電子レンジの処分方法は? 高く売れる電子レンジの特徴や買取のコツも


「電子レンジをどのように処分すればいいのか」「まだ使えるのにもったいない」など、電子レンジの処分で悩んでいる方は多いでしょう。完全に壊れたり、不具合が出ていたりするものは中古品として買い取ってもらえませんが、正常に使えるものは買取対象になります。買い取ってもらうことができれば、処分費用もかかりません。

そこで、本記事では、電子レンジの処分と買取のポイントを解説します。

  1. 電子レンジの処分方法は?
  2. 電子レンジを買取に出す方法
  3. 業者を選ぶ際の注意点
  4. 電子レンジの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、電子レンジの具体的な処分方法と高価買取のコツなどが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.電子レンジの処分方法は?

最初に、電子レンジの主な処分方法をチェックしておきましょう。

1-1.電子レンジは粗大ゴミまたは燃えないゴミ

主な処分方法といえば、自治体回収のゴミとして処分することです。電子レンジは多くの自治体で粗大ゴミまたは燃えないゴミに分類されるでしょう。ただし、自治体によってゴミの分別が異なるため、ホームページまたは掲示板等でチェックすることをおすすめします。一辺が30cm以上のものは粗大ゴミ扱いとなり、一般ゴミとは違う方法で処分することになるので要注意です。自治体の中には、事前の申し込みが必要になるところもあるので具体的な処分方法を必ず確認してください。

1-2.小型家電リサイクル法の対象になることも

自治体の中には、小型家電リサイクル法に基づいて処分ルールを決めているところがあります。小型家電リサイクル法とは、電子レンジなどの小型家電に含まれている鋼・銅といったレアメタルを再利用するための法律です。そのため、ゴミとして処分することはできません。公共施設や家電量販店に設置されている小型家電リサイクル回収ボックスに投かんするか、自治体のルールに従って処分することになります。間違った方法で処分すると法律違反となり、罰金の対象になる可能性があるので注意してください。

1-3.不用品回収業者に依頼する

自治体回収以外の処分方法としては、不用品回収業者を利用する方法があります。不用品回収業者の多くは、家電・家具・衣類などさまざまなジャンルの回収を受けつけているため、まとめて処分できるのが大きなメリットです。不用品の量がたくさんあるとゴミの分類に手間と時間がかかってしまいがちですが、不用品回収業者に依頼すればすぐに手放すことができます。自分たちで分類する手間がかからないので、スピーディーに捨てることができるでしょう。ただし、回収費用や運搬費用などがかかるため、見積書を細部まで確認することが大切です。

1-4.家電量販店の下取りサービスを利用する

新しい電子レンジの購入を検討している方は、家電量販店の下取りサービスを利用するのも方法の1つです。新規購入者を限定に、古い電子レンジの下取りまたは回収サービスを行っているところがあります。ただし、下取りサービスが利用できる家電量販店は限られており、少ないのが現状です。事前に、下取りサービスを行っているか、回収サービスを受けつけているのか確認してください。また、下取りサービスが利用できるのは、正常に稼働できる新品の電子レンジに限るなど条件があります。

1-5.新しい電子レンジは買い取ってもらえることも

まだ1度も使っていない未使用品や、数回しか使っていない新しい電子レンジ等は処分ではなく買取に出すことをおすすめします。家電を中心に扱っている買取業者やリサイクルショップ等では、電子レンジの買取が可能です。必ず買い取ってもらえるわけではありませんが、比較的、新しい電子レンジは高価買取が期待できるでしょう。買い取ってもらうことができれば、処分費用をかけずに手放すことができるので、まさに一石二鳥といえる方法です。新しい電子レンジの購入費用を節約することにつながるでしょう。

2.電子レンジを買取に出す方法

それでは、電子レンジを買取に出す方法とポイントを解説します。

2-1.正常に稼働できるかチェックする

買取業者またはリサイクルショップなどに査定を依頼する前に、まずは正常に稼働するか電子レンジの状態をチェックしてください。さらに、大まかで構わないので、メーカー・型番・傷の有無なども確認するといいでしょう。査定時に伝えることで、スムーズに査定でき高価買取につながります。多少の不具合があったとしても、発売されてから3年以内で稼働に問題がなければ買い取ってもらえるでしょう。買取基準は業者によって異なりますが、正常に稼働するかどうかは査定に大きく影響します。壊れている・不具合が出ている電子レンジは、中古市場で需要がある人気メーカーでも買取不可になるでしょう。

2-2.製造月日から新しい電子レンジほど売れる

電子レンジの状態だけでなく、製造月日も重要な査定基準となります。特に、家電系は年々新しい製品が登場しているため、新しい製品が出るほど型落ちしてしまうので要注意です。製造月日から新しいものほど高く売れる可能性があります。高く売れる時期を狙って買取に出す方がいますが、早めに査定を依頼したほうがいいでしょう。また、人気メーカーや人気品ほど、高価買取が期待できます。

2-3.中古市場で需要がある電子レンジは買取専門店へ

中古市場で需要がある電子レンジは、家電を中心に買取を行っている買取専門店を利用しましょう。買取専門店は、今どんな電子レンジがどのくらいで売れるのか需要を常に把握しています。そのため、発売されたばかりの電子レンジや人気が高いもの・元値が高いものなどは買取専門店に査定を依頼してください。ホームページ等をチェックして、いくらで買い取ってもらえるか買取実績をチェックするのも大切なポイントです。

2-4.リサイクルショップを利用する方法も

買取専門店で売却できなかった電子レンジは、リサイクルショップに持ち運び査定を依頼するのも方法の1つです。リサイクルショップは買取専門店ほど知識を持っていないため、安価になる可能性があります。それでも、買取専門店で買取不可になった電子レンジが買い取ってもらえるケースがあるでしょう。買い取ってもらうことができれば、処分費用をかけずに手放すことができます。

