにも有効な法律です。

1-3.家電リサイクル法の対象家電は?

家電リサイクル法では、以下の4品目が対象となっています。指定品目は自治体でゴミとして処分できないので注意しましょう。

  • エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・乾燥機

1-4.小型家電リサイクル法との違いを学ぼう

家電リサイクル法と同じように、資源リサイクルを目的とした法律に「小型家電リサイクル法」があります。小型家電リサイクル法では、指定品目の積極的なリサイクルを推進している点にかんしては家電リサイクルと変わりません。しかし、家電リサイクル法では指定4品目のリサイクルが義務であることに対し、小型家電リサイクル法ではあくまでも回収努力にとどまっているのが現状です。また、指定品目にかんしても、自治体の判断によって異なる点にも違いがあります。

2.冷蔵庫のリサイクル料金について

冷蔵庫のリサイクル料金について詳しく解説します。支払場所・金額・対象の種類などを理解しましょう。

2-1.冷蔵庫のリサイクル料金とは?

冷蔵庫は家電リサイクル法の指定品目であるため、不要になった場合はメーカーなどにリサイクルを依頼しましょう。冷蔵庫のリサイクルには、料金を支払う義務があります。リサイクル料金の支払いを先に済ますことで、依頼が可能になるのです。単にメーカーに依頼しただけでは処分してもらえないので注意しましょう。

2-2.冷蔵庫のリサイクル料金はなぜ必要?

理由は、リサイクルをスムーズに進めるためです。冷蔵庫のリサイクルには、収集運搬・解体・分類・資源ごとのリサイクルなど、さまざまな工程があり、人件費もかかります。それらの費用をまかなうために、リサイクル料金の支払いが必要なのです。

2-3.冷蔵庫のリサイクル料金の金額は?

冷蔵庫のリサイクル料金は、以下を参考にしてください。

  • 小(容量170リットル以下のもの):3,672~5,524円
  • 大(容量171リットル以上のもの):4,644~5,092円

なお、例外としてコロナ製のものは大小の区分なく4,644円・サムスン電子製のものは4,968円です。メーカーごとの料金についての詳細は、家電リサイクルセンターのリサイクル料金(再商品化等料金)一覧表を参考にしてください。

2-4.対象になる冷蔵庫の種類について

家電リサイクル法の対象になる冷蔵庫は、以下のような種類があります。

  • 冷蔵庫
  • 冷凍冷蔵庫
  • ワインセラー
  • 冷凍庫(チェスト形・アップライト形・引き出し形)
  • 保冷庫・保温庫(冷却や制御に電気を使用するもの)

なお、ホテル用システム冷蔵庫(課金式)・冷水機・製氷機は対象外です。

3.冷蔵庫のリサイクル料金の支払い方法は?

冷蔵庫のリサイクル料金の支払い方法・必要な書類などについて、詳しく解説します。

3-1.リサイクル料金の支払いについて

リサイクル料金の支払い方法には、以下の2つがあります。いずれかの方法で都合のいいものを選んでください。

  • 料金販売店回収方式:家電販売店にリサイクル料金を支払う方式
  • 料金郵便局振込方式:郵便局にてリサイクル料金を支払う方式

3-2.リサイクルするときに必要な書類

冷蔵庫の処分には、家電リサイクル券が必要です。家電リサイクル券は、リサイクル料金を支払うことで受け取ることができます。実際に業者に冷蔵庫を引き渡すときの確認書類となり、紛失してしまうとリサイクルできないので注意しましょう。

4.冷蔵庫の処分方法とリサイクル料金について

冷蔵庫の処分方法とリサイクル料金を詳しく学びましょう。どんな方法が便利でお得か納得できます。

4-1.冷蔵庫の処分方法について

冷蔵庫の処分方法で主なものは、以下となります。

4-1-1.自治体に処分を依頼する

自治体指定の回収場所に自分で持ち込むことで、冷蔵庫の処分を依頼できます。自分で運ぶことができる場合は、利用してもいいでしょう。まずは、事前に受付窓口に連絡して運び入れの許可をもらってください。