2-5.不用品回収業者を利用する

不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところがあります。回収と買取が同時に利用できれば、買い取ってもらえなかったとしても回収してもらえるので安心です。埼玉県と東京都を中心に事業を展開している出張買取リサイクルショップでは、不用品の回収と買取サービスを行っています。無料相談や無料見積もりも受けつけているので、電子レンジを買取に出すことを検討している方はぜひ1度ご相談ください。

3.業者を選ぶ際の注意点

ここでは、業者選びの際に押さえておくべき注意点を解説します。

3-1.ホームページ等に買取実績が記載されているか

買取業者を選ぶ際は、ホームページ等に買取実績が記載されているかチェックしてください。買取実績を確認すれば、電子レンジがいくらで売れるのか目安がつけやすくなります。また、適切な価格で買い取っていることも分かるため、安心して依頼できるでしょう。悪徳業者は相場よりも安値をつけて買い取る可能性があります。複数の業者を比較することで悪徳業者を見極めるのも大切なポイントです。最初から1社だけにしぼらず、複数の業者を比較してください。

3-2.古物商などの許可を取得しているか

買取業者を選ぶ際は、古物商の許可をきちんと取得しているかも注目してください。基本的に、古物商の許可を都道府県公安委員会から取得している業者でなければ、買い取ることはできません。買取業者を選ぶ際はあまり注目していない方が多いのですが、ホームページや店舗に許可番号が掲載されているかも必ず確認するようにしましょう。許可を取得していない業者は、悪徳業者の可能性があるので要注意です。

3-3.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

スタッフの対応が悪い業者は注意が必要です。優良業者はスタッフの対応が丁寧でスピーディーですが、悪徳業者の対応は非常に悪い傾向があります。なぜこの査定額になるのか具体的な説明がなく、そのまま買取を強要するのが特徴です。電話対応も悪い可能性が高いため、スタッフの対応にも気を配るようにしましょう。また、インターネットで口コミや評判をチェックすることも大切です。

3-4.出張買取が利用できるか

電子レンジ以外にも処分したい不用品がある場合、わざわざ店舗に持ち運ぶのはとても困難です。そのため、出張買取が利用できるか事前にチェックしてください。出張買取が利用できる業者に依頼すれば、自分たちで分別したり運搬したりする手間と時間が省けます。また、宅配買取を利用する際は、送料や手数料に注意してください。悪徳業者の中には、高額な手数料を請求するところがあるので要注意です。

3-5.ネットオークションやフリマアプリの利用は要注意!

ネットオークションやフリマアプリを利用するのも買取方法の1つですが、注意点がいくつかあります。希望額で出品できてもすぐに買い手が見つかるとは限りませんし、買い手が見つかったとしても自分でこん包し送るという手間がかかってしまうでしょう。また、「商品が写真とは違う」「傷や不具合があった」など、取引相手とのトラブルが相次いでいます。トラブルを防ぐためには、ネットオークションやフリマアプリの実情に詳しい人の意見を聞いて参考にするとよいでしょう。

4.電子レンジの処分に関してよくある質問

電子レンジの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.処分費用はいくらかかるのか?

A.自治体回収で処分する際、燃えないゴミまたは小型家電リサイクル法の対象であれば、無料で処分が可能です。ただし、粗大ゴミの場合は数百円、不用品回収業者に依頼するなら数千円かかるでしょう。業者に依頼した場合の具体的な処分費用を知りたい方は、無料見積もりを利用してください。

Q.高価買取が期待できる電子レンジは?

A.発売されたばかりの新商品や未使用品、人気メーカーの電子レンジは高価買取が期待できます。さまざまな電子レンジが発売されていますが、スチームオーブンレンジといった高性能タイプは高値で売買されやすいでしょう。高性能タイプは元値が高いため、安値で購入できる中古品を検討する方が多いからです。

Q.高価買取のポイントは?

A.査定前に、電子レンジをきれいに掃除することです。頑固な汚れが付着している場合は、固くしぼったタオルで拭き取るといいでしょう。重曹またはセスキ炭酸ソーダといった自然由来の成分でできている洗剤を使えば、ある程度の汚れを取り除くことができます。また、取扱説明書などの付属品をできるだけ全部そろえて査定に出すこともポイントの1つです。

Q.自治体回収でお得に処分するコツは?

A.粗大ゴミとして処分する場合、指定回収場所に持ち運ぶよりも、直接ゴミ処理センターに運んだほうがお得になるケースがあります。持ち運ぶことができるなら、ゴミ処理センターに直接持って行くといいでしょう。ただし、ゴミ処理センターによって受付時間や曜日が異なるため、事前の確認が必要です。

Q.注意しておきたい悪徳業者の特徴は?

A.街中をトラックで巡回している回収業者の「無料」という言葉には要注意です。トラックに積み込んだ後で追加料金を請求するケースがあります。また、トラックで回収している業者は実店舗を持っていないため、トラブルになっても連絡先が分からず解決できない可能性があるでしょう。すぐに無料で回収してもらえるからと安易に依頼するのはNGです。

まとめ

電子レンジの主な処分方法は、自治体回収・不用品回収業者などがあります。完全に壊れている・不具合が出ている電子レンジは買い取ってもらえませんが、状態がいいものなら処分ではなく買取に出しましょう。中でも、人気メーカーで高性能の電子レンジは高価買取が期待できます。中古市場に詳しい買取業者に依頼するほか、不用品回収と買取サービスの両方を行っている業者に依頼するのも選択肢の1つです。たとえ、買い取ってもらえなかったとしても回収してもらえるため、時間と手間をかけずに手放すことができるでしょう。