4-1-2.メーカーに処分を依頼する

不要になった冷蔵庫は、メーカーに処分依頼することができます。メーカーの家電リサイクル受付窓口に連絡し、回収を依頼してください。メーカーが手配した業者が回収にやってくるので冷蔵庫を引き渡しましょう。なお、引き渡す前に所定の手続きを踏み、リサイクル料金の支払いを済ませ、家電リサイクル券を用意しておいてください。

4-1-3.販売店の下取り・引き取りサービスを利用する

冷蔵庫の新規買い替えを検討している場合は、販売店の下取り・引き取りサービスを利用する方法も考えてみましょう。新規買い替えを促すサービスであるため、リサイクル料金が不要になることがあります。なお、冷蔵庫の引き渡しの際は、運送料が必要になる場合があるので注意しましょう。詳しくは、販売店に確認してみてください。

4-1-4.回収業者に買い取り・処分を依頼する

不用品回収業者に買い取り・処分を依頼する方法もあります。古い冷蔵庫でも、まだ十分に使える状態なら、買い取り依頼を行いましょう。買い取り可能との判断が出た場合は、中古品としてリサイクルでき、買い取り代金が手に入ります。買い取り不可の場合でも、処分費用を支払えば回収してもらうことも可能です。

4-2.冷蔵庫をリサイクルする手順・料金

冷蔵庫をリサイクルするには、以下の手順で進めましょう。なお、依頼先によっても必要な手順が異なります。詳しくは、依頼先に確認してください。

  • リサイクルの依頼先を決める
  • リサイクルに必要な料金を調べて支払う(家電リサイクル券を受け取る)
  • 自分で指定場所に持ち込みもしくは業者に冷蔵庫を引き渡す

なお、回収業者に買い取りや処分を依頼する場合は、家電リサイクル料金の支払いは不要です。

4-3.リサイクル料金以外に必要な費用について

冷蔵庫をリサイクルするときには、リサイクル料金のほかに収集運搬費が必要です。冷蔵庫の場合は、1台につき1,000円から3,000円程度が目安になります。なお、自治体の指定場所に持ち込む場合でも、軽トラックなどの手配や、ガソリン代が必要なことを忘れないでください。

5.冷蔵庫のリセールを考えよう

まだ使用できる冷蔵庫は、できるだけリセールを考えましょう。業者に買い取りを依頼すれば、さまざまなメリットがあります。

5-1.買い取りのメリットとは

冷蔵庫を買い取りしてもらうメリットで、主なものは以下のとおりです。

  • 中古品として再活用できる
  • 買い取り代金を手にすることができる
  • 家電リサイクル法に沿った手続きよりも楽
  • 家電リサイクル料金を支払う必要がない

5-2.買い取り時のリサイクル料金について

業者に冷蔵庫を買い取りしてもらう場合は、リサイクル料金を支払う必要がありません。業者では、あくまでもリセールが目的であり、中古品としての流通を前提としています。そのため、買い取りが成立した冷蔵庫にかんしては、リサイクル料金を支払わなくていいのです。

5-3.買い取り・査定のポイントを確認しよう

業者で冷蔵庫の買い取り査定を行うときのポイントで、買い取り可能なものの判断基準は主に以下となります。

  • 年式が新しい
  • 冷蔵庫の機能に問題がない
  • 使用説明書・付属品が揃(そろ)っている
  • 有名メーカー・ブランド製
  • 大きな傷・汚れ・ひどいにおいがない

なお、新品でキレイな状態でも、海外製の無名メーカー・盗品の疑いがあるものなどは、買い取りできないこともあります。詳しくは、業者に問い合わせてみてください。

5-4.冷蔵庫のリセール業者の選び方

冷蔵庫のリセールは、以下の条件を満たした業者に依頼しましょう。

  • 冷蔵庫の買い取りを積極的に行っている
  • 見積もりは無料
  • できるだけ高額査定をしている
  • 買い取り不可のものでも処分してもらえる
  • 回収費用がリーズナブル
  • 指定場所・日時での回収依頼が可能
  • 説明や対応が親切で顧客からの評判がいい
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可を得ている

なお、当埼玉出張買取コールセンターでも、冷蔵庫の買い取りを積極的に行っています。まずは、見積もりからご相談ください。

5-5.冷蔵庫の買い取りの流れ

業者に冷蔵庫の買い取りを依頼した場合、次のような流れで進みます。まずは、業者の買い取り査定を受けてください。

  1. 業者から買い取り査定が届く
  2. 内容に納得した場合は正式に契約する
  3. 指定日時・場所に業者が回収しにくる
  4. 依頼者は業者から査定金額の支払いを受ける

5-6.冷蔵庫をリセールするときの注意点

冷蔵庫のリセールは、信頼できる業者に依頼することが大きなポイントです。実際の価値よりも不当に低い査定を出したり回収後に不法廃棄をしたりする業者とは、契約してはいけません。電話や訪問営業で勧誘してくる業者には、あやしいところが多いのも事実です。業者選びをしっかり行い、信頼できると判断したところにリセールを依頼してください。

6.冷蔵庫のリサイクル料金や処分に関するよくある質問

最後に冷蔵庫のリサイクル料金や処分に関するよくある質問に回答します。後悔しないためにも、それぞれ読んでおいてください。

6-1.20年以上前に購入した冷蔵庫でも家電リサイクル法対象ですか?

家電リサイクル法の対象です。年式が古い冷蔵庫でも、処分依頼をするときは法律に従って処分してください。なお、年式が古過ぎて業者でも買い取りの対象外となる可能性が高くなります。処分費用が必要になりますが、複雑な手続きも必要なく、指定日時・場所を指定して回収ができるので便利ですよ。

6-2.業者で買い取った冷蔵庫はどんな販売先に再販するのですか?

買い取り後の冷蔵庫は、きちんとクリーニング・調整をしてから中古品として市場に出ることになります。冷蔵庫を安く手に入れたい人は多いものです。また、学校の部室用・福祉施設用などで活用できるほか、海外へ輸出することもあります。いずれにしても、信頼できる業者に引き渡したものはきちんと再販することになるので安心してください。

6-3.複数台の冷蔵庫を1回に処分したい場合はどうすればいいですか?

家電リサイクル法に伴う処分方法では、1台ごとに手続きを行う必要があります。複数台の冷蔵庫の処分は、手間がかかり過ぎることがデメリットです。まずは、回収業者に買い取り・処分依頼を出してみてください。買い取り対象になるものがあれば、お得です。また、買い取り不可で処分となるものでも、手続きや手間を考えると業者に依頼した方が効率よく処分できるのでぜひ検討してみてください。

6-4.新しい冷蔵庫を購入したときにリサイクル料金を先払いできませんか?

現時点では、新規購入のときにリサイクル料金を前払いすることはできません。実際に処分するときに手続きをすることになります。冷蔵庫にかんしては、処分時の支払いとなることを覚えておいてください。しかし、将来は法律の改正によって、新規購入時にリサイクル料金が上乗せとなる可能性もあります。法改正の動きを常にチェックしておきましょう。

6-5.業者の査定金額が納得できない場合は契約しなくてもいいですか?

業者からもらった査定金額に納得できない場合もあるでしょう。まずは、査定理由を説明してもらってください。金額が低い場合は、何かしらの理由があるはずです。正当な理由がない、もしくは、業者が理由を説明できない場合は、契約をせず、ほかの業者に改めて見積もり依頼をしましょう。正当な理由があり説明に納得した場合は、割りきって契約することも考えてください。

まとめ

今回は、冷蔵庫の処分・廃棄についてリサイクル料金などを含め、詳しく解説しました。冷蔵庫は家電リサイクル法の指定品目であるため、ゴミとして処分することはできません。家電リサイクル法の規定に従ってメーカーなどに処分依頼をするか、リセールでリサイクルすることを考えましょう。業者に買い取ってもらえる場合は、リサイクル料金が不要になるなどのさまざまなメリットがあります。まずは、買い取り査定に出してみるといいでしょう。中古品であっても需要があるものは、積極的にリサイクルして資源を有効に活用してください